Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


【暴露2連発】TPPを慎重に考える会で亀井静香議員が郵政改革法案作成過程でアメリカの強力な反対に遭い、外務省までもが米国の主張に従え、と強烈に働きかけてきたことを暴露/岩上安身氏ラジオ電話出演で、先日行われた民主党PTに出席した鈴木宣弘東大教授の暴露話を披露「PTにも深くかかわっている議員から『日本が主権を主張するなんて50年先の話だ』と言われた。

第9回:TPPを慎重に考える会勉強会・後半


(09:39~)

亀井静香国民新党代表
「臨時国会に提出を予定しておる(郵政)改革法案。ご存じの通り、私が当時の大臣であります。この法案の作成する過程において、多くは申しません。どれだけアメリカからノーという強いプレッシャーがかかってきたか。小泉さんの自民党政権時代にやったあのままで行けということだが、いま国会に提出されようとしている法案を徹底的にアメリカが反対をして、ここに外務省がいるから言いにくいんだけど、当時、外務省はそれを飲めということで強烈に働きかけてきたですよ。私に対しても、大塚副大臣に対しても。外務省が出てくるところじゃないと言った。条約局長まで出てきた。あのおとなしい大塚副大臣が『君たちの来るところじゃない』と言って出入り禁止にした。そこまで当時、いま提出しようとする法律についてアメリカから強い反対があり、それを外務省がアメリカの主張に従って処理をしてくれと言ってくる。強烈なあれ(働きかけ)があったことだけは皆さんにご報告を申し上げます。以上です」

拍手。

原口博一議員
「今のことはとても重要で、私もその法案の責任者の一人として、皆さんにお願いをしたいのは、アメリカは郵政は国営ですね。だから、彼らがTPPで日本の郵政がおかしいというのであれば、国営を止めなきゃいけないんですよ。民営化しなきゃいけない。アメリカは出来ますか?そして、これはネガティブリストですから、交渉の過程に、議論にあがらないということは良いことじゃないんです。議論にあがらなくて、そのリストの中に入らなければ、有無を言わせず、アメリカのルールもこっちで適用しろと言われるんです。私たちがここまで血の汗を流して皆さんと作った郵政法案は砂上の楼閣になるんです。その認識を総務省、それから郵政改革室、持ってほしいんです。ぜひ、お答えをいただきたい。私たちは日本の国益を守る。日本の郵政事業における日本の国益を守るためにこの法律を作ったんで、TPPのために作ったんでない。しっかりと交渉の中で勝ち取る。いや、それさえ僕はやるべきじゃないということを皆さんに申しあげておきたいと思います」


20111029193458.jpg
20111029193621.jpg
20111029193641.jpg

【岩上安身氏ラジオ出演】

司会「今朝はジャーナリストの岩上安身さんです。岩上さん、おはようございます」

岩上氏「おはようございます」

司会「どうもよろしくお願いいたします」

岩上「はい、お願いします」

司会「今週も色々とニュースがありましたが、いかがでしょう?」

岩上「はい。やはりTPPを巡る国内での推進派と反対派の攻防がだいぶ激しくなって、TPP反対派は日比谷野音での集会とそのあとデモを行いまして、私そのどちらにも参加してその模様を取材しました」

司会「いかがでしたでしょうか?」

岩上「全国のJAと医師会関係者が中心でしたね」

司会「それは反対派のほうですね」

岩上「勿論、反対派のほうです。推進派のほうでそこまでの集会をすることはできませんので。国内の勢力としては反対派の声をあげる人が圧倒的多数を占めるようにはなってきたんだと思います。本当につい最近になって自分たちがやっと理解されてきたなというふうに参加者は言ってましたね。影響がごく一部だけじゃなくて24もの分野にデメリットがあると。ありとあらゆる業界と関わりがあると。
殆どのマスコミが相変わらずTPP推進派寄りなんですけれども、マスコミも、このラジオも放送も全部含めて大変な影響をこうむります。でもその部分はいまだに一般マスコミ職員、そこで働いている職員はまだ理解していないような感じですけれどもね」

司会「ごめんなさい。そのマスコミのデメリットというのも」

岩上「ええ。放送法というのは一定の外資に対する制限があるんですけど、それがなくなってしまいますから、どこから買い取られるか全く分からないようになってしまう。放送局というのはどこでもそうですけれども、外国に買われてしまうようなことがあったらその国の存立というのにも関わるプロパガンダ機関として大変重大な影響をもたらしますから、でもほとんどの放送人はそんなこと中身を知りませんね。それでTPPを論じているんですから、笑止千万ですけれども」

