Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【戦後史の正体】NHK洗脳ドラマ『負けて、勝つ』のウソ~孫崎享氏「歴史を見れば、吉田茂、本質従米以外の何者でもない。 今日日本の政治の醜さの原型は吉田」


(マッド・アマノのパロディー・ブログより『吉田茂は“マッカーサーのペット”だった』)


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ








吉田茂:NHKドラマ吉田茂の「負けて勝つ」。
本当か!
歴史を見れば、吉田茂、本質従米以外の何者でもない。
今日日本の政治の醜さの原型は吉田首相に。
占領下米国隷従の吉田首相が独立後も政権を担ったのが日本の悲劇。
かつ池田勇人等吉田学校とか言ってその後の政治家も継承。
米国隷属の権化を英雄に仕立てようとするNHKドラマは何を意図?
番組偶然でない。
野田首相はTPPやオスプレイ等で全くの隷属。
その時期にこの番組。
という訳で、見る時の手引き書を作成
  • ①占領軍の性格を正確に伝えているか。降伏文書は「日本はポツダム宣言実施のため、連合国総司令官に要求された全命令を出し行動とる事を約束する」、
  • ②吉田首相の基本姿勢は『鯉はまな板の上にのせられてからは、庖丁をあてられてもびくともしない。あの調子』。それを知らせているか。
  • ③マッカーサーは「軍事占領は、一方はドレイになり、他方はその主人の役を演じ始める」と述べ、吉田を含め日本側をドレイに見てたことを知らせているか
  • ④吉田茂はGHQの情報部門の代表者ウィロビーの宿舎に夜こそこそ出かけ指示を仰いでおたことを報じているか、
  • ⑤占領直後、米国は日本の経済を徹底的に破壊する姿勢を示したが、その時吉田はどうしていたか、
  • ⑥米国の対日政策が変更したのは冷戦が深刻化し、米国が日本利用決定し対日経済政策変更、これを単に吉田の業績としてないか、
  • ⑦吉田首相の最大の問題は安全保障で日米安保条約に署名したこと。ダレスは「我々が望むだけの軍隊を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利を確保する、それが米国の目標」。吉田首相はこれにどう抵抗したか、またダレスは米紙に「米国は日本を守る義務をもっていない。」と書いているが、これに吉田首相はどう対応したか」
:皮肉なことにNHK放映、「戦後史の正体」ベストセラーになる真っ最中。「戦後史の正体」の多くの読者は「この番組何」と厳しい評価を下すだろう。

紹介:嘉藤亥一郎 NHK吉田茂の「負けて勝つ」:NHKこの時期民主や自民の代表・総裁選,もしかしたら選挙もと,ここでB層にしっかりと「アメリカ第一」を刷り込もうとした。ところが「戦後史の正体」と言う思わぬ強敵が現れ,却って「権力の犬:NHK」が判明。非難轟轟となるだろう。

NHK・吉田茂:第一回を見た。
終戦を描くなら、9月2日降伏署名と重光の役割は不可欠。
慰安所描く位なら降伏署名式を描く時間はある。
流石、重光は出せなかった。
対比させちゃ、吉田をとても「戦う男」としてはとても描けない。
以上、孫崎享氏ツイッターより

*NHK土曜ドラマ『負けて、勝つ』吉田茂礼賛洗脳ドラマのヒューマンドラマチックな印象操作ぶりに最後まで我慢して観ることができなかった。『戦後史の正体』で明らかになった吉田茂の対米隷属ぶりこそが孫崎先生曰く、戦後の日本の自立にとって最大の罪だとまで言い切る。それをNHKは抜け抜けと事実とは真逆の印象で視聴者を洗脳する。キャスティングが豪華過ぎて、しかも主役である吉田茂演じる渡辺謙すらかけ離れすぎていて、とんだコメディになっていた。日本人は教育の分野では戦後の近現代史をろくに教わることのなかったなかにおいて、格好の餌食となっている。NHKの視聴料徴収システムからしてその洗脳の罪は相当に重い。
*拙ブログ8月30日記事にて、【戦後史の正体】孫崎享氏<吉田茂:NHKが吉田茂元首相のドラマ番組を、9月8日から5回放送予定~米国相手に”対等に渡り合った”との内容を強調~既存の吉田茂が如何にいい加減か、「戦後史の正体」と比較して下さい。吉田礼賛は従米礼賛>のなかでも好き勝手言わせてもらったが、『負けて、勝つ』を書いたのが坂元裕二という脚本家。ツイッターアカウントは@ebisu5saro ついこの間までタイムラインを読めたが(大したこと書いてなかった)今は非公開にしている。それほど批判が集中したのだろう。NHKも然り。このまま視聴料をほぼ強制的に払わせられるうえに、権力側の情報だけを聞かされ、黙って騙され誘導されていくというお人好しジャパンも、そろそろ終わりにさせなければいけない。国民が黙っていればいるほど彼らはしれっと欺いていく。まさに官僚の都合のいい広報、洗脳機関として官報複合体が一体となって日本人が日本人を洗脳し、誘導し貶めていく。もともと脚本家自体の理解が自分にないのかもしれないが、坂元裕二のWikipediaを見ると、携わった作品などを見て一見した印象は節操が無い。局側の意向やPやDやスポンサーや自分の利益のためだけにピンからキリまで手を付ける何でも屋みたいな履歴。2010年にNHK土曜ドラマで一度仕事をし、2年後の今年、再び依頼を受けたことが見て取れる。しかも嘘八百のデタラメな吉田茂像を捏造し、国民に印象付けるために企画されたものを何の躊躇もなしに受けたと想像。
そのデマドラマ、最後まで観なかったが、「このドラマは歴史の事実に基づくフィクションです」というテロップが映し出されたようだ。「事実に基づく」⇔「フィクション」とは小馬鹿にした感じで笑える。NHKは実際に国民が何の行動も取らないとタカをくくっているようだ。


クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1717-52bcae69
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。