Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「支配者により決められたゲームを変えられるのはロンポール」~

「支配者により決められたゲームを変えられるのはロンポール」


Judge Napolitano What if theyre lying to you about Ron Paul - Fox Business.
 UP主のコメント:
Andrew Paolo Napolitano 元判事が、Fox Businessで、大変明晰な分析を行っています。
これは日本の政治状況と同じで、民主党、自民党と、政権交代茶番劇を行ったところで、実際にはまったくかわらないという現実理解につなげたいです。

 翻訳の書き写し:

もしも、(選挙は)支配権力を確認するという参加のプロセスだが、(政治に)意味ある変化など決して生じないとしたら?
もしも支配権力は統治についての合意を望んでいないとしたら?

もしも二大政党制というメカニズムは実際はいわゆる世論を狭めるために利用されているとしたら?
もしも全ての争点に2つ(の政党)以上の選択があったとしたら?
二大政党によって、あなたはこちらかあちらの投票箱しかないのです。
もしも世論などというものが存在していなければ?
なぜなら、考えている人々は全てユニークな(個性)考えを持っているから。
もしも私たちが世論と呼ぶものが人々をより楽に納得させるために生み出された作り話だとしたら?
もしも彼らと意見が違い、それで何か問題があれば彼らが悪いのだ。
もしも民主党と共和党の目的が有権者の選択を広げるのではなく、狭めるものだとしたら?
もしも広く認識されている2つの政党の違いは単なる幻想だとしたら?
もしも政府の主要政策は誰がホワイトハウスにいようと同じだとしたら?
もしも民主党と共和党の違いを持ちたいと思っていても、実際には、些細な不合意だとしたら?
もしも両党共に単に権力を欲しているだけで、若者たちを意味のない戦争で戦わせて、より大きな権力を得ようとしているとしたら?
もしも両党共に、麻薬への戦争という名目で、役人と警察官を増やして大きな予算と仕事の確保をしているとしたら?
もしも政府の指導者が変わっても政策が変わらないとしたら?
誰が選挙に勝っても、政府は同じままだとしたら?
もしも、政府が政治屋のための回転ドアだとしたら?
一度担当したら、人々を搾取するものだとしたら?

もしも両政党が福祉政策、戦争政策、巨大銀行の救済と大きな政府を支持しているのだとしたら?
もしも選挙中に候補者が使うレトリックを当選後は捨て去るとしたら?
もしバラクオバマ氏は反戦、詩人の自由の保護の候補者で、(実際は)無意味な戦争をし続け、憲法で保障されているあなたの権利を攻撃しているとしたら?
もしもジョージ・ブッシュは内政干渉と小さな政府という政策を唱えていて、実際には軍事増強による介入外交と政府の借金を増やし、大きな政府に成長させたとしたら?
ビル・クリントンは「大きな政府の時代は終焉した」と宣言したにもかかわらず、実際は共和党のニュート・キングリッチのように、彼らが欲しいものは何でも手に入れる、大きな政府もそうです。
共和党はどうでしょう?ロナルド・レーガンは6年間の大統領時代に政府を縮小すると約束して、彼が在任中に政府は大きくなったのです。
もしもレーガンのリバタリアンのレトリックを使わなかったら、レーガン革命など全く存在しなかったでしょう。
もしもまた同じことが繰り返すのだとしたら?
リック・サントラム上院議員は愛国法と、医療保険の拡張、財政赤字を数兆ドルあげることに賛成しているにもかかわらず、彼は投票者が小さな政府を求めていると賞賛しています。
ミット・ロムニーはとにかくバラク・オバマ以外という投票者から支持を受けていますが、彼らはミット・ロムニーの福祉政策、戦争政策の全てがバラク・オバマと全く同じかもしれないということに気がついていないかもしれません。
もしも、ロン・ポール氏がメディアから無視されているのは、彼らが言うように多くの支持を得られず大統領選では勝てないという理由ではなく、
彼は権力支配者があらかじめ用意している「世論の型」に、はまっていないからだとしたら?

そして、お決まりの、いわゆる選挙戦のニュース作り話の枠組みに投票者を押し込むためだとしたら?
もしもほとんどの立候補者の違いは中身ではなくて、スタイルだとしたら?
この単なるスタイルの「違い」が中身の「違い」として、幻想としての「違い」として思い込ませているとしたら?
ミット・ロムニーが勝利した場合、バラク・オバマが推進している政策とほとんど同じということになるでしょう。
バラク・オバマの政策も単にジョージ・w・ブッシュの政策の延長でしかありません。



クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1385-bb8d5fcb
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。