Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫崎享氏のTwitterより“野田映像は必見/イラン制裁:核開発阻止が一番重要ではない/石橋湛山 果敢に米国に物申した政治家”など~ちきゅう座より+26日以降まとめ

孫崎享氏のTwitterより“野田映像は必見/イラン制裁:核開発阻止が一番重要ではない/石橋湛山 果敢に米国に物申した政治家”など
2012年 1月 26日 ちきゅう座

国民、領土問題の基本的事実すら知っていない
北方領土:玄葉大臣私の『日本の国境問題』読んで下さい。ポツダム宣言で「日本領は本州等その他の島は連合国決める」。サ講和条約で千島放棄。吉田首相は国後択捉を千島と発言。政府・外務は長年間違いを国民に洗脳。産経「玄葉氏、北方領土問題で露の北方四島の占拠は国際法上、根拠がない」。
領土問題:残念ながら日本国民は長い間利用され、領土問題の基本的事実すら知っていない。「こうあって欲しい」を基礎に論じている。恐縮だが、先ず歴史的事実をしっかり知って欲しい。日本政府は都合のいい事実だけ述べている。だから嘘ではない。しかし、全体を極めて歪めてる。特に北方領土。
1月25日

野田首相の映像「マニフェスト書いてあることは命掛けでやる。書いてないことはやらない」 
野田首相:全国民必見!!!凄い能力の首相を持ったものだ。180度違うことを全く平然、朴訥そうな顔で言うから騙される。「マニフェスト書いてあることは命掛けでやる。書いてないことはやらない」これ「朝立ち」での発言。これじゃ選挙区での朝立ち無理http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo

野田首相(再):永田町でも相当見ているようです。この映像、国会で上映すれば、首相の座はない。これ位報道価値ある物、地上波が映像示せなければ、彼らの限界示す。見てない人、繰り返しますが、必見です。これでも野田首相を支持するか!http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGoRT
1月24・25日

ロムニー、年収約17億円納税額14%
共和党候補:フロント・ランナーのロムニー多分失速。2010年年収約17億円納税額14%は「99%」の米国民の反発に加え、相当の資産運用を自国でなく、ケイマン諸島(西インド諸島の一部で英国領。従来より租税回避やマネーロンダリングに利用)で運用。米国民これで怒らないなら不思議
1月25日

IMF局長、消費税率15% 日本に要求 
増税:悪夢。いつかこの連中が日本に乗り込んでくる。25日東京「IMF局長、消費税率15%に 日本に要求」
1月25日

「どうしても原発を動かしたい人たちが、電力不足をあおりたてる」 
東京新聞:筆洗「どうしても原発を動かしたい人たちが、電力不足をあおりたてる数字をこれからも出してくるだろう。そこに潜むうそを見破っていきたい」。東京の原発追跡は賞賛もの。ついでにぜひ「TPPに潜むうそを見破っていきたい」をお願いします
1月24日  
   
ハーグ条約:発想はオリエンタリズムと同根
読売社説批判ハーグ条約:蝶々夫人の世界の法律化だ。「加盟すると、日本人女性が、外国人の夫または元夫に無断で16歳未満の子どもと帰国した場合、不法な連れ去りと見なされる。夫らが求めれば、日本の家庭裁判所の審理を経て、子どもを元の居住国に戻すのが原則だ」読売社説勿論受け入れ推進
ハーグ条約:発想はオリエンタリズムと同根。wiki:サイードは東洋を異質と規定する西洋の姿勢をオリエンタリズムと呼び、批判。サイードによれば、優越感や傲慢さや偏見と結びつくばかりではなく、欧米の帝国主義の基盤。自らより劣等と認識する国や文化を性的搾取可能な女性とし描く傾向
1月24日  

田中防衛大臣 ご存じない 
田中防衛大臣:きっとこの人、いい人なんだろう。いい人だから防衛大臣適任という訳でない。沖縄知事との会談、あんちょこ丸読みの様子。おまけに「沖縄は石垣島に毎年1回ほど家族と訪問、水族館や硫黄島に出かける」で、読売ですら「沖縄に硫黄島?」の見出し(23日)。米国国防長会うとどうなる?
この方は普天間問題が沖縄県民感情と過去の経緯と密接に関連していることご存じない。防衛省も理解されたら困るから説明しない。24日読売「防衛相、普天間周辺小学校の危険性軽視発言?”小学校頭上にヘリコプターが降りてくるようなケースはそんなに多いわけではないんでしょう”」
1月23・24日

