Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中東・シリア問題】日本の大手マスコミによるシリア関連の虚偽報道&CNNの元記者、米のメディアによる事実歪曲を暴露

CNN 反アサド・シリアやらせ捏造報道のウソの上塗り? #midjp #syrjp

毎日新聞「トルコ政府の「無策」に対する抗議デモが続いている」http://mainichi.jp/select/news/20121005k0000m030068000c.htmlのウソ・東京新聞「政府軍の戦車が国境沿いのテルアビヤッド村を砲撃した際、砲弾がトルコ領に着弾した」http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012100502000149.htmlのウソを指摘する元協力隊TAKAさんのブログ記事↓


    


ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

*元協力隊TAKAの夢を叶える毎日ブログ記事より転載http://ameblo.jp/enholi/entry-11376129567.html

あなたの見ている「情報」は?
テーマ:シリアとイスラムと協力隊

今度、「情報」をテーマに話すことになりました。

10月28日。
京都にて、10時~18時。

もうひとりのゲストがすごい人!!
半農半Xの塩見さん
僕の話はともかく、塩見さんの話を聞き、
参加者と「対話」の場をしにきてほしい☆

そうそう。
「シリアなんて行ってて危なくなかった?」
って質問、よくされます。

んで、僕はいつも「日本の方が数倍治安が悪いです」って言ってました。

が、間違いでした。

「日本の方が、シリアより"50倍"が治安が悪い」です。

さて、以下は友人のFBから。

元協力隊TAKAの夢を叶える毎日-トルコ嘘
【どうしてこれを日本で報道しないの?No.19】
対シリア戦反対デモが、トルコの首都圏でも。
イスタンブールとアンカラにて。
同時に、アメリカがウラでテロ支援することでこの地域で代理戦争が始まることにも抗議。
(2012年10月5日@トルコ・イスタンブール市/アンカラ市)
http://www.youtube.com/watch?v=CREchGTNo0w&feature=share
日本では報道しないどころか、
先日は、「トルコ政府がシリアに弱腰なのを抗議するデモ」という逆の記事にされていた。
【ウソ記事発見 NO.1】
日本の報道の罪はあまりにも重い。
こんなコーナーを作らざるを得ない。
False ウソ) 
毎日新聞はトルコ政府がシリアに弱腰なのを抗議するデモ発生と報道してる
(竹山五右衛門氏のコメント)。

Truth ホント) 
実はトルコの野党を中心とした、
シリアへの戦争に反対するトルコ政府に対するへの抗議デモだ。

近距離から写した写真をみればすぐに分かるではないか!
[1.] 昼間にトルコ共産党(トルコ自体も共和国だが、こちらは野党の方)が
国会議事堂の前でトルコ政府の帝国主義的な外交政策とテロ支援を非難。 
http://www.facebook.com/TurkiyeKomunistPartisi/posts/442297349145591
[2.] 夕方には、ラリー開始。英語で、「Hands off Syria (シリアに手を出すな)」と書いてある。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=433557166680592&set=a.182376168465361.32486.179639655405679&type=1
[3.] トルコ語で、「AKP Elini Suriye Den çek (シリアに手を出すな)」と書いてある。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=433576250012017&set=a.182376168465361.32486.179639655405679&type=1
「トルコ政府の対シリア戦に対する講義デモ(ビデオ)」(Syrian Youths English)
http://www.facebook.com/SyrianTruthEnglish/posts/205231799609568
「トルコ政府の対シリア戦に対する講義デモ」(syria News)
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=289693997812634&set=a.110127495769286.13480.110113882437314&type=1&theater
Photos of demonstrations in #Turkey against the hostile policy of the Justice and Development Party and its orientation towards war
Quoting from the official page of the Turkish Communist Party
(Most likely will not be submitted stations disinformation these facts so please wider dissemination)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=433644736671835&set=a.182376168465361.32486.179639655405679&type=1
【ウソ記事発見 NO.2】

