Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【世論操作】NHK「内閣支持率 30%台を回復」のアヤシイ数字と統計学におけるサンプリング数の仕掛け

←約一年9ヶ月前のつぶやき



内閣支持率 30%台を回復
NHK 9月10日 19時23分http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120910/k10014920591000.html
NHKが行った世論調査によりますと、野田内閣を「支持する」と答えた人は、先月より3ポイント上がって31%となり、5か月ぶりに30%台を回復したのに対し、「支持しない」と答えた人は3ポイント下がって53%でした。


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

NHKは、今月7日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象となったのは1623人で、65%に当たる1060人から回答を得ました。
それによりますと、野田内閣を「支持する」と答えた人は、先月より3ポイント上がって31%となり、ことし4月以来、5か月ぶりに30%台を回復しました。
一方、「支持しない」と答えた人は、先月より3ポイント下がって、53%でした。
支持する理由では、▽「ほかの内閣よりよさそうだから」が40%、▽「人柄が信頼できるから」が32%だったのに対し、支持しない理由では、▽「政策に期待が持てないから」が46%、▽「実行力がないから」が26%などとなっています。
次に、政権交代によって、民主党を中心とした政権が発足して3年がたちましたが、3年前の衆議院選挙の結果、政権交代が起きたことの評価を聞いたところ、▽「よかった」が30%で、2年前の調査より28ポイント下がる一方、▽「悪かった」が24%で、2年前より16ポイント上がり、▽「どちらともいえない」が42%でした。
一方、自民党が、消費税率引き上げ法の成立に協力する一方で、消費税率引き上げ法に反対する内容の野田総理大臣に対する問責決議に賛成したことについて、自民党の対応を評価するかどうか聞いたところ、▽「大いに評価する」が3%、▽「ある程度評価する」が20%、▽「あまり評価しない」が39%、▽「まったく評価しない」が31%でした。
また、民主党の代表選挙について、野田総理大臣が民主党の代表に再選されることが望ましいかどうか聞いたところ、▽「望ましい」が32%、▽「望ましくない」が20%、▽「どちらともいえない」が43%でした。
一方、自民党の総裁選挙では、次の衆議院選挙後の政権の枠組みが争点の1つとなる見通しですが、自民党の望ましい連携の在り方を聞いたところ、▽「民主・自民・公明の3党での連携」が17%、▽「大阪維新の会との連携」が16%、▽「どちらともいえない」が57%でした。
大阪市の橋下市長が率いる「大阪維新の会」が結成する新党について、期待するかどうか聞いたところ、▽「大いに期待する」が12%、▽「ある程度期待する」が42%、▽「あまり期待しない」が26%、▽「まったく期待しない」が14%でした。
そのうえで、「大阪維新の会」が結成する新党に、「大いに期待する」と「ある程度期待する」と答えた人に対し、その理由を尋ねたところ、▽「ほかの政党よりよさそうだから」が40%、▽「大阪維新の会のこれまでの活動が評価できるから」が29%、▽「橋下市長が中心の政党だから」が15%でした。
衆議院の解散・総選挙をいつ行うべきかについては、▽「秋の臨時国会を開いて解散すべきだ」が33%、▽「来年1月からの通常国会で早い時期に解散すべきだ」が23%、▽「来年夏の衆議院の任期満了のころまで解散する必要はない」が33%でした。

『統計学』『世論調査』でヒットしたサイトが04年に掲載したものであるが、今でも素晴らしいと思うので転載させていただきたい→『世論調査におけるサンプリング数の決定』
http://www.wound-treatment.jp/next/wound225.htm

医学における統計処理の問題点を考える前に,ちょっと別の各度から統計処理について述べてみたい。

 ご存知の方はご存知と思うが,各種の世論調査はどれも1500~2000人を対称に行っている。そしてなぜか,5000人を対称とした世論調査も,8000人で調べた世論調査も存在しない(はずである)。1億人の意見を調べようとすれば2000人の意見を調べたらもうそれで十分だかららしい。さらに言うと,10万人の意見を調べるのも2000人で十分なのである。

