Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アノニマス】グローバル金融資本からアノニマスへのメッセージ『次の標的はシリアのアサド政権を倒すこと』

国際銀行家からアノニマスへのメッセージ


    


ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

<英文>Hello Anonymous,

‪We are the International Bankers.‬

‪We destroyed Libya, stole its natural resources,‬ gold reserves,‪ and pocketed its frozen overseas assets. We ‬chose the new‪ Egyptian Presidency. ‬N‪o nation ‬can ‪break away from our control. All is well according to our "Greater Middle East Project" initiated by George W Bush junior, just after our Iraq intervention in 2003.‬

‪The next step is to dismantle Syria's Assad Regime. ‬

‪We have invited Bassma Kodmani of the Syrian National Council to the Bilderberg conference this year to have her work as our new puppet. We also fund, infiltrate, and manipulate countless organizations, including Wikileaks, Amnesty International, and YOU, Anonymous! ‬

‪Recently Wikileaks released the "Syria file," that you supplied through Operation Syria. That is a good sign that our massive negative campaign against the regime by our Western media partners, such as BBC, Reuters, CNN and Al Jazeera is working quite well. ‬

‪We don't care about democracy. ‬
‪We don't care about freedom. ‬
‪We don't care about Bashar Al-Assad. ‬
‪We only care about our business interest, Money, Power and Control. You will continue to ‪help‪ us achieve our "Greater Middle East project" and ‬we will bring‪ Syria‬ under our control‪.‬‬‬

‪We are Bankers‬
‪We are Bilderbergers‬
‪We are the 1%‬
‪Expect us to manipulate your mind‬
‪Expect us to deceive your heart‬
‪Expect us ‬

<google自動翻訳(若干修正・意訳)>
やあ、アノニマスの諸君、

我々は、国際銀行家である。‬

‪我々はリビアを破壊し、その天然資源、‬金準備‪を盗み、その凍結海外資産を着服した。我々は新しい‬‪エジプトの議長を選んだ。 ‬‪国家‬‪は我々のコントロールから脱却することができない。すべては、ちょうど2003年のイラク介入の後でジョージ·W·ブッシュジュニアによって開始された私たちの"大中東プロジェクト"に準じている。‬

‪次のステップは、シリアのアサド政権を解体することである。 ‬

‪我々はシリア国民評議会のBassma Kodmaniの仕事を保有しており、我々の新しいパペットとして今年、ビルダーバーグ会議に彼女を招待した。我々はまた、Wikileaksやアムネスティ·インターナショナル、そしてを君たちアノニマスを含む無数の組織を操作し資金浸潤する! ‬

‪最近、ウィキリークスが"シリア·ファイル"を発表し、オペレーション・シリアの一環として君たちに供給された。このような、BBC、ロイター、CNN、アルジャジーラなど私たちの西洋メディアパートナーによる政権に対する大規模なネガティブキャンペーンが非常にうまく機能していることは良い兆候だ。 ‬

‪我々は民主主義を気にしない。 ‬
‪私たちは自由を気にしない。 ‬
‪我々はアサドを気にしない。 ‬
‪我々は、事業利益、お金、パワーとコントロールが大事だ。我々は‬‪シリア‬をコントロール下に敷き、君たちは我々の"大中東プロジェクト"に貢献し成功‬をもたらすだろう。

‪我々は銀行家であり、
‪我々はビルダーバーガーであり、‬
‪我々は1%である。

これからも君たちの心を操作する我々に期待してくれ。
これからも君たちの心を欺く我々に期待してくれ。‬
‪我々に期待を。

*アメリカの帝国主義的覇権、内政干渉に対し、物怖じせず毅然とした態度でタブーのない忌憚のない記事を書いていると思われるイランラジオの記事を転載する。

アメリカ・ノースカロライナ州で占拠運動
アメリカ・ノースカロライナ州のシャーロットで、オバマ大統領が大統領選候補としての指名受諾演説を行った際、占拠運動の参加者によるデモが行われました。
IRIB記者の報告によりますと、6日木曜、オバマ大統領の演説が始まると、占拠運動の参加者数百名がデモを行い、オバマ大統領の政策に抗議しました。
オバマ大統領は、6日、民主党の全国大会で、正式に、大統領選候補としての指名を受諾しました。
一方で、占拠運動の参加者は、サイト上にメッセージを寄せ、「グアンタナモ刑務所が閉鎖されていないこと、保健医療制度の整備に真剣さが見られないこと、機密の暗殺者リストが存在すること、好戦的な政策が続けられていること、経済危機の元凶となった人が公平に裁かれていないこと、そしてアメリカ全土で占拠運動の参加者が弾圧されている原因は全て、オバマ政権にあると考えている」としました。
占拠運動の参加者は、3日に渡る民主党大会の間、数回に渡り、デモを実施しました。
こうした中、AP通信は、「この3日間で、警察により、25名が逮捕された」としています。


