Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


[ASR]福島第一原発から海洋放出された汚染水の拡散モデル Radioactive Seawater Impact Map ~2011年3月11日から8月5日まで~

[ASR]Radioactive Seawater Impact Map (update: 10.08.11)
http://www.asrltd.com/japan/plume.php

↑(*連続キャプチャを繋げて作った自作)

(原文)
We use a Lagrangian particles dispersal method to track where free floating material (fish larvae, algae, phytoplankton, zooplankton...) present in the sea water near the damaged Fukushima Daiichi nuclear power station plant could have gone since the earthquake on March 11th. THIS IS NOT A REPRESENTATION OF THE RADIOACTIVE PLUME CONCENTRATION. Since we do not know how much contaminated water and at what concentration was released into the ocean, it is impossible to estimate the extent and dilution of the plume. However, field monitoring by TEPCO and modelling by the Sirrocco group in University of Toulouse, France both show high concentration in the surrounding water (highest rate at 80 Bq/L and 24 Bq/L for respectively I-131 and C-137) . Assuming that a part of the passive biomass could have been contaminated in the area, we are trying to track where the radionuclides are spreading as it will eventually climb up the food chain.

The dispersal model is ASR's Pol3DD. The model is forced by hydrodynamic data from the HYCOM/NCODA system which provides on a weekly basis, daily oceanic current in the world ocean. The resolution in this part of the Pacific Ocean is around 8km x 8km cells. We are treating only the sea surface currents. Particles in the model are continuously released near the Fukushima Daiichi power plant since March 11th. The dispersal model keeps a trace of their visits in the model cells. The results here are expressed in number of visit per surface area of material which has been in contact at least once with the highly concentrated radioactive water.

(google翻訳)
我々は、損傷した福島第一原子力発電所の工場の近くに海水中に存在する遊離浮遊物質(魚の幼虫、藻類、植物プランクトン、動物プランクトンが...)3月11日の地震以来行っている可能性がどこに追跡するラグランジュ粒子の分散方法を使用します。これは、放射性プルームの濃度の表現ではありません。我々がどれだけ汚染された水がわからないとどのような濃度で海洋に放出されて以来、それは、プルームの範囲と希釈を推定することは不可能です。しかし、によって、フィールドのモニタリング東京電力とによってモデリングSirroccoのトゥールーズの大学のグループ、フランスでは、両方の周囲の水(それぞれ、I - 131とC - 137の場合は80ベクレル/ L、24ベクレル/ Lで最高速度)で高濃度を示す。受動バイオマスの一部を地域に汚染されている可能性と仮定すると、我々はそれが最終的に食物連鎖を登るので放射性核種が拡散している場所を追跡しようとしている。

分散モデルは、ASRのPol3DDです。モデルはから流体力学的データによって強制されますHYCOM / NCODA毎週、世界の海洋の現在の日常の海洋に提供するシステム。太平洋のこの部分の解像度は8キロX 8キロの細胞の周りです。我々は海の表面電流を扱っています。モデルの粒子が連続して3月11日以来、福島第一発電所の近くで解放されます。分散モデルは、モデル細胞における彼らの訪問のトレースを保持します。ここでの結果は高濃度の放射性の水で少なくとも1回は接触している材料の表面積あたりの訪問数で表されます。

クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1127-b492f612
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費