Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【陸山会事件】検察審査会の審査を妨害した偽計業務妨害:田代政弘検事の虚偽報告書、それを引用した吉田正喜副部長の報告書、それ以外にも報告書の存在があるという新情報が八木氏より明かされた

昨晩ざっくりとこんなことを呟いた↓

日経は虚偽公文書作成同行使だけにしたい誰かの願望をそのまま書いているのか?少なくとも他社は誤魔化し技の【など】を入れてるがそれすらないけど。捜査担当の検事が異動 陸山会事件巡り  :日本経済新聞 http://t.co/VC6b27MV
04-01 19:16

每日は【問題視】程度にしたいのか?八木さんの会のことも告発の件も偽計業務妨害の軒も触れずにただ【問題視】で矮小化か。小沢元代表公判:捜査報告書問題 担当検事が異動 - 毎日jp(毎日新聞) http://t.co/B0MWh24V @mainichijpnewsさんから
04-01 19:18

だいたい田代検事が教官って何を教えるのか?突っ込みどころ満載⇒法務省:法務総合研究所の基本的性格と沿革 http://t.co/iZTMsXi3
04-01 19:20

「法務省が人事上の処分を検討」とは。。。虚偽報告書作成の検事異動 法務省 - MSN産経ニュース http://t.co/LUVB3zhk
04-01 19:22

通信社なのにずいぶん遅い配信で。また「検察当局が立件の可否や人事上の処分を検討するのに当たり、法務省が考慮」とある。。。石川議員聴取の検事異動 法務総合研究所に - 47NEWS(よんななニュース) http://t.co/f86s3eLM
04-01 19:24

「検察当局が立件の可否や人事上の処分を検討するのに当たり、法務省が考慮」を素人なりに解釈すると、法務省が、田代検事がこの先裁判にかけられた時に既に社会的制裁を受けたという既成事実作りのために検察の片棒担いで情状酌量の筋書きを描くために一役買うよ、ということなのか?
04-01 19:29


すると何やらこんなリプが飛んできた。

この人⇒@alfayoko 田代の最も重い罪は「有印虚偽公文書作成・行使+偽証罪」で、偽計業務妨害はおまけに近い RT @: 每日は【問題視】程度にしたいのか?八木さんの会のことも告発の件も偽計業務妨害の軒も触れずにただ【問題視】で矮小化か。

偽計業務妨害はおまけ?
全く意味不明。虚偽報告書を検察審査会という、マスコミで言うところの【国民の代表】【国民の代表である審査員の判断は重い】【市民感覚を重く受け止めたい】とかなんとか社説やら何やらでやたら大手新聞の5大紙が持ち上げたあの東京第五検察審査会の審査員たちの、これまた大手新聞記者クラブメディアが言うところの【公平で公正な】判断が明らかに歪められたという偽計業務妨害のほうが犯罪行為として組織的という点で重いに決まっている。少なくとも日経や朝日の報道によれば、田代検事だけではなく、吉田副部長の報告書も提出されていたことが分かっており、その報告書を部長に提出したところからすれば佐久間部長は知っていたということだけでも最低3人は確定的。その他にも、石川議員秘書を監禁した民野検事なども特別公務員職権濫用の疑いもあるし、そうした組織犯罪が濃厚な状況で、田代検事が虚偽公文書作成及び行使と偽証罪という個人の問題で済まそうということなのか。なんで偽計業務妨害が【おまけ】なのか、全く意味不明の頓珍漢である。
そして今日、健全な法治国家のために声をあげる会の代表、八木啓代氏が司法記者クラブで会見し、その後、岩上さんのインタビューが行われた。その内容はUstで⇒会見http://www.ustream.tv/recorded/21542245 インタビューhttp://www.ustream.tv/recorded/21540264
健全な法治国家のために声をあげる会HP⇒http://shiminnokai.net/index.html
それによると、【田代検事告発の捜査の進展および田代報告書以外の報告書の存在の有無につきまして、本日、東京地検刑事部に、質問状を提出し、午後1時半より記者会見をいたしました。】
とのことです。
質問状⇒http://shiminnokai.net/doc/shitsumonjou.pdf
一部転載。