 なぜ2000人でいいかと言うと,そういう計算式と言うか統計処理方法があるからである。これに基づくと,1万人の世論調査に必要なサンプリング数は1300人ほど,10万人で1500人ほどであり,それ以上はいくら母集団が増えてもサンプリング数は1500でよいと言う結果になる。

 必要なサンプル数を算出する根拠となっている数式は次の通りである(出典は2004年に出版された雑誌「サイゾー」のコラム記事。その雑誌は手元にないため,雑誌号数は不明)。
20120912091547.jpg

 これを元に素直に計算してみると,確かに上記のような「10万人以上の集団の世論調査には1500ほどで十分,2000人調べたらお釣りがくる」事がわかる。要するに,母集団の数を増やせば増やすほど,1537に近づくのである。2000人だったら多すぎるほどである。
20120912091611.jpg 
 上記の数式で使われている変数は4つだけだ。このうち,感覚的にも理解できるのはN(母集団の数)だけだ。だが,残りの3つの変数が何ともいかがわしい。
 E(誤差範囲)はいいだろう。これをまず決めておかないと,話が進まない。
 P(想定する調査結果)と言うのは何だ? 何で初めから50%に決めておくんだろう? それなら,最初から変数でなく定数にしておけばいいのに・・・。
 k(信頼度係数=1.96)というのも信頼度を最初から95%にしておくのなら,これも定数じゃないのか?

 上記の「10万人以上の集団なら1500人を調査すればいい」と言う数字は,E = 2.5にした時の数字である。試しにE = 1にしてみると1000人の集団ではサンプル数は835人ほど,10万人では8772人ほどになるはずだ(久しぶりの筆算なんで,間違っている可能性が大きいけれど)。
 要するに,誤差をちょっと変えるだけで,サンプリング数は驚くほど大きく変わってくる。また,P = 50としているため P(100 - P) = 2500 であり,(N-1)/P(100-P) は N の値で一義的に決まってしまう。

 ちなみに,P の値を変えてみると P(100-P) の値は次のようになる。
20120912091636.jpg 
 ということで,上記の式を眺めていれば,N の値が大きくなれば P(100-P) の影響はどんどん小さくなり,式の値が一つの上限値にどんどん近づくことが予想されるはずだ。

 というわけで,サンプリング数を決めるのは上記の式のE(誤差範囲)の取り方一つだということがわかる。このEの値で,上記のサンプリング数はある値に収束するのである。
 Eの値をちょっと大きくすれば「どんな大集団の世論調査でも少ないサンプリング数で十分」となり,Eをちょっと小さくすればすぐに「莫大な数のサンプリング数が必要」になってしまうのだ。「誤差範囲」の2乗に反比例しているのだから当然である。
 ここで (E/k)3 とすれば,誤差範囲の数値が及ぼす影響は,さらに大きくなる。

 となると,この式の分母にある "+1" の意味がわかってくる。この 1 がなければ,k(信頼度係数)より誤差範囲を小さな値にすると「サンプリング数が母集団より大きくなる」と言うマヌケな状況になってしまうので,それを避けるために 1 を足しているんじゃないだろうか(違うかもしれないけど・・・)。この 1 があるおかげで,誤差範囲の値によらず,「サンプリング数は母集団の数より小さくなる」はずだ。
 そうなると今度は,なぜ 1 を足すのか,訳がわからなくなってくる。1.22 でもなく 2.38 でもなく,なぜ 1 なんだろうか。根拠のある 1 なんだろうか。この 1 は 1.0 なんだろうか,1.00 なんだろうか,それとも「大体 1 」なんだろうか。

 こうなると,分母にある N - 1 の 1 も怪しくなってくるぞ。なぜ 1 を引くんだろう? なぜ 1 なんだろう。N が一桁の数字ならこの 1 は意味を持つが,二桁以上の数字になるとこの 1 はどんどん影響がなくなっていく(試しに計算してみてください)。1 を引いても引かなくても,サンプリング数には全く影響がない。N の大きさと無関係に 1 だけ引くなんて,いかにも「この数式には裏付けがあるんです」的な何だか姑息なものを感じちゃうのである。

