Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


【TPP訪米中】ワシントンから首藤議員ブログより/日テレNEWSより「TPP慎重派一行、米で業界団体と意見交換」/【米国の反中国戦略の要としてのTPP】 TPPにとってのホノルルAPEC首脳会談の意味についての考察:ジェーン・ケルシー

*転載

雪のワシントン
2012-01-10 12:17:29 | Weblog すとう信彦 & his bandhttp://blog.goo.ne.jp/sutoband/e/5e0eb60f2d81a0f7197f1d5f9cc771b3
TPP交渉は我々与党議員も内容が知らされないまま秘密主義で急速というか拙速に進められている。そうした状況において、真実の情報や事実確認のために8日からワシントンに来ている。20数件のアポイントを6名の国会議員が2-3チームに分かれてカバーしているが、とても対応できない。さまざまな団体に接触する過程で、産業界がいかに本件に無知であるというより、きわめて不十分な情報に基づいて賛成表明をしているかが、わかった。
今日はUSTRのマランティス大使と協議。日本において、議会、一般ともに、反TPPの運動が盛り上がっていることなどを報告した。マランティス代表も反対派の議員登場に神経質になっている様子で、盛んにペットボトルの水をのみ、最後には飲み干してしまった。それでも、今までとは異なり、今後日本に行ったときには、我々(慎重に考える会)とも会って情報提供するという言質をとることができた。農業関係業界や商工会議所も、あまりTPPの内容をご存じないようで、こちらが問題点を指摘すると当惑の表情に変わった。知的財産権(IP)問題では、日本とアメリカとが協力してモデルを作ろうと提言あったが、それならもっと情報提供をと主張するとたちまち口を閉ざしてしまった。驚いたのは、IP問題など、米韓FTAがモデルで、それにさらにいくつか条件が加わるとの話で、すでに韓国でも反FTA運動が盛り上がっている状況を把握していないことがわかった。知的財産権問題はともかく米韓FTAが大成果とアメリカ側が考えていることがよくわかった。
昨日のパブリック・シチズン(政府・行政を監視する市民団体)との話でも、業界も議会もTPP問題を十分に理解せず、USTRとともかく秘密裏に、拙速で参加国合意を形成しようとしていることが分かった。その意味で、日本でTPP`に反対する議員がマジョリティであるとの情報がショックだったようで、最初はにこやかに談笑している団体が途中から凍りついたような表情に変化するのが読み取れた。
ワシントンは雪、気温も零度になり、寒い。この中で公園をテントが「占拠」し、たき火や暖房が禁止されているなか、ただひたすら国民の99%を主張して、静かな抗議行動を行っている。すでに夜10時に近かったが、訪問すると、抗議行動の数人がいろいろ話をしてくれた。テントには集会用のものや、図書館もあり、有名紙をもじって「占領されたワシントンタイムズ」という新聞を発行している。やはりTPPその先行ともいうべきNAFTAにも批判的で、1%の大企業や金持ちだけがそこから利益を得て、大多数の職を奪っているという主張をのべていた。
明日は世銀の国際投資紛争センターに行って、悪名高きISDシステムについてのヒアリングを行う。


*転載

TPP慎重派一行、米で業界団体と意見交換
日テレhttp://news24.jp/nnn/news89028508.html
 環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加に反対している山田前農水相らは10日、アメリカ・ワシントンで、現地の酪農関連団体と情報交換を行った。市場拡大に期待を寄せるアメリカの姿勢が改めて明らかになった。  アメリカを訪問中の山田前農水相らは10日、国会議員の事務所を回った他、各種業界団体と意見交換した。「アメリカ食肉協会」では、「日本がTPPに加われば、アメリカの食肉の販路拡大につながる」と交渉への参加を促された。しかし、議員らが「日本国内にはTPPへの不安の声が出ている」などと説明すると驚いた様子だったという。  また、「アメリカ生乳生産者連盟」などとの意見交換の場では、「海外製品との競合が起きるおそれがあるため、アメリカの小規模のメーカーも参加に反対している」などと説明があったという。

20120111150614.jpg

*AMネットブログより転載http://am-net.seesaa.net/

【記事紹介】ジェーン・ケルシー「米国の反中国戦略の要としてのTPP」

2011年のAPEC直後に書かれたジェーン・ケルシー氏の重要な論文の翻訳を、
ATTAC関西の喜多幡佳秀さんが公開されましたので、
掲載いたします。
転送大歓迎、とのことです。
AMネット 松平
++++++++++
米国の反中国戦略の要としてのTPP
TPPにとってのホノルルAPEC首脳会談の意味についての考察
ジェーン・ケルシー(ニュージーランド・オークランド大学法学部教授)
翻訳:喜多幡佳秀(ATTAC関西)
2011年11月21日
http://ow.ly/8lOkG (Googleドキュメントが開きます)
原文はこちら↓
http://www.scoop.co.nz/stories/WO1111/S00589/tpp-and-us-anti-china-strategy-conclusions.htm
++++++++++

attacktionよりhttp://attaction.seesaa.net/article/245204604.html
attack japanよりhttp://www.jca.apc.org/attac-jp/japanese/index.html