本年2月22日の日本経済新聞、2月26日の朝日新聞に、田代政弘検事による偽造報告書が、上司である吉田副部長の報告書にも引用されていたという事実が報道されている。これは、現在問題になっている、田代政弘検事による2011年5月17日付の報告書以外にも、検察審査会に提出された報告書が存在していたという事実を意味するものである。
この件に関して、当会も調査した結果、田代政弘検事の虚偽報告書以外にも、複数の報告書が存在し、それらの報告書も、田代報告書と同様に、検察審査会に提出されることを目的として作成された疑いがあるとの情報を得ている。
その内容は、小沢氏の秘書等の関係者の供述調書のうち、小沢氏への報告・了承があったことを述べている部分(裁判所によってすでに特信性、任意性を否定されて証拠却下されており、刑事裁判での立証では使えないものとなっている)をことさらに引用し、さらに文章に下線を引いたり注釈をつけることによって、素人である審査員に、小沢氏の供述が虚偽であり、裁判になれば犯罪の立証は容易であるという印象を与えようとする意図がみられるものや、検察官の個人的な感想と客観的事実が、素人目に判別しにくい形で書かれたようなものがあったという情報である。
もしもそれが事実であるなら、これらの報告書こそ、実際の取調べとは異なる虚偽の取調べ状況を記載した田代検事作成の捜査報告書と同等に、検察審査会を欺くという目的で作成されたことは明白であり、公正な検察審査会の審査を妨害した偽計業務妨害の犯罪の動かぬ証拠であると言える。


田代検事の虚偽報告書だけではない。吉田副部長の報告書だけでもない。他にもまだまだ報告書があるという情報。その報告書の手口も上記によると意図的に証拠却下されて任意性や特信性が否定されたものを引用、下線を引く、注釈を入れる、などして、審査員を小沢氏の供述は虚偽であるという印象付けの方向で誘導、しかもこの報告書というのはそもそも供述調書とは違い、取り調べを受けた側の被疑者のサインが入っていない、つまり見ることもできないような報告書であり、証拠能力の極めて低いものにあえて加筆して下線や注釈を入れたという行為自体が検察審査会審査員に提出されることを前提としたということの証左であり、これまた偽計業務妨害が成立しうる新情報なのである。これが事実であるならという前置きが今のところ必要なようだ。だから、今回、田代検事の捜査進展を迫る質問と、吉田副部長の報告書が日経と朝日の報道の通り事実なのかどうかということの質問、そしてその他の複数の報告書の存在の事実確認という質問の内容になっているようである。
もう、殆どの人がうすうすは分かっていると思う、この検察による小沢一郎議員に対する組織的な違法行為による政治捜査、弾圧。これが徐々に明かされようとしている。昨日の田代検事の人事異動の件はどうやら新潟地検で取材殺到で業務に支障が出るため異動したということらしく、そこには吉田副部長もいるらしい。その法務省法務総合研究所というところは、もともと昇進ポストの空き待ちのための一時的な居場所なのだそうだ。そこに犯罪行為を行った二人がいるということで吹き溜まりのような場所の扱いをされているとかないとかで。
更には、八木さんや郷原氏の言うように、大阪地検の大坪、佐賀氏の判決の論理でいくと、犯人隠避の罪は証拠の偽造などがあった時にはすぐにそれを上司に報告するべきだったということで、それをやらなかったから犯人隠避が成立すると断定していることからすると、【法の下の平等】により、それは東京地検での陸山会事件に当てはめ、田代検事が虚偽の報告書を作成した一年前から知っていた組織、上司ら含めて全員犯人隠避が成立しうることになるというもの。このポイントもまた非常に重要と思われる。だからか、大阪の検事が「大阪は悪くて東京はええんか。おかしいやないか。田代をはよ逮捕せんかい!前田は新聞に出たその日に逮捕されたやないか」となぜ大阪だけがすぐに逮捕者が出て東京は何もないのかと怒り心頭なのも頷ける。それは国民からすれば東京が、大阪がという内輪揉めではなく、【法の下の平等】に反するからであり、マスメディアの歪んだ報道も許されるべきではない。

クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1481-a8835b38
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。