「アメリカには、イラン核問題に意見を述べる資格はない」
イランのアールハビーブ国連次席大使が、「アメリカは、イラン核問題について意見を述べる資格はない」と語りました。
ファールス通信によりますと、アールハビーブ次席大使は、8月29日の核実験に反対する国際デーに際して開催された国連総会で、「アメリカは、核活動や核政策に関して不名誉な歴史を持っており、イランの平和的な核活動に関して意見を述べる資格はない」と語りました。
また、イランが、核兵器不拡散に関する国際的な取り決めを守っておらず、イランの核活動は、NPT核兵器不拡散条約に違反しているとしたアメリカ代表の表明に対し、「こっけいなことに、世界で初めて、かつ最も多くの核実験を行ってきた国、また世界で唯一、核兵器を使用し、最も多くの核兵器を備蓄している国が、イランに対して根拠のない疑惑を投げかけていることだ」と語りました。
さらに、世界の核兵器廃絶の実現を求めるとともに、「世界は、核戦争の危険を避け、核兵器の存在によって人類が直面している脅威を排除するため、具体的な措置を講じる必要がある」と強調しました。
アールハビーブ次席大使は、シオニスト政権イスラエルは、中東地域で核兵器を保有し、NPTにも加盟していないとし、「この政権に、核兵器の廃絶、NPTへの無条件かつ即時の加盟、そして、核施設に対するIAEA国際原子力機関の監視を受け入れさせるため、圧力をかけるべきだ」と述べました。


9月8日付けのファールス通信では、イラク戦争についての記事『イラク戦争:偽インテリジェンス(CIA)?それとも9.11以前からの計画か?」

Iraq War: False Intelligence or Pre-9/11 Plan?
TEHRAN (FNA)- On Sept. 5, 2012, the US Central Intelligence Agency (CIA) declassified a document with a misleading title, though: Misreading Intentions: Iraq's Reaction to Inspections Created Picture of Deception.

The 2006 review claims the case for the Iraq war was based on a host of falsehoods, all of which came from the US intelligence community's failures in assessing Iraqi weapons programs in the lead-up to the 2003 invasion.

The CIA goes on to claim that such analytic liabilities kept US analysts from seeing the issue through an Iraqi prism and generated findings that helped justify the Iraq war.

However, Paul Pillar, the former CIA Middle East Division Chief, says the CIA stops short of speaking about the pressure the Bush administration exerted on American intelligence services to fabricate their findings to justify the invasion of Iraq.

"The campaign to sell the war moved into high gear before the estimate was ever written," writes Pillar in his Intelligence and US Foreign Policy: Iraq, 9/11, and Misguided Reform.

The latest development has once again revived the debate over the true intentions of the American and British governments behind the invasion of Iraq.
There are many official accounts and historic documents that suggest beyond any doubt whatsoever that the CIA, the MI6, the US and UK governments and the military complex had been planning to invade Iraq long before the 9/11 attacks!

The Iraq war was simply the final stage of the Persian Gulf War, which Bush senior had botched. By 1997, he and a group of like-minded neoconservatives had formed PNAC, a neocon think tank whose primary mission was to launch the second invasion of Iraq.

In 1998 they wrote a letter to President Bill Clinton and on 9/11/2001 they found the excuse. Vice President Dick Cheney had likewise brought eight fellow neocons into key positions in the Bush administration, and they were ready to go - with Congressional authorization!

Cheney's Iraq-War gang all belonged to PNAC or IASPS. IASPS advocated regime change to increase Israeli security, while PNAC focused on Middle East allies, especially Israel.

Although the public evidence from these groups indicates that helping Israel was by far the most important reason for the war, Cheney's oil industry connections indicate that oil was also a central concern. Finally in 2003, George W. Bush and UK Prime Minister Tony Blair joined forces to fabricate the grounds to invade Iraq - and they have never been held to account ever since!