関税撤廃 例外認めず USTRが示唆 TPP考える会訪米団会談  ―関連記事― (01月11日)

日本農業新聞http://www.agrinews.co.jp

環太平洋経済連携協定(TPP)に慎重な民主党議員らでつくる「TPPを慎重に考える会」(山田正彦会長)の訪米団は9日、当地で米通商代表部(USTR)のマランティス次席代表、カトラー代表補らと会談した。同会によると、米側は関税撤廃の例外扱いを認めない方針を示唆。またサービス分野の交渉については、米韓自由貿易協定(FTA)をモデルに自由化の度合いが高いものになるという考えを伝えた。

 米側は、あらゆる品目とサービスが交渉の対象になるとの考えを示した上で、カトラー代表補が、農産物など物品貿易の分野での重要品目への配慮は、長期間の猶予を設けた関税削減やセーフガード(緊急輸入制限措置)などにとどまると指摘。舟山康江氏(参・山形)が「関税撤廃の例外もあり得るのか」と追及すると、同代表補は「そうは言っていない。包括的で高水準の自由化を目指す」と答えた。

 山田会長は会談後、「『例外は無い』との印象を強く受けた。大変危険だ」と記者団に語った。
 また同代表補は、サービス分野では「米韓FTAの内容を参考にしてほしい」と指摘し、自由化の度合いが同協定と同等以上の高い内容になるとの考えを示唆した。米側の関心事項とされる自動車の市場開放などについて同会が質問したが、満足の得られる回答はなかったという。

 同会は米側に、交渉状況や内容についての情報開示を要求。また日本の国会議員の半数以上がTPP交渉参加反対の意思を示しているとして「TPP批准は不可能」との考えを伝えた。

・慎重な回答に終始 USTRマランティス次席代表

 「TPPを慎重に考える会」の訪米団と9日に会談した米通商代表部(USTR)のマランティス次席代表。「交渉に参加するかどうか決めるのは日本」などと慎重な答弁に終始し、出席した同会議員によると、その表情は引きつり、緊張した様子だった。「日本から来たTPP慎重派に慎重になったのではないか」と同会はみる。

 マランティス氏は、米国でTPPを推進するUSTRのナンバー2。野田佳彦首相がTPP交渉参加に向けた協議の開始を表明して以降、日本政府高官らと非公式に接触し、牛肉の輸入規制緩和などで日本に一層の進展を求めてきた。

 しかし同会によると、9日の会談は「TPP交渉は米国だけでなく9カ国を相手にするもの」「(日本の交渉参加は)13日に締め切るパブリックコメントを参考に米国議会や日本政府と協議する」との発言にとどまり、米国側の野心を表に出す場面はなかった。

 だが、その表情は笑みを浮かべていたものの引きつり気味。水の入ったペットボトルを強く握り、口をつける回数も多く、緊張した様子だった。同会が「日本の国会議員の半数はTPPに反対」と伝えると、焦った様子をみせたという。

 これまで同氏がTPPをめぐって面会した日本側は“推進派”が多かった。山田正彦会長ら“慎重派”の急先鋒(せんぽう)である同会の追及に「ぼろを出さないよう警戒し、必要以上に慎重になっていたのだろう」と同会議員は推測する。

・全米コメ連合 例外設けず交渉を 業界と意見交換 TPPを慎重に考える会

 環太平洋経済連携協定(TPP)に慎重な与党議員らでつくる「TPPを慎重に考える会」(山田正彦会長)の訪米団は9日、TPPと関係が深い業界団体と相次いで意見交換した。米の生産者・流通業者らでつくる全米コメ連合はTPPで米の例外扱いを認めない方針を明示。一方、全米自動車政策協議会は、交渉が遅延する可能性などから日本のTPP交渉参加に反対する考えを明らかにした。

 慎重に考える会によると、全米コメ連合のウォード会長はTPPについて「米などの例外品目を設けずに交渉してほしい」と語った。日本への輸出増の見込みなどは語らなかったが、会談後、山田会長は「米も関税をなくせば輸出は必ず増える」と記者団に懸念を示した。

 全米自動車政策協議会のウトス副会長は、日本の参加でTPP交渉が複雑・長期化する可能性から「米国の自動車業界は日本の参加を支持できない」と明言。TPPでは自動車市場への参入は期待できないとの見方を示す一方、日本のエコカー減税などが米国車に対する非関税障壁になっているとの考えを伝えた。

 同会は、日本の連合に当たる米国労働総同盟・産業別労働組合会議とも意見交換。同会議はTPPで多国籍企業の利益は増えるものの、労働者の雇用や賃金が不安定化するとの懸念から、TPPに反対する考えを示した。また同会はこの日、米議会関係者や米国小麦協会とも会談した。



*「米国の反中国戦略の要としてのTPP」ジェーンケルシー教授の翻訳の一部書き起こしは加筆した上で次の記事に移しました。http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-1382.html⇔よろしくお願いします。

クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1381-830f7c72
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費