Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【消費増税反対】消費増税反対議員に厳正処分を、と野田総理に申し入れた11人の議員たちの背後に

20120628172439.jpg



ちょうどこの日、参議院総会が行われ、野田も出席していた。しかし、13時30分から開始わずか30分で、別件の用事で退席したとのこと。その用というのが上記、消費増税に賛成票を投じた連中の申し入れだった。【大飯原発3,4号機の再稼働に関し、なお一層慎重に判断することの要請】に署名した117名の民主党国会議員(最終的には120名を超えたとのこと)を持って野田総理に申し入れに行った時には、面会もせず、しかも代理で受け取ったのは官房長官でもなく、斉藤勁副官房長官が受け取った。【申し入れ文書と署名議員】http://www.taniokachannel.com/report/resource120605.pdf


    


ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

原発再稼働の条件「一つも実現されていない」 民主議員117人が「慎重対応」求める署名
J-castニュース2012/6/ 5 19:00http://www.j-cast.com/2012/06/05134593.html?p=all

消費税率引き上げで割れる民主党が、原発問題でも割れようとしている。政府が関西電力大飯原子力発電所(福井県おおい町)3、4号機の再稼働を目指すなか、「必要な対策がとられていない」などとして、一部の民主党議員が慎重な対応を求める署名を首相官邸に提出した。署名した議員の数は117人にのぼり、党所属議員の3割近い。
プロジェクトチームは再稼働に向けて5条件を提示
署名は2012年5月31日から原発事故収束対策プロジェクトチーム(PT)座長の荒井聡元国家戦略担当相や、PT座長代理の増子輝彦参院議員(福島県選挙区)の呼びかけで始まり、再稼働を「一層、慎重に判断する」ことを野田佳彦首相に求める内容だ。12年4月に、PTでは(1)免震事務棟の建設や(2)新しい原子力規制組織の設置や法整備など、再稼働に向けた最低条件5つを示しているが、署名の呼びかけ文では、これらの条件が「いまだ一つも実現されていない」と指摘している。
6月5日朝にPTと関連作業チームが合同で約2時間にわたって開いた会議でも、対策の不十分さを指摘する声が続出。PTでは、関係閣僚の出席を求めていたが、結局出席しなかったことについても批判の声があがった。
関係閣僚会議に出席している仙谷由人政策調査会長代行は
「運転再開の判断は党が結論を出すものではない」
などと主張、政府の対応に理解を求めたが、谷岡郁子参院議員(愛知県選挙区)は、この時の様子を
「再稼働に賛成の意見はゼロでした」
とツイッターにつづっている。
民主党議員の3割が署名
結局、署名には117人の議員が賛同し、6月5日夕方に首相官邸に提出された。民主党所属の全国会議員数は397人なので、約3割の議員が、現時点での野田内閣の方針に反対していることになる。
署名を受け取った斎藤勁官房副長官は「重く受け止める」などと応じたが、斎藤氏は6月4日に細野豪志原発担当相とともに福井県庁を訪れ、西川一誠知事に対して再稼働への理解を求めたばかり。橋下徹大阪市長などが求めている、夏場だけの期間限定の再稼働についても否定的で、PTメンバーとの溝は深いと言えそうだ。

6月5日のこの日、首相日程を見ると、午後に復興推進委員会に出席、そのあと経団連の定例会に出席し、午後2時43分には首相官邸に戻っている。つまり、官邸にいたくせに117名の国会議員の署名を持った議員たちに面会しなかった。おそらく周囲の官僚が止めたのだろうぐらいのことは容易に推測できる。しかし、117名もの国会議員一人一人の後ろには合わせると何百万という有権者・国民がいる。それに、上記記事では3割としているが、政務で政府の中に入っている人を除けば、多数である。それを無視したノダ。このことと比較して、一回生議員の「増税反対議員に重い処分を」と申し入れを行った11人に会うために参議院総会を抜けた野田に対し、怒りの声を上げる。下記のような実態。20120628172439.jpg