It is interesting to hear what Colonel Larry Wilkerson, the former Chief of Staff for Secretary of State Colin Powell has to say in this respect: "The flimsy thread of evidence presented to the UN on February 5, 2003, by an increasingly chagrined Powell has now been resoundingly debunked. Not one of the claims remains aloft: the aluminum tubes in Iraq were for legal missiles; the desert trailers were hydrogen gas generators; the decontamination vehicles were firefighting equipment; the fabled Yellowcake Uranium from Niger entered the dossier through a 'black ops' mission run through the Italian military intelligence service, SISMI, and the neo-conservatives in the various institutions of US intelligence."

Under international law, Wilkerson's horrifying confessions beg the legal question of whether all these fabrications and lies were also known inside the State Department a year before Vice President Powell went to the United Nations and long before Washington and London went to war? Well, it doesn't take a mathematician to add such a simple sum.

The bottom line: Both the US and UK governments (including Bush and Blair) were advised beforehand that their decision to invade Iraq was blatantly illegal under international law. They invaded nonetheless, and now with CIA's declassified document they are trying to mislead the international community again by falsely arguing that "the Iraq war was legal because it was based on misleading info!"

Sadly enough, the new US and UK administrations are not that different either. By imposing unjustified sanctions on independent states such as Iran and threatening them with war or the rhetoric of "all options are on the table," they equally demonstrate their disdain for international law, universal human rights, and democratic governance.

But they should know that Iran is not Iraq and the 21st-century world is no longer their playground to bully. They have repeatedly been caught red-handed for fabricating lies against Iran and its non-existent threat to global peace and security.

Like their predecessors, they know that they are not telling the truth about Iran and the nature of its nuclear program. They also know that no one will ever buy their fabrications at the United Nations for launching yet another illegal war in the Middle East - however much they might wish the world to believe that they are telling the truth!


(google自動翻訳:修正なし・読みづらい箇所は雰囲気を掴んでください)
イラク戦争:偽Intelligenceまたは同時多発テロ事件以前の計画?

テヘラン(FNA) - 2012年9月5日に、米国中央情報局(CIA)がいますが、誤解を招くようなタイトルを使用して文書を機密解除:誤読意向デセプションの画像を作成した検査へのイラクの反応を。

2006レビューは、イラク戦争の場合は、鉛、2003年のイラク侵攻に核兵器プログラムを評価する上で、米国のインテリジェンスコミュニティの失敗から来た全てが嘘のホストに基づいていたと主張している。

米中央情報局(CIA)は、そのような分析的な負債がイラクプリズムとイラク戦争を正当化する助け、生成された成果によって、この問題を見てから、米国のアナリストを維持していると主張することになります。

しかし、ポールの柱は、CIAがブッシュ政権がイラク侵攻を正当化するために、その結​​果を製造するためにアメリカの諜報機関にかかる圧力について話すの短い停止する元CIA中東部門チーフ言う。

"見積もりはこれまで書かれていた前に、高いギアに移動戦争を販売するキャンペーンは、"彼のインテリジェンスと米国の外交政策の柱はこう書いている:イラク、9月11日、と見当違いの改革。

最新の開発は再びイラク侵攻の背後にアメリカとイギリスの政府の真の意図をめぐる議論を復活させた。
多くの公式アカウントとCIA、MI6は、米国と英国の政府や軍の複合体は、9月11日の攻撃の前に長いイラクを侵略するために計画していたことを全く何の疑いもなく示唆する歴史的な文書があります!

イラク戦争は単にブッシュシニアはしくじった湾岸戦争の最終段階だった。 1997年までに、彼と志を同じくする新保守主義者のグループは、PNAC、主たる使命イラク第二の侵略を起動することであったネオコンのシンクタンクを形成していた。

1998年に彼らは、ビル·クリントン大統領に手紙を書いて、2001年9月11日に彼らは口実を見つけた。チェイニー副大統領は、同様に、ブッシュ政権の要職に8仲間のネオコンを持ってきた、そして、彼らは行く準備ができていた - 議会の承認を得て!