イラン制裁:核兵器開発阻止が一番重要な事ではない
根本的なことを考えてみよう。キッシンジャーはまだ若い頃(1958年)『核兵器と外交政策』という素晴らしい本を書いた。「核兵器を有する国はそれを用いずして全面降伏を受け入れることはないであろう、一方でその生存が直接脅かされていると信ずるとき以外は、戦争の危険を冒す国もないとみられる」「 無条件降伏を求めないことを明らかにし、どんな紛争も国家の生存の問題を含まない枠を作ることが米国外交の仕事である」この台詞は次に変えられる「核兵器を開発出来る可能性のある国は開発をせずして全面降伏を受け入れることはないであろう、一方でその生存が直接脅かされていると信ずるとき以外は、戦争の危険を冒す国もないとみられる」。これがイラン問題の核心である。そして、米国・西欧はこの考えの逆を行っている。ということは、核兵器開発阻止が一番重要な事ではない。イランの石油のボイコットこそ目指すもの。何故か。
イランの収入を絶ち、国民の不満を高め出来ればこれで政権を崩壊させる。外貨収入が入らなければ、イスラエルの敵、パレスチナ、レバノン支援が出来なくなる。これは過去20年以上イスラエルが追求してきた政策。そして米国、英国、仏(サルコジ)が推進。後者の考えに抵抗出来ない。
1月24日

毎日 記者レベルで優れた記事、上行くと崩れる
毎日社説批判:「社説:自民党大会 解散を求めるだけでは」。今増税が最大の焦点。民主は選挙公約に反し増税へ進んでいる。増税は国民に直結する政治問題。「解散を求め、国民の意向を問う」このことが何より求められるのでないか。毎日は惜しい新聞。記者レベルで優れた記事。上行くと崩れる
1月23日

米国の動き見れば、読売社説の位置解る 
23日読売社説批判:増税・TPPに賛成しないなら、自民党は政権につく資格がないそうです。「自民党大会 政権復帰の準備は不十分だ。今や自民党の方が周回遅れだと言える」、キャンベル次官補は19日「野田首相を我々は応援している」発言。米国の動き見れば現在の読売社説の位置解る。
1月23日

自民党大会で米倉経団連会長にヤジ 
経団連・自民党:産経も自民一分子も時に過激になる。22日産経「”こんなやつに話させるな!” 自民党大会で米倉経団連会長にヤジ。米倉氏”TPPの推進にご尽力いただきたい”と呼びかけ。これに反TPP派の議員数人が激怒」。野次に疑問のコメントを寄せているのが野田毅、小泉進次郎。
1月23日

「野田内閣支持32%、不支持44%」 
野田政権:22日毎日「野田内閣支持32%、不支持44%」、野田首相「朝立ち(駅前で通勤する人々に政策を訴える)」再開したら。国民も朝立ちに時間割くの歓迎すると思うよ。次の選挙に出る予定でしょ。どれだけ不人気かが解る。
1月22日

「毎日世論調査:消費増税、60%反対」 
増税:22日「毎日世論調査:消費増税、60%反対」。これを厳粛に受け止められる政党がほとんどない。民主駄目、自民先行き駄目、公明ぶれ始め駄目、他は政権に影響与える力なし。選挙民は八方ふさがり。
1月22日

「原発推進:11大学に104億円 」
原発:金で学者の良心が買われてた。金に買われた豚なら黙って金を食べるだけにすれば良いものを、よく平然と学者面して原発推進の見解の世に述べていたものだ。22日毎日「原発推進:11大学に104億円 国と企業が提供。06~10年度。京大33億万円、東大25億円、東京工業大16億円」
1月22日

ギングリッチがサウスカロライナで勝利の主因は… 
米国:ギングリッチが南サウスカロライナ共和党候補選で勝利の主因はギがワシントン、NYのエスタブリッシュメントは失業、医療保険、生活費の苦労を全く知らず、選挙民を代表していないと攻撃し支持を得たこと。今後エスタブリッシュメント路線対大衆路線の闘い。日本に大衆の声代表の政治家いる?
1月22日