「造反者は厳罰」の若手議員直訴劇 やはり裏に仙谷がいた
「造反者は厳罰」の若手議員直訴劇 やはり裏に仙谷がいた
(日刊ゲンダイ2012/7/7)http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-6288.html

部下を使って翌日もクサい仕掛け
やはりウラで、この男が主導していたようだ。
民主党の若手議員11人が、増税法案採決の翌27日に官邸に乗り込み、野田首相に「造反議員には厳しい処分を」と迫った事件。「わざわざ1年生議員が『小沢グループ切り』を迫るなんて不自然」との声があちこちで上がっていたが、前原グループ(凌雲会)のドン、仙谷政調会長代行の指示だったようだ。

民主党関係者が内幕を話す。
「増税法案の採決直後、仙谷さんは田村謙治議員ら凌雲会の中枢メンバー約10人を集め、緊急会議を開きました。反対者が57人も出たことに仙谷さんらは大慌てで、『すぐに手を打たないと大変なことになる』『法案に賛成した1年生議員を、輿石幹事長と野田首相のところに行かせ、小沢グループを重い処分にするよう迫らせよう』となったのです。最初は凌雲会の色が出ないよう、多くの中間派1年生に声をかけたが、『やりすぎだ』『仙谷の計画に加担したくない』と次々断られてしまった。結局、凌雲会中心の11人での直談判となったのです」

ほとんど公にはなっていないが、翌28日にも、仙谷は部下を使って「攻撃」を仕掛けている。
「凌雲会の泉健太議員ら2、3年生4人が幹事長室に押しかけました。樽床代行に『過去に処分歴がある人は、特に厳しい処分をすべき』と迫った。つまり、小沢元代表の厳罰・除名を求めたのです。仙谷主導のミエミエなやり方に、樽床さんも『いい加減にしろ』とブチ切れていたようです」(永田町関係者)

学芸会並みの幼稚な演技指導である。そこまでして「小沢切り捨て」に狂う仙谷の魂胆はミエミエだ。
「野田首相と輿石幹事長の体制になって、仙谷さんは干され気味です。長年の敵だった小沢さんを追い出せば、凌雲会が党内最大派閥になり、権力を再び握れるようになる。懸案の増税法案は、パイプがある自民党の大島副総裁に協力を呼びかけ、成立させる。9月の党代表選では野田首相を支え、輿石氏に代わって幹事長にしてもらう。こうしたシタタカな計算をしているのでしょう」(政治ジャーナリスト・小谷洋之氏)
この程度の卑劣な腹黒男が、東電と原発エネルギー政策を牛耳っている現状にゾッとする。“仙谷切り”こそが急務だ。

セクハラ一審有罪男がなぜ処分の対象にならないのか。判決が出るまでもなく、小沢一郎氏を党員資格停止にした執行部の非民主的な独裁暴走を隠蔽し「統率」などと言葉ですり替えるマスコミ。政治評論家を自称する輩やマスコミ各社論説員の輩が最近言い出していることは、民主党のこの3年間の体たらくには小沢氏にも責任があるという誘導的な愚論。バカ言うなと言いたい。政治的に足かせを履かせたのは誰か。さんざん小沢一郎氏の動きを止めておいて、一方で責任をなすりつけるという人間のクズが如き暴論を展開。再三提案しているが、原発再稼働の抗議の声は官邸前だけにとどまらず、いの一番にマスコミ各社に向けられるべきが効果的と考える。ただ注意しなければならないのは、エジプトのデモも、ロシアのデモも米国の関与があったという事実を踏まえなければならない。このことは、具体的に何を指すものでもないが、アメリカの属国である日本もその例外ではないことは頭の片隅にでも置いておきたい。

(情報としては少し出遅れた感が否めないが一応書いておこうということで取り上げた)


クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1641-2d52342c
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。