チェイニーのイラク戦争ギャングがすべてPNACまたははIASPに属していた。 IASPは、PNACは、特に中東の同盟国、イスラエルに焦点を当てながら、イスラエルのセキュリティを高めるために、政権交代を主張した。

これらのグループから公的な証拠がイスラエルを支援するとはるかに戦争のための最も重要な理由であったことを示していますが、チェイニーの石油産業の接続は油も中心的な関心事であったことを示している。ついに2003年に、ジョージ·W·ブッシュ大統領と英国のブレア首相はイラクを侵略するために根拠を製造するために力を合わせました - そして、彼らはそれ以来、責任を問われたことがない!

"2003年2月5日に国連に提出された証拠の薄っぺらなスレッドを、ますます悔しパウエルがあります:それは大佐ラリーウィルカーソン、パウエル国務長官のスタッフの元最高経営責任者は、この点で言いたいことを聞くのは興味深いです今resoundingly暴かれていない主張の一つが空中に残っています:イラクでのアルミチューブは、法的なミサイルだった;砂漠のトレーラーは、水素ガス発生であった。除染車は消火設備であった。ニジェールからの伝説的なイエローケーキのウランは 'を通じて書類に入った。ブラックオプスのミッションは、米国諜報機関の様々な機関で、イタリア軍の諜報機関、SISMI、そしてネオコン介して実行されます。 "

国際法の下では、ウィルカーソンのゾッとするような自白は、ワシントンとロンドンが戦争に行く前副大統領パウエルが国連と長期に行く前にすべてのこれらの捏造と嘘も年間国務省内部に知られていたかどうかの法的問題を請う?まあ、それはそのような単純な合計を追加するには、数学者になりません。

ボトムライン:米国と英国政府(ブッシュとブレアを含む)の両方がイラクを侵略する意思決定は、国際法の下で露骨に違法だったことを事前に推奨されていました。彼らは虚偽であると主張することによって再び欺くために国際社会をしようとしているCIAの機密解除文書になりましたそれにもかかわらず侵入し、 "それは誤解を招くような情報に基づいていたため、イラク戦争は合法だった!"

残念なことに、新たな米国と英国の政権はどちらかその違いはありません。イランのような独立した状態に不当な制裁と戦争やのレトリックでそれらを脅して "すべてのオプションはテーブルの上にある"と、彼らは同じように、国際法、普遍的人権、民主的統治のための彼らの軽蔑感を示しています。

しかし、彼らは、イランがイラクと21世紀の世界は、もはやいじめする彼らの遊び場ではないされていないことを知っている必要があります。彼らは繰り返し、イランと世界の平和と安全への非存在の脅威に対して嘘を製造するための現行犯で摘発されている。

前任者と同様に、彼らはイランについての真実とその核プログラムの性質を語っていないことを知っています。しかし、はるかに彼らは真実を語っていることを信じるように世界を望むかもしれない - 彼らはまた、誰も中東でさらに別の違法な戦争を起動するために国連で彼らの捏造を買わないことを知っている!

