Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


必見!【YouTube動画】山本太郎「スイマセン僕殺されてしまうかもしれないから言いたいことを先に言いました。また呼んでください」①ICRPの功利主義を批判②「今のチェルノブイリ周辺の健康な新生児は15%」

20110924山本太郎①ICRPの功利主義を批判



20110924山本太郎②「今のチェルノブイリ周辺の健康な新生児は15%」




【追記】
*胸打たれます。山本太郎を決して死なせてはいけません。これまで大きな利権に関わるような体制側にとって不利益を被るような言論は封殺され、多くの疑惑と陰謀に満ちていました(代表的な例:故・石井紘基氏)が、今ではオープンにすることで少なからず一種の自己防衛になり得るでしょう。告発され、それをメディアが報じるだけで不利益を被る山本太郎氏には告発に足る証拠は全くなく、不当な告発と判断できます。その証拠にIWJの動画にその一部始終が収められています。ツイッター情報などで告発した人間がどこの誰であるかもある程度特定されています。その背後にある利権まで暴いたツイッターも有りました。当方もIWJ動画を視聴し、告発内容が全く事実と違う内容であることを確認してます。皆さんにも共有して欲しいと思います。山本太郎氏は、告発するという行為自体で社会的に抹殺するという目的、そしてその構造(メディア含め)にも言及し、それが背後にある狙いだとも。現に、一つ仕事が失われたと不利益を被っています。このことはいずれ逆告訴の可能性も十分あると思います。その為の弁護団もきっと結成されると思うし、そうあって欲しいと思います。今、このような非常時の状況下でもスルーし、自分の道を進めというような声がありますが、それ自体に違和感を感じざるをえません。日本人が耐え忍ぶ美学で以って大人しく理性ある行動をとる民族という一面的なメッセージを送ることでそれを良い事にしてこれまでも利用されてきたように思います。たとえ忍耐を美学として持ち合わせている日本人であっても今回のような国民全体の生命と健康、ひいては経済活動まで脅かす原発事故問題に端を発した政官財学報の間違った方向性にはきちんと声を上げる国民だということはこれまで繰り返されてきた脱原発デモやパレードなどで証明されています。特に記者クラブ大手新聞メディアに対してはスルーすることなく、一つ一つ指摘していく必要があると思います。
ではIWJの証拠動画映像を↓



クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1110-44339937
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費