Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再稼働反対官邸前抗議】2012/07/13 7.13緊急!大飯原発3号機を停止せよ!首相官邸前抗議~IWJチャンネル1 岩上安身氏レポート

2012/07/13 7.13緊急!大飯原発3号機を停止せよ!首相官邸前抗議





    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ
IWJチャンネル1 岩上安身氏レポート


~~~~~~~~~~市民の声を一部ざっくり文字にしました~~~~~~~~~~~
20120715115111.jpg <42:48~ 静岡から来られた中年男性>
岩上「どちらから?」
男性「静岡からです」
岩上「静岡から?どういう思いで来られたんですか?」
男性「うちの県ではガレキを拡散している大臣と」
岩上「細野さん」
男性「再稼働をした牧野がいるもんですから」
岩上「牧野聖修さん」
男性「そうです。選挙区は直接は違うんですけど、何としてもあの二人だけは落としたい。民主党の静岡県選出の衆議院議員は全員が消費税に賛成をしました」
岩上「静岡選出の民主党の衆議院議員はぜんぶ消費税増税に賛成した?」
男性「全員賛成です。離党した人すらいません」
岩上「許せないと?」
男性「全然許せません」
岩上「もう選挙が近いと思われます」
男性「近ければ絶好の機会だと思います。絶対落とします。もう落選運動を必ずやります」
岩上「分かりました。ありがとうございます。

静岡から来たという中年の男性の方でした。地元で細野環境大臣、そして牧野聖修副大臣が選出されています。がれきの拡散を一生懸命おやりになっている細野大臣。再稼働のボタンを押した牧野聖修副大臣に対して許せないと。さらには静岡選出の民主党衆議院議員は全員、消費税増税にも賛成したと。これぜんぶ許せないと。落選運動を展開すると。
たぶん今日は原発の再稼働に対する怒りの声ですけれども、ワンイシューのためにここでは声を上げられませんけれども、多くの人たちが怒りを、そして不安とをお持ちだと思います。
(年収)300万の世帯がいきなり25万円の負担増。給料、可処分所得の1か月分を失ってしまう。全世帯がほぼ同様です。どうやって暮らしを立てていけばいいんだという人たち、事の重要性を分かってない方々もまだいるとおもいますけれども、本当に社会全体が消費不況から恐慌に至りかねない。ものが売れなくなり、失業もでるという本当に厳しい時代がやってくると思います。そういうなか、原発の再稼働を行なわれていると。様々な怒り、不満が鬱積したあげくのこの人々の声だろうと思います。徐々に、徐々に人が増えていっています」



<30:00~ 目黒区在住の42才男性>
20120715115145.jpg (遠方から声が聞こえる)
会社員「野田総理ー!ここが勝負どころだ、原発撤廃を表明しろ!野田総理ー!日本人を見誤るな!野田総理ー!日本人の力を信用しろ!野田総理ー!福島の被災者のことを考えろ!野田総理ー!仕事は作れるぞ!発明できるぞ!日本人の力を信用しろ!野田総理ー!福島を繰り返すな!」

岩上「会社帰りですか?」
男性「会社帰りです」
岩上「お一人で?」
男性「ひとりです」
岩上「今来られたんですか?」
男性「いえ違います。仕事が終わって7時過ぎぐらいに来ました」

岩上「こちらはすごい分断されていたんですけど、ここにいらっしゃるということは官邸前の第一のブロックには入れていたんですか?」
男性「けがをするのも嫌だったですし、先週、危険な状態だったので財務省上でタクシーを降りまして、安全を確保しながら声を上げて、8時を回って、通りが開きましたので、ここで自分の考えを伝えたいなと思って最後まで」
岩上「お一人で?」
男性「そうですね。ひとりで。ただ一人じゃないので、みんな見てるし」
岩上「そうですね」
男性「いつも拝見してますけども。伝わるので。だからこういう状態に今週はなりましたけれども、選挙をやってなるべく早く原発撤廃に。僕も昔は色々考えの変遷はあったんですけれども、こういう事故があって、もう原子力発電の安全はどんな人間でも保障できないという状況になりまして、いままだ福島がああいう収束には程遠い、放射能を毎日撒き散らしている状態で。
本当は民主党がこういう状態なら野田総理が原発撤廃だと言えばビシッとまとまる部分もあるんですが、それにはならない。その行動はとりあえず選挙できっちりとつけるんですが、我々としては毎週金曜日に集まって」

岩上「我々というのは、誰かお友達、仲間がいらっしゃるんですか?」
男性「いや、具体的な友達というよりは原発を撤廃したいと。原発はこの世に必要ないと思っている人」
岩上「すべての人々と自分は連帯していると」
男性「そういう意味ですね」
岩上「行動としては単独かもしれないけど、この場に来た人々。あるいはネットを通じて知り合ったような人々もぜんぶどこかで繋がりあっていると」
男性「そういうことですね」

岩上「そういう思いがあると。ここで一人叫んでる。暗闇の坂を上がってきて、叫んでる声が坂下から聞こえてきたので、近づいてくると真摯な叫び、真摯な訴えをしているということが分かりました。
そうすると、ここで一人ではなく、多くの人と共に声を上げているつもりでいたんだということなんですね」
男性「そうですね。こうやって取材もしていただいていますし、海外のメディアの方も耳を傾けてくれてますし、いま、カメラの前で見ていらっしゃる方もいらっしゃいますし、これは全く無意味ではないと思いますし」
岩上「さっきまでびっくりしてたと思いますよ(笑)これを見ていた人は」
20120715115212.jpg 男性「(笑)そうですか。これは実は2回目で、最初、1ヶ月ぐらい前に、いまここで叫んだ文章を考えまして、デモが終わった翌日土曜日に一人で首相官邸前に来まして、首相官邸前で同じ事をやりました。叫んで、周りの方には伝わったかもしれない。あと警官の方にも伝わったかもしれない。それでまた1票、2票と変わってくると思いますし」

岩上「そっか、そこはやっぱり選挙というのを視野に入れられているんですね」
男性「そうですね」
岩上「今、僕はそのことを非常に重要だと思ってるんですよ。やっぱりここでのコールが有権者というのは、立法府を通じてしか政府に影響を与えられないですから。行政の、この警官もそうですけど、全く以って組織の一員としては冷徹に動きますからね。命令の通りに」
男性「そうですね。本当に怖いと思います」
岩上「ですから、これを変えられるのは立法府の国会議員を通じてしか出来ないので有権者としての自覚がすごく重要」
男性「そうですね。そういった意味では本当に現在の国会議員、また立候補する予定の人は原発に対する姿勢を早く明らかにして、これはこの現場で川田龍平さんにも直接お願いしましたし、自分の選挙区の立候補者にも」
岩上「どちらなんですか?」
男性「僕は目黒区の住民です。そこで駅の前で演説している立候補者の人にも、どうするんですか?と。その言葉を聞いて投票するというふうにしますので、いま現在の国会議員の人たちは原発に対する考えを分かりやすく、速やかに明らかにして下さい。強く思います」
岩上「お名前言えたら」
男性「言えます。正路正久と言います。目黒区在住の42歳、会社員です。個人としてここに来ました」
岩上「分かりました。どうもありがとうございました。お呼び止めいたしまして。続けますか?」
男性「いや、もうこれで一区切りで。また続くと思いますので。どうもありがとうございました」
岩上「拍手が出てますよ。お疲れ様でした」
男性「お疲れ様でした。では帰りますので」







クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1650-36d3c75a
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。