上記、こんな記事が日本の紙面に載ることはまずない。来週の火曜日が911。日本にとっては喫緊でいえば311から一年とちょうど半年が経つ日でもある。そんな日本ではまさにショック・ドクトリンが始まっている。国際資本の草刈り場となる日本。米国の意のままに操り人形と化し、再び代表選に立候補する自民党野田派の野田のバックには米国がついているので強気。自民党なんざ誰になろうが同様に米国の走狗、誰であれ。マスメディアは総裁選、代表選で誰になるかの政局に踊り狂う。世も末だ。シリア自由軍というほぼ外国人部隊(アルカイダ含む)に武器を渡し、訓練をし、送り出すトルコに対し、シリア政府軍を支援するイランがトルコの武器庫爆発で死者が出たことに対して哀悼の意を表したというニュース。野蛮な国というレッテルを貼られているイランの態度がそれである。イスラエルに引っ張られるように戦争を仕掛ける準備段階とも目され、米国の大統領選のゆくえが注視される。ロムニーは危険だ。だが、他方でオバマにも期待できない。
岩上さんのインタビューにて、首藤議員はオバマ大統領も二期目にようやく自分のやりたい政策をやる意気込みでいるはずで、そのために再選を目指しているのと同様に、と、、、野田を推すような口ぶり。野田を推すというのは正確じゃないだろうけれども、結果として選出された場合の民主党の立場、自分の立ち位置を自己弁護し保険をかけたというほうが正しい。
それにしても、誰がどう見ても、野田なんて国民の多くは望んでいない。
『やるべきことをやってから国民に信を問う』
手前勝手な理屈で、さも正論のように語る。国民は望まないが米国から要求されていることが野田の『やるべきこと』という中身であり、道筋をつけてあとに就く人間も同じ道を歩ませるためのレールを敷いてから『国民に信を問う』。つまりそののち、落選し、民主党解体すると言っているのに等しい。そうして、国民は、国民を無視した野田が米国に頭撫でられつつその任を解かれ、首をすげ替えられた隷属路線堅持の次の首相にバトンタッチさせる。マスメディアとしては自民党に戻ってくれたほうが、既得権益安泰ということで、急にここにきて、連日、自民党国会議員が各局の似非ニュース番組をジャックしている。中身空っぽで反省も新鮮さも何もない相変わらずの上っ面の浅い言葉の連発。官僚と蜜月関係のニュースキャスターは大げさに頭を縦に振って見せ、すっからかんな話の行方を真剣に聞くふりをしているサル芝居に必死だ。
変わらなければいけない大事な時期にさしかかり、国民は覚醒しつつあるのに、連中こそが何ひとつ変わっていない。記者クラブ制度という談合カルテル組織こそ新規参入を認めない一番の腐敗した組織。しかも戦後以降、今に至るまで一度も。どんな小さな他業界でも新規参入のない組織なんてない。その影響下、支配下にある国民。マニュピレートする側からは好都合な子羊状態の日本国民。赤ずきんちゃんの狼が米国か。でも、それも正しくない。直接、手を下すのは日本人だからだ。米国は属国である日本の偽装独立国として対峙するとき、いつもの常套句として得意の決め台詞がある。
『それはあなた方が決めることだ』
裏で脅し賺しいたぶった挙句、慮れと言わんばかりに、アンダーテーブルでドツき、オンザテーブルでは笑顔で握手。

イラン外務省、トルコの武器庫爆発で哀悼の意
イラン外務省のメフマーンパラスト報道官が、トルコの武器庫の爆発で死亡した人々の遺族に哀悼の意を表しました。
IRIBの報告によりますと、メフマーンパラスト報道官は6日木曜、トルコのアフヨンカラヒサルにある軍の武器庫で爆発が生じ、市民数名が死傷した事故に対し、政府と国民に哀悼の意を表しました。
メフマーンパラスト報道官はさらに、ガザ地区の住民数名の死傷、ベイトハーヌーンなどの地区への侵略といったシオニスト政権イスラエルの犯罪についても非難しました。
メフマーンパラスト報道官は、殉教者の遺族に哀悼の意を示すと共に、「イランは非同盟諸国の今期議長国として、国連の傘下にあるすべての国際機関にパレスチナ人に対して自らの責任を果たし、シオニストのガザ地区への侵略や犯罪行為を非難するとともに、それが二度と繰り返されることのないよう行動するよう期待する」としました。
また、バーレーンの政治囚の禁固刑の判決に強い懸念を示し、この判決はバーレーンの人々の平和的なデモの弾圧という無意味な誤った政策の継続だとしました。
さらに、バーレーンでの明らかな人権侵害について触れ、同国の政府に人々の基本的権利を守るよう呼びかけ、「イランはバーレーン問題の唯一の解決策、この国に治安を取り戻す唯一の方法は、人々の合法的な要求に責任を持って答えることだと考えている」と語りました。



日本の独立、自立した国家、国民生活が第一の政治の達成の足を引っ張る最大の主犯格はどう考えても間違いなく記者クラブメディアだ。NHKからテレ東まで、そして読売から産経まで、国民に寄り添っているふりをしながら、嘲笑って高見から国民を見下ろし、世論誘導をしている仲間の連中に間違いない。

◆自由シリア軍アル・カシルの病院爆破準備の映像→
動画より「自由シリア軍アル・ファルク部隊がアル・カシルのアル・ワタニ病院を爆破させる。テロリストたちは誘拐した人々を使って通路を掘らせた。彼らは犯行を認め今後も人々を殺害すると述べる」
◆自由シリア軍アルファルク部隊によるアルワタニ病院の爆破→
 動画「2012年9月3日 ホムス郊外アルカシルのアルワタニ病院の破壊。アルファルク部隊が犯行を認めるビデオを流していた」
◆イドリブのシリア軍キャンプに対する自爆テロ直前のアルカイダ戦士→
 「このテロリストは自由シリア軍のアル・ナセル部隊を介してトルコ国境からシリア領土内に入った」
彼の服装は軍の迷彩服にヘルメット。山本さん殺害は本当にシリア軍だったのかという当然の疑問。