司会「なるほど。僕はその、個人に対して、今聴いていらっしゃるのは一般のご家庭だと思うんですけれども、お母さんお父さん方に対して」

岩上「雇用がなくなりますよ」

司会「雇用がなくなる?」

岩上「一般的な労働者、都市労働者はピンと来ないかもしれませんけども、ベトナムなどは条件として人の輸出を日本に出すということも言っています。月額2万程度で悠々暮らしていけるような人たちと同じ条件で働くと。経団連が一生懸命TPPをやりたいというのは、どこまでも賃金を下げたいという一点ですから。
それから医療が公的要件の緩和、適用でどんどんなくなります。混合診療が、このあいだ癌の治療を受けた人が全額自費をやむなしという判決を食らったばっかりですけれども、この混合診療の(***)がどんどんなくなるとアメリカのような状態になっていきますね。ほんとにバカ高いガン保険に入らざるを得ない。盲腸ひとつ200万取られる世界が当たり前になりつつある。我々の医療というものが食いものにされます」

司会「そうなると高齢化社会がどんどん進んでいくなか、ますます厳しくなって」

岩上「貧乏人は保険に入れず、死ねという世界ですよね。財政難は解決されていいだろうというふうに官僚が思い込んでたりするわけですよ。本質的にはTPPというのはそういう経済問題ではなくて、アメリカのグローバル資本にとって利益を上げるために標的として日本は便利だということからスタートしているんですね、元々。アメリカも経済は不振です。だから輸出先として(***)その象徴としての日本であると。日本にとってのメリットは特にありません」

司会「ないですか?」

岩上「ないです。はっきり言ってありません」

司会「先生の考えでは、ないと」

岩上「ないです。まともなメリットというものはありません。一部の人間が不当に儲けを得るということはあっても、アメリカ寄りのその手先となって動くような人間は得をするでしょうけども、それ以外ありません。また、これも本当に属国化の話ですね。
面白い話がありましてね、推進派、反対派がいま激突している舞台になっている民主党のPTなんですよ。そこで鈴木宣弘東大教授。(***)反対派の先生なんですけど、その先生がこの間暴露しました

司会「何でしょう?」

岩上「民主党のある議員。PTにも深くかかわっている議員が『日本が主権を主張するなんて50年先の話だ』っていうふうに言ったと。日本は属国なんだよと。日本人でありながらですよ。『日本が国家の主権を主張するなんてとんでもない話だ』と『アメリカの言うとおりにしてればいいんだ』そういう意味なんでしょうけども、そういうことを言ったという話があるんですね。推進派の腹の内なんてこんなもんです。

 先日、経団連が来まして、経団連の会長というのはご存じ、住友化学の米倉会長ですけれども、米倉さんが専務かなんかをよこしたんですよ。この住友化学はTPPのときにモンサントという遺伝子組み換え作物で有名な企業と組んで日本に入り込んで、虫がコロリと死んでしまうような強力な毒を持つ遺伝子組み換え作物を日本に輸入しようとしているわけですけれども、これについて川内博史さんが質問して『モンサントは遺伝子組み換え作物を持ち込むのか?』と言ったら『いいえ』とか言って。それから『住友化学とモンサントは業務提携してるのか?』と言ったら『いいえ』とこれまた真っ赤なウソを。これが国会だったら偽証罪ですよ。しゃあしゃあとこういう嘘を言うというのは(***)またそれを隠すというのはバツが悪いということですよね」

司会「僕らはまだ聞いてないですからね」

岩上「とんでもない話ですよ。遺伝子組み換え作物が大量に日本に入ってきて。従来の在来種のタネとかが全くもって死滅してしまうでしょう」

司会「その話が本当だとすると、すごく危険な香りがしますけども」

岩上「いやいや、本当の話ですよ。遺伝子組み換え作物っていまどんどん承認が進んでいってますよ。我々がノーマークの間に。マスコミは殆ど報じてませんけども、次から次へとものすごいスピードで、あの作物、この作物という形で承認が進んでいっています」

司会「ちょっとそれ、僕も調べてみたいと思います」



では、再掲載:http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-1177.html

*住友化学にとってのTPP参加のメリットは?

http://www.sumitomo-chem.co.jp/newsreleases/docs/20101020_3.pdf
nihon mejifikkusu3

*更に、原発関連でも

http://nk.jiho.jp/servlet/nk/kigyo/article/1226555571525.html?pageKind=outline
nihon mejifikkusu

*日本メジフィジックスという会社とは?

nihon mejifikkusu2
ということでGEと手を組んでいる住友化学が除染利権でもひと儲け・・・

クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1202-194f87c1
「日本が主権を訴えるのは、50年早い」と考える政権の、米国隷属政治を阻止すべし
頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o  豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o 最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。 *印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。 今日か...
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費