シリア軍がトルコを砲撃??? 
国連総会開催中のタイミングを狙ったワナ。
反政府側の傭兵テロ集団にやらせておきながら、シリアへの軍事介入を急ぐ国々の自作自演。
シリアにはもう、よその国にわざわざ戦争を仕掛ける余裕なんぞない。
国内のテロ掃討に必死なのに。吐き気がする。
False ウソ) 
シリア軍がトルコ南東部に砲撃。
◇もちろん最初から分かっていたことだけど…日本の報道はひどい。
東京新聞なんぞ「政府軍の戦車砲弾がトルコに撃ち込まれた」だって。
迫撃砲弾と戦車砲弾間違えるわけあるか。(中村靖氏のコメント) 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012100401000932.html
(東京新聞2012年10月4日)
◇毎日新聞は「流れ弾」と書いて逃げたが、
「シリア政権による挑発行為」というトルコ首相の声明で締めくくる裏技。 
http://mainichi.jp/select/news/20121004k0000e030171000c.html
(毎日新聞2012年10月4日)
Truth ホント)
 テロリストがシリア軍から盗んだロシア製迫撃砲弾をトルコに撃ち込んだ。
(竹山五右衛門氏のコメント)
◇シリアのジャファリ国連大使による国連での反論声明(ビデオ): 
「真相は現在追及中であるが、これまでの
事実としては、トルコとの国境付近に滞在し、付近を攻撃してきたのは武装テロ集団だった。
また、国境付近はトルコ軍によって警備されており、
その警備の元で起きた事件だということだ。
そこで何が起きていたかは、トルコ側が十分に知っているはずである。
現在に至るまで、そのテロ集団がそこに滞在しているのは周知の事実であるはずだ。」
http://www.firstpost.com/topic/place/syria-syria-did-not-apologize-to-turkey-bashar-al-jaafari-video-iqHzWIcYFVE-15-1.html
◇「反政府軍の傭兵テロリストが砲撃を行う前の儀式の映像 
(生物を殺す前に「アッラーフアクバル(神は偉大だ)」と言う儀式を行わなければと地獄に落ちるという信仰の曲解から) 
http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=351783174914156&id=298382103530912 (Syria 24 English)
【どうしてこれを日本で報道しないの?No.20】

元協力隊TAKAの夢を叶える毎日-オーストラリア
昨日、オーストラリアのシドニーにてアサド大統領支持デモが行われた(2012年10月7日@オーストラリア・シドニー)
プラカードのメッセージ:
◆「Hands off Syria」
   (シリアに手を出すな。) 
◆「Peace in Secular Syria」
   (世俗国家(政教分離)のシリアに平和を。)
◆「Syria is not Tunisia. Syria is not Egypt.」
   (シリアはチュニジアとは違う。シリアはエジプトとは違う。(政権転覆させられた国々))
◆「Syria is Our Nation」
   (シリアは我々の国。)
◆「Bashar is Our Leader」
   (バッシャール(アサド)は我々のリーダー。)
◆「Thanks Russia」
   (ロシアよ、ありがとう。)
◆「Bashar Al Assad Syria&Australia is with you!」
  (アサド大統領、シリアとオーストラリアはあなたのそばにいます!)
◆「Turky Hands off Syria」
  (トルコよ、シリアに手を出すな。)
◆「USA Hands off Syria」
  (アメリカよ、シリアに手を出すな。)
◆「Qatar Hands off Syria」
  (カタールよ、シリアに手を出すな。)
◆「SBS Tell the "Bloody" TRUTH!」
  (SBS(オーストラリアの主要メディア) よ、血だらけの真実を伝えよ!)
◆「ABC Tell the "Bloody" TRUTH!」
  (ABC(オーストラリアの主要メディア) よ、血だらけの真実を伝えよ!)
◆「Western Media Tell the "Bloody" TRUTH!」
  (欧米のメディアよ、血だらけの真実を伝えよ!)
◆「Stop NATO Armageddon」
  (NATOによるアルマゲドンを止めよ。)
◆「Zionism⇒USA⇒Qatar⇒Al Jazeera⇒War Propaganda Crimes」
  (シオニズム⇒アメリカ⇒カタール⇒アルジャジーラTV⇒戦争のプロパガンダが作り出され犯罪に至っている)
◆「Good Luck, Thank you, Hugo Chabes」
   (グッドラック。ありがとう、チャべス大統領(ベネズエラ)」
◆「Keep Away Free Syrian Army」
  (自由シリア軍(反政府反乱軍)よ、どっか行け。)
◆「NATO have killed 5.6 Million Afghans」
  (NATOは、5,6百万人のアフガニスタン人を殺してきた。)
◆「Thanks Telesur, PressTV, RT, Global Research」
(ありがとう、Telesur局(ベネズエラ)よ、PressTV局(イラン)よ、RT局(ロシア)よ、Global Research紙(カナダ)よ。
  -西側の利害に絡まずにシリアの真実を報道してきているメディアたち)
◆「Down with Fascism in Turkey」
  (トルコのファシズムを打ち倒せ。) 
◆「We Say NO to Foreign Intervention to Syria」
  (シリアへの介入にNOを。)
http://www.presstv.ir/detail/2012/10/07/265458/australians-rally-to-support-assad/
【CNNの元記者、米のメディアによる事実歪曲を暴露】
CNNの元記者アンバー・リヨン(Amber Lyon)氏が、アメリカのメディアは
イランやシリアの現実を捻じ曲げていることを明らかにしました。
 