 だが現実には,この数式を元に世論調査に必要なサンプリング数が決められ,10万人の集団でも10億人の集団でも,調査すべきは1500~2000人となっているのである。最初から誤差2.5%を想定しているから当然である。
 しかも,調べた2000人が母集団の意見を反映するように完全にランダム抽出した2000人だったらいいが,実際には電話調査などの手段が選ばれているため,偏りは避けられないはずだ。要するに「誤差を前提に誤差を重ねる」訳である。

 ところがこの数式は統計学的に正統なものらしい。だから,新聞もテレビもその他のマスコミもそれを元に2000人くらいを調査して,「世論はこうなっています」と発表するわけだ。誤差範囲をたまたま 2.5 にしたから,たまたま1500(2000)という数値になっただけで,誤差範囲をちょっと変えるだけで,必要なサンプリング数は大きく変わるのだが,世論調査の結果だけ見ていると,こういうカラクリが見えてこない。

 こうなってくると,「世論調査が必要だけど,手抜きしたいんだよ。1000人とか2000人くらいの調査で十分だと言う根拠を与えてくれる適当な数式ってないかなぁ」ということから上記の数式が決まったんじゃないか,と勘繰りたくなってくる(こういうのをゲスの勘繰りっていうんだな)。

 統計処理と言うと,いかにも厳密な数学理論と計算によって結果の正誤を判断できる,と信じてしまうが,少なくともこの「世論調査に必要なサンプリング数を求める統計計算」だけはインチキ臭いのである。

 こういう数字のカラクリを見てしまうと,新聞紙面に踊る「小泉政権を指示する人の割合は57.2%と過半数を超えており,国民に支持されている事がわかる」なんて記事がなんだかすごく嘘っぽいのである。



更に、こちらのサイト→『報道監視まとめwiki』<統計でウソをつく法>http://www15.atwiki.jp/houdou/pages/77.html
また、少し前、ツイッター上でNHKの世論調査を外注しているところでアルバイトをした親戚がいるという方からのダイレクトメールがあり、その詳細な内容は明かせないが、それを読むと、どうやらそこにもトリックを仕掛け得る制度的欠陥が見え隠れした。簡単に言うと、一部の人間が数字を操作できるようになっている体制である、ということ。しかし、その外注先が今でもNHKの世論調査を受けているのか否かということについては不明である。
いずれにしても、NHKの世論調査(特に今回の露骨な操作)が世論操作であることは今の政治情勢や社会的風潮からして明白であり、どう考えてもありえないあからさまな恣意的操作の極めて高い数字を出していることは誰の目にも疑う余地のないところ。勿論、その他の仕掛けとして「設問」の仕方や順番によっても回答の傾向が変わることは言うまでもない。それら1000件程度の調査情報であれば、その中身、その過程を開示しなければ、その数字の信憑性はなんら高まることもない。すべての分野に言えることだが、情報の開示は世の趨勢である。個人情報という詭弁も通用しない。
しかし、またそれは今、散々民放等で繰り広げられている『政府広報』という名の露骨なメディア懐柔と同じで、政府という権力側から『買収』行為が堂々と『政府広報』という名を借りて行われているのと同じタイミングで、NHKという官僚の意思、米国側の意思を存分に汲む広報機関が『公共放送』という名を借りて、国民を欺き、洗脳していく点でまさに一致している。日本人が日本人を騙す典型。日本人はおとなしく礼儀正しいという美学、という刷り込みが浸透、そう思い込まされてきた日本国民。例えそうであっても、今声を上げなければ今後、一切国民の意思、声はさらに弾圧、封殺される方向へ進むことは間違いない。彼らは庶民をヒエラルキーに見下しながら、コントロールできるとタカを括っており、その姿勢が続けば、属国ジャパンはまだまだ続く。いまこそが日本人が一般市民の意思を表明し、声をあげなければならない。詰まり【真の民意】を権力側に突きつけなければならない危機的状況下にあり、その重大な分水嶺に差し掛かっている。


クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1720-d0f17451
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。