Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


8/20田中康夫×岩上安身 対談【部分文字おこし】田中氏「細野さんは電力会社の人たちが全幅の信頼を寄せていますからね。ホントに電力会社の人たちが『もう細野(剛志)さんの選挙は私たちは一生、一生懸命やります』って言っててびっくりしちゃった」

【部分文字おこし】
8/20田中康夫×岩上安身 対談 IWJIWJ(円)3c kibanacosmos-1


http://bit.ly/olVArm

◆消費税増税(財務省洗脳汚染された人たちの言う消費税増税10%でも足りないというロジック)について(拙ツイートより)
田中康夫氏、与謝野氏に国会で質問した話。田中「日本は英国みたく中負担中福祉?」与謝野「そう」田中「ではあなた達は英国に比べると日本は消費税が低いと言うがそれは大嘘。英国は17.5%だからとみんな信じ切った」

田中「しかしもともと英国は付加価値税、医療、教育、郵便、福祉、金融・保険、土地建物の販売・リース・賃貸は非課税。食品とか交通機関とかはゼロ税率。で軽減税率、電気、ガス~それ以外が17.5」

田中「これを全部均すと煩雑だという人もいるが複数の経済機関の試算で大体英国の消費税は日本の消費税に換算すると9.8%」

英国に於ける付加価値税★非課税:医療、教育、郵便、福祉、金融・保険、土地建物の譲渡・賃貸★ゼロ税率:食料品、衣料品、公共交通、上下水道、書籍・新聞・雑誌・CD、障害者用機器、乳児衣料、児童衣料、住宅建築、ヘルメット★軽減税率:…20110824154108.jpg



◆経団連など財界の人たちが言う法人税減税の必要性のロジックの欺瞞について
田中「長野県に資本金500億で年間売上が連結で1兆円を超えている企業。私が知事になったのは2000年、2001年にこの会社は赤字の決算になる。日本は赤字になると最大7年間法人事業税はゼロ円」

「一般の中小企業は赤字になると貸し渋り貸し剥がしにあう。しかし上場企業なら経団連も経済同友会も7割以上の会社は税金を払っていない」

「ではいくら払っているか。
法人都道府県民税が最大で80万円。どんなに資本金が大きくても80万円。そうすると3軒に1軒はプリンターを持っているような会社がその間80万円だけしか税金を支払わなくて膨大なコマーシャルを流している」

「この会社が何故そうなったのか。
表向きにはITバブルがはじけたから。そして田中康夫が知事になったからと。お前ら、だって連結決算で世界中に売ってるだろ」

「どういうことだったかというと、実はずーっと赤字だった時計メーカーを買収するわけ。そしてこれを連結決算に組み入れるわけです。そうすると赤字になる。すると自動的に7年間最大でゼロ円になる
だから今やっていることは公的機関だけお金を入れておかしいと言ってるけど、みんな同じ事やっている。1,2年黒字になってまた買う」

「でも、M&Aで買収する余力があるということは最低限の税金を払ってその余力ですべきなのに、まさに義務を果たさないで増殖をしていくような税制を変えないといけない」

「それには利益に対して課税をするのではなくて、消費税と同じ発想で支出に対して企業に税金をかける外形標準化という形にしないといけない。これは地方税に関しては部分的に入れている。ところが国税に関して入れていない」

岩上「かなりだまくらかされてる人は多いと思う。日本は直間比率が歪んでいると。なので、間接税を増やすべきだということはかなり前からずっと言われていることだけれども、それを言い出す人というのは自分が所得税をたくさん取られるというやや高額の納税者、多少の小金持ちみたいな人が一生懸命言っている。
実際にはもっとパワーのある大企業がそうやって税逃れをしている」



◆原発担当大臣細野剛志が前原支持になるのは別に国民の支持があるわけではまるでないという構図
田中「FACTAの元日経記者が言うには前原さんが出てきて幹事長の席を細野さんにすることで京セラの稲森さんの仲介で小沢さんも前原首班に乗ると書いてあったけど…」

◆電力会社が選挙で細野を全面支持
田中「細野さんは電力会社の人たちが全幅の信頼を寄せていますからね。ホントに電力会社の人たちが『もう細野さんの選挙は私たちは一生、一生懸命やります』って言っててびっくりしちゃった」



クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1019-649afc73
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費