政府、病気・死を原発事故と関連つける気さらさらない 
原発:政府は原発事故を風化させている。22日時事「政府は原発事故との因果関係のない医療費の無料化は公平性の上から問題があるとの判断に傾いている」政府、病気・死を原発事故と関連つける気さらさらない。ということは事故関連と疑義のある病気も無償で看護する気もさらさらない。東電救済策
1月22日

増税:公明支持者の方々 少しは怒ったら 
増税:公明支持者の方々へ。少しは怒ったらどうでしょう.執行部は増税支持に切り替えようとしている。それとも皆さん、消費税増額喜んで国に寄付しますか。22日読売「年金改革明示なら消費税率の引き上げを含む社会保障・税一体改革について協議応諾も…公明国対委員長」
1月22日
 
財界、増税・TPP・原発再開推進3点セット
財界が国民の利益を考えない組織であることを米倉会長のようにストレートに示す人はなかったのでないか。通常はもっと狡猾。22日読売「TPP推進に尽力を…経団連会長が自民党大会で。消費税率の早期引き上げ等立て直しは待ったなしだ。ヤジ飛ぶ」。
1月22日

石橋湛山  果敢に米国に物申した政治家がいた
戦後史(石橋湛山):日本戦後史の中に果敢に米国に物申した政治家がいたことは、我々もっと知っていいと思います。その一人が石橋湛山。どういうわけか日本人は戦後餓えていた時米国に援助して貰い、助けられたと思い込んでいる。占領時、当然日本の持ち出しです。占領費の負担が日本の予算に占める額はとても大きいのです。(46年32%)、1947年(31%)、1948年(23%)等。勿論、「この高い負担を軽減して欲しい」と言った日本人はいます。石橋湛山です。当時は国民の中に餓死者が出るという窮乏の時代にもかかわらず、進駐軍請求中に、ゴルフ場、特別列車の運転、はては花や金魚の注文書まで。石橋蔵相はあらゆる手を尽くして、それを削減。しかし石橋はGHQによって、22年5月公職追放。この石橋が1956年12月首相に。そして24日、石橋氏は初の記者会見で「アメリカのいうことをハイハイ聞いていることは日米両国のためによくない。米国と提携するが向米一辺倒ではない」と言います。パーソンズ国務省北東アジア局長は英国人外交官に「日本との間にかなりのトラブルが起こるであろう」、そして『ラッキーなら石橋は長続きしない』と言います。そして事態は『ラッキーなら石橋は長続きしない』経過をたどります。母校早稲田大学での総理就任祝賀会に出かけた石橋湛山は肺炎になり、施政方針演説、及び質疑応答を出来ない事態となり、2月、引退に追い込まれます。こうした米国に物申す姿勢は米国の期待に反して、岸信介に続きます。逆転は池田勇人後。
1月22日 

政府 TPP反対論広まらないよう工作
TPP:経済産業省を中心とする政府は、かつて原発で行ったと同じように、TPP反対論者が反対論を展開しないよう、それが広まらないよう工作を続けている
1月22日

原発・読売社説、人々の命、健康の視点全く欠如 
原発・22日読売社説批判・福島原発以降の原発問題で一番重要な点は何か。それは人々の命、健康、これに害与えない政策の策定であろう。読売の問題は何か。この視点が全く欠如。「エネルギー政策 電力危機回避を最優先せよ。原発再稼働が急務」、読者は別目的で読売を購入。社説無意識に刷り込み
1月22日

孫崎享氏のツイットhttp://twitter.com/magosaki_ukeru
を許可を得て転載。孫崎享氏は元外交官・元防衛大学校
〈記事出典コード〉サイトちきゅう座 http://www.chikyuza.net/



転載、以上終わり
26日以降は下段、まとめ。


クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg


    


ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ
増税:
密室協議だけが協議でない。”案が出てきたら国会で堂々議論すればいい”は谷垣氏の論。”密室協議に入らないから反対ばかり”の論は不可思議。見解議場で示せばいい。27日読売「自民党議員からは”自民党は反対ばっかりという印象は変わらない”(小泉議員)との声が漏れた」。
1月26日