戦争へと煽りまくり自分で火をつけ、ボロ儲けする死の商人:軍需産業。

米軍需産業「イラン核危機」で大もうけ [春名幹男「国際情報を読む」]
日々坦々資料ブログ様http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-6821.html
米軍需産業「イラン核危機」で大もうけ
[春名幹男「国際情報を読む」]
(日刊ゲンダイ2012/9/6)

米大統領選を前にまた、イランの核兵器開発危機がイスラエルで高まっている。
例えばイスラエル有力紙イディオト・アハロノト。イスラエルのネタニヤフ首相とバラク国防相は米大統領選前にイラン核施設の攻撃を計画しているが、イスラエル政府内の反対で実行できないでいる、と報じた。もちろんオバマ米大統領も対イラン攻撃に反対。8月初めイスラエルを訪問したパネッタ米国防長官はネタニヤフ首相に自重を促した。
だが、記者団の前で首相は「平和解決は時間切れになりそうだ……制裁も外交も効果がない」とオバマ政権の外交を露骨に批判した。
実はオバマ氏の対抗馬、共和党のロムニー大統領候補はネタニヤフ氏の旧友。2人で画策してイランに対する挑発を企て、戦争が勃発すれば、「オバマ陣営は虚を突かれて、ロムニー候補が勝利する」という恐ろしいシナリオまで作られているという噂もある。
しかし、問題はイランの核兵器開発が進展したという証拠が全く確認されていないこと。米国家情報会議もイランは核兵器開発を「2003年に停止した」とする5年前の国家情報評価(NIE)をなお改定していない。イラン国内でも核兵器開発の是非をめぐる論議は未決着、ともいわれる。
イランの核開発で恐怖に駆られているのはイスラエルだけではない。ペルシャ湾岸のアラブ諸国の間でも、「イランの脅威」で軍備増強熱が急速に高まっている。
米議会調査局(CRS)の報告書によるとサウジアラビアはF15戦闘機154機に弾薬、ミサイル、攻撃用ヘリコプターなどを加えて計334億ドル(約2兆6000億円)、アラブ首長国連邦は高性能レーダーを含めた弾道ミサイル防衛システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)など44億ドル、オマーンはF16戦闘機18機で14億ドルもの巨額の武器輸入を決めた。もちろん、購入先は米国だ。
その結果、2011年の米国の武器輸出は前年比3倍以上の663億ドルとなり、空前の規模に達した。同年の世界全体の武器輸出総額853億ドルの実に約80%を米国が占め、2位ロシア(48億ドル)を大幅に引き離した。
武器輸出の急増はイラン核開発情報のおかげ。米軍需産業が裏で危機をあおっている可能性がある。

◇春名幹男 早大客員教授。1946年、京都市生まれ。大阪外大卒。共同通信ワシントン支局長、特別編集委員を経て現職。95年ボーン・上田記念国際記者賞受賞。「秘密のファイル―CIAの対日工作」など著書多数。



孫崎さんがおっしゃっていたが、実は米国が世界中で起こしている紛争、戦争をやめれば世界は平和になり、経済は安定し人々は繁栄するという、そういうデータを調べた学者がいることを明かしている。第二次世界大戦から911の前までの間、実はテロは減少傾向にあったというのだ。つまり、逆を返せば減少傾向にあった『テロ』を米国自らが作り出し、『テロとの戦い』によって米国の軍産複合体がボロ儲けするという仕掛けになっているというわけだ。揉めたほうが商売になるのは、日本の尖閣に対する米国の対応を見ていても分かる。そして福島原発事故ショックドクトリン。特区で外資参入お試し期間。その後、TPPにて全国区への目論見。郵政の簡保、郵貯、そして共済をいただく。知財分野でもジェネリック薬品値段高騰によって国民健康保険制度枠縮小、実質崩壊。国民の声明と健康と財産を捧げる野田佳彦率いる民主党は犯罪者集団ともいえる。しかし最も犯罪的なのは、我々からは姿なき政治家を狡猾に操る悪辣な官僚たち。日本沈没?しったこっちゃない。我が身安泰なら国民なんてどうなってもいい。そんな連中が今、日本を、国民を潰そうとしている。


クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1716-88fad10b
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。