Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【STOP TPP! モンサントにNO!】GMとうもろこしと発ガン性に関連、マウス実験(AFP)/検査をされたくないモンサントが牛耳るFDA/諸悪の根源である経済至上主義の考えのもと、米経済部局によって生まれた『実質同等性』

script_afpbb_news,http://jss.afpbb.com/sdata/newsdelivery/ameba/js/utf8/9546000/3c3b72df94189a870e03f08b8bce1fd7.js
20120921141358.jpg


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

GMトウモロコシと発がん性に関連、マウス実験 仏政府が調査要請
2012年09月21日 12:10 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2902178/9546114
フランスのNGO「遺伝子操作に関する独立情報研究機関」(CRIIGEN)が公表した、米アグリビジネス大手モンサント(Monsanto)製の遺伝子組み換え(GM)トウモロコシを餌として与えられ、がんを発生したマウス(撮影日不明)。(c)AFP/CRIIGEN

【9月21日 AFP】フランス政府は19日、遺伝子組み換え(GM)トウモロコシと発がんの関連性がマウス実験で示されたとして、保健衛生当局に調査を要請した。欧州連合(EU)圏内での遺伝子組み換えトウモロコシ取引が一時的に停止される可能性も出ている。
 農業、エコロジー、保健の各担当大臣らは、フランス食品環境労働衛生安全庁(ANSES)に対して、マウス実験で示された結果について調査するよう要請したと発表した。3大臣は共同声明で「ANSESの見解によっては該当するトウモロコシの欧州への輸入の緊急停止をも含め、人間および動物の健康を守るために必要なあらゆる措置をとるよう、仏政府からEU当局に要請する」と述べた。
 仏ノルマンディー(Normandy)にあるカーン大学(University of Caen)の研究チームが行ったマウス実験の結果、問題があると指摘されたのは米アグリビジネス大手モンサント(Monsanto)製の遺伝子組み換えトウモロコシ「NK603」系統。同社の除草剤「ラウンドアップ」に対する耐性を持たせるために遺伝子が操作されている。
 仏専門誌「Food and Chemical Toxicology(食品と化学毒性の意)」で発表された論文によると、マウス200匹を用いて行われた実験で、トウモロコシ「NK603」を食べる、もしくは除草剤「ラウンドアップ」と接触したマウスのグループに腫瘍を確認した。2年間(通常のマウスの寿命に相当)という期間にわたって行われた実験は今回がはじめてという。
 がんの発生はメスに多く確認された。開始から14か月目、非GMのエサが与えられ、またラウンドアップ非接触のマウス(対照群)では確認されなかったがんの発生が、一方の実験群のメスのマウスでは10~30%で確認された。さらに24か月目では、対照群でのがん発生率は30%にとどまっていたのに対し、実験群のメスでは50~80%と高い発生率となった。また実験群のメスでは早死も多かった
 一方オスでは、肝臓や皮膚に腫瘍(しゅよう)が発生し、また消化管での異常もみられた。研究を率いた同大のジル・エリック・セラリーニ(Gilles-Eric Seralini)氏は「GM作物と除草剤による健康への長期的な影響が初めて、しかも政府や業界の調査よりも徹底的に調査された。この結果は警戒すべきものだ」と述べている。
 取材に対し、モンサントの仏法人は「このたびの研究結果について現時点ではコメントはできない」と答えた。
 欧州食品安全機関(European Food Safety Agency、EFSA)所属のGM作物に関する委員会は2009年、90日間のマウス実験に基づき、「NK603」は「従来のトウモロコシと同様に安全」との判断を下した。現在、欧州への輸出は可能となっているが、域内での栽培は禁止されている。(c)AFP


映画『モンサントの不自然な食べもの』予告編 サイト→http://www.uplink.co.jp/monsanto/

UPLINKより「遺伝子組み換え作物の健康への危険について追求する姿勢がないことが問題」|『モンサントの不自然な食べもの』ロバン監督が訴える巨大多国籍企業の暴走 - 骰子の眼 - webDICE http://www.webdice.jp/dice/detail/3628/ (一部引用)

問題は、この映画でマリアンスキ博士が語っているように、「実質的同等性の原則」を了解事項とすることによって、いかに巧妙にモンサント社がFDA(アメリカ食品医薬品局)に入って規制を牛耳っているか、ということです。それは科学的なデータに基づいたコンセプトではなく、政治的判断で決めてしまった。
実質的同等性とは、遺伝子組換え食品の安全性を従来の食品と比較することによって判断する考え方です。人類が長い間食べ続けてきて問題ない作物については、遺伝子組み換え作物でも、食べる部分についてその栄養成分組成や内容が従来の農作物と同じであれば、実質的に同じである、ゆえに安全であるという論理です。
この「実質的同等性の原則」により、GM大豆も在来大豆も一緒だと言い切ってしまえば、テストをする必要性をゼロにしてしまう。モンサント社には、検査をしてほしくなかったという思惑があるのです。
(中略)
遺伝子操作が人間の体にどんな結果を及ぼすのか、正確な実験は行われていないのです。確かに、ラットを使った試験は28日間行われましたが、長期スパンではない実験では意味がありません。独立した科学者がもっと試験を行おうとすると、みな職を失ったり団体から外されてしまいます。もしモンサント社が人体に影響がないと確信があるのであれば、当然、ラットの平均的寿命である2年間は、遺伝子組み換え作物の毒性を調べるための試験を行い、いちばん優秀な科学者を雇い、予算を出すはずです。そこでの2年間のテストで白だと証明されれば、モンサント社は潔白だと証明される。しかし彼らはそれを行わなかったのです。

ナチュラルライフ協会のサイトにも「なんと、遺伝子組み換え作物が承認される!?」というページには、様々な遺伝子組み換えについての情報が掲載されており、その中に「実質的同等性」について解説があります。http://www.i2m.co.jp/NaturalLife/index.php?%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E7%B5%84%E3%81%BF%E6%8F%9B%E3%81%88%E4%BD%9C%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%8D%B1%E9%99%BA%E6%80%A7#x01fb90b

アメリカが主張している「実質的同等性」とは、味、色、におい、その他の基本的性質が同等なら、非遺伝子組み換え作物と遺伝子組み換え作物は同等だとみなす考え方です。
これには私は完全に反対です。先にも書いた通り、見た目は同じでも、本来作物に備わっていない遺伝子が導入された時点で、それはその作物ではなくなっていると思います。
このアメリカの「実質的同等性」というのは、90年代、アメリカ経済が低迷している時に、なんとしてもバイオ産業でアメリカ経済を向上しようと企む、経済戦略を練る大統領競争力評議会が打ち出したものなんです。つまり、「実質的同等性」の考え方は、環境や健康の安全性を優先する部局ではなく、経済政策を担当する部局によって作られたわけです。
やっぱり、諸悪の根源は、経済第一主義の考え方です。
一応、93年にアメリカの安全性評価の方法がOECD(経済協力開発機構)の「バイオ食品の安全性評価レポート」に取り入れられて、先進国のガイドラインとなりましたが、これは単なるガイドラインでしかありません。
ガイドラインに強制力はありません。遺伝子組み換え作物を商品化したい企業が、流通する前に申請すれば、安全性の確認作業を行いますよ、という程度のものです。もし、安全性の確認を受けないで流通させても何も罰則はありません。
日本の安全性評価指針もこれと同じです。
もうこれ以上、遺伝子組み換えの毒が日本で蔓延しないように、日本国内における遺伝子組み換え作物の栽培は断固として食い止めなければいけません。

Le monde selon Monsanto


クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1737-16cec558
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。