放射線:
俺、知らない。みんなで渡れば放射線も消える。政府が放射線問題を意図的にプレーダウンしている中、当然すり抜けを計る。26日読売「汚染疑い牛3千頭流通先不明、検査時既に消費か」
27日福島民報「検討委員会は、浪江、飯舘、川俣の18歳以下の甲状腺検査結果を報告。直径5・1ミリ以上のしこりは26人(0・7%)。1117人(29・7%)は5・0ミリ以下のしこりなどが確認された」
東電さん、世界第2位です。我々こそ第一位とクレームつけてよいのではないですか.深刻度・悪質度・無責任度からみて絶対一位の資格あります。「”無責任な企業”2位は東京電力 国際NGOが発表。1位はブラジルのバーレ。アマゾンのダム開発で4万人を補償なしに立ち退き意図」
1月26日・27日・28日

野田総理:
「マニフェスト書いてあることは命掛けでやる。書いてないことはやらない」の野田動画、自民党の方は谷垣総裁始めかなりの人が見ている模様。是非とも民主党の執行部の人達、この動画について見解を述べて戴きたい。見解述べられない程、民主党執行部は腐った存在なのか。
”私野田は国民への約束は無視します。米国・国際社会への約束は必死に実現の努力します。国民無視でも首相続行可、米のポチでないと首相続行は無理”27日時事「野田首相、一体改革必ず実現=ダボス会議にビデオ・メッセージ。”財政規律を維持するための大きな改革を必ずや実現する”」
日本は占領時代とどれだけ変わったか。柴田英利(GHQ担当読売記者)片山首相等への説明。「占領下の日本政府等というものはあってなきがごときものです。すべてを押しつけて来る対司令部闘争あるのみといっても過言ではありません」、吉田首相は占領軍の言う通り。今野田首相同じ。
野田首相の屁理屈:毎日近事片々「超論理的理屈」「”衆院議員任期中に消費税は上げないのだから、公約違反ではない”野田先生のこの超論理的理屈、何と子供たちに説こう。学校では、約束を破ったりしたらまず素直に謝りましょう、とも教えている」、ここまで屁理屈こね、顔平然は、日本人の常識超え。
1月26日・27日・28日

北方領土:
ラブロフ露外相28日来日.北方領土が検討課題。北方領土は日本の多くは、まさか日本側主張が露側よりも根拠薄弱とは思わない。「露による不法占拠が続いている」(外務省ホームページ)、外務大臣は「(露による)北方四島の占拠は国際法上、根拠のないものだ」。この立場は違う。日本はサンフランシスコ講和条約で、千島列島放棄。吉田首相は千島に国後択捉入ると発言。米国は早期講和条約締結を志向、日本の放棄を明記し、所属まで決めない立場。では連合国内で千島列島の帰属はどうなってるか。米国はソ連に対日戦争に参加して貰うことを切望、代償としてルーズベルトは千島列島をソ連に与えるとしたのがヤルタ条約。1945年8月18日トルーマン大統領は千島列島をソ連に明け渡しに合意とスターリンに伝達。46年1月連合軍最高司令部訓令は千島列島を日本の範囲から除くと明記。見たくはなくても、我々は戦後の歴史を直視することを外交の基礎にすべし。
1月27日

米国大統領選:
31日フロリダ共和党予備選はロムニー対ギングリッチの激しい争い。ギングリッチが反ワシントン権力層、反主要メディア路線打ち出したため、既存勢力大車輪でギングリッチ非難開始。「ギは予測不可能、大統領には危険」等ネガティブキャンペーン効奏し、最新ロムニー逆転している模様。
1月27日

イラン:
イランによるホルムズ海峡封鎖等危機の展開は今次イラン石油の禁輸がどの程度実行力があるかに依存。BLOOMBERGのBolton論評「欧州の輸入禁止決定は強制措置をもたず、現実には決定をどの程度守るかは各国次第。イラン原油への依存はギリシア三分の一、伊12%、西15%」イラン石油の輸入国(千BD)は中国543,印341,日251,伊249,韓国239,トルコ217,スペイン149,ギリシア111等、現在中韓抵抗、印実施せず、トルコ,スペイン,ギリシア等自主なら影響限定的。その際にはホルムズ海峡封鎖の危機は深刻ではない
1月28日

在日米軍:
米軍事故は日本人の被害が如何に深刻であれ不問にするということ。28日朝日「在日米軍人、2008年1月~11年9月に日本国内で起こした公務中の交通事故28件(死亡したり全治4週間以上のけが)で軍法会議はゼロ。」

<孫崎享氏ツイッターhttps://twitter.com/#!/magosaki_ukeruまとめ>

クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1401-4dd565e2
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。