イルナー通信によりますと、CNNのプロパガンダ政策に抗議した理由で、
解雇されたリヨン氏は、5日金曜、ロシアのテレビ・ロシアトゥデイのインタビューに応じ、
「アメリカのメディアは、通常、イランやロシアといった国に対するイメージダウンを図っている」としました。
リヨン氏はまた、「アメリカのメディアは、バーレーンとサウジアラビアの非人道的な犯罪に目をつぶっている」とし、
「アメリカの代表的なメディアは、盲目にアメリカ政府の政策に追従している」と語りました。
さらに、
「アメリカのメディアは自らの目標を追求し、中東地域諸国の現実を隠蔽している」とし、
「遺憾なことに、アメリカの各テレビは、イランやシリアに関する偽りの報道により、
視聴者たちに恐怖を抱かせている」
と述べました。
バーレーン政権の妨害にも拘わらず、バーレーンの状況についてドキュメンタリー映画を製作したリヨン氏は、
この映像がCNNにより放映されなかったことに不満の意を表明しています。
同氏はまた、この映像は、バーレーンの複数の村落における同国の
治安部隊の犯罪や革命家たちの銃殺の様子を映し出したものであるが、
バーレーン政府がCNNに裏金を払ったため、放映されなかった」としました。
又、「残念ながら、アメリカのメディアの多くが、独裁者を賞賛し、
彼らの注文による番組を制作している」と語りました。
http://japanese.irib.ir//news/latest-news/item/32278-%EF%BD%83%EF%BD%8E%EF%BD%8E%E3%81%AE%E5%85%83%E8%A8%98%E8%80%85%E3%80%81%E7%B1%B3%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%BA%8B%E5%AE%9F%E6%AD%AA%E6%9B%B2%E3%82%92%E6%9A%B4%E9%9C%B2?fb_action_ids=350526791707104&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582







CNNの元記者アンバー・リヨン(Amber Lyon)氏が、アメリカのメディアはイランやシリアの現実を捻じ曲げていることを明らかにしました。
2012/10/08イランラジオ
イルナー通信によりますと、CNNのプロパガンダ政策に抗議した理由で、解雇されたリヨン氏は、5日金曜、ロシアのテレビ・ロシアトゥデイのインタビューに応じ、「アメリカのメディアは、通常、イランやロシアといった国に対するイメージダウンを図っている」としました。
リヨン氏はまた、「アメリカのメディアは、バーレーンとサウジアラビアの非人道的な犯罪に目をつぶっている」とし、「アメリカの代表的なメディアは、盲目にアメリカ政府の政策に追従している」と語りました。
さらに、「アメリカのメディアは自らの目標を追求し、中東地域諸国の現実を隠蔽している」とし、「遺憾なことに、アメリカの各テレビは、イランやシリアに関する偽りの報道により、視聴者たちに恐怖を抱かせている」と述べました。
バーレーン政権の妨害にも拘わらず、バーレーンの状況についてドキュメンタリー映画を製作したリヨン氏は、この映像がCNNにより放映されなかったことに不満の意を表明しています。
同氏はまた、この映像は、バーレーンの複数の村落における同国の治安部隊の犯罪や革命家たちの銃殺の様子を映し出したものであるが、バーレーン政府がCNNに裏金を払ったため、放映されなかった」としました。
又、「残念ながら、アメリカのメディアの多くが、独裁者を賞賛し、彼らの注文による番組を制作している」と語りました。


►ROCKWAY EXPRESS トルコのグレートゲームに注意http://t.co/K5nRU5Pu 「シリアの反乱勢力側が、あるいは反乱勢力に同情的な者たちが、トルコとその同盟国側に反撃を挑発するために慎重に仕組んだ謀略としてトルコ側への射撃をしたという可能性」←偽旗作戦。 posted at 22:17:46

►ROCKWAY EXPRESS シリア情勢:アレッポで政府軍は強化、反乱側は供給路を絶たれ孤立 http://t.co/kfqeysgY ←なぜ偽旗作戦の可能性があるのかという理由がこれで推測できる。逆に言うとrockway記事のようにシリアがトルコを砲撃する合理的な理由がない。 posted at 22:22:21

►シリア軍の砲撃で住民が殺されたとしてトルコ軍はシリアの軍事施設を攻撃しているが、本当の目的は反シリア軍の活動を支援することにあるのではないかという推測も:櫻井ジャーナル http://t.co/QQ3hSbCs posted at 22:25:41

►「イスラエルではイギリスとカタールの特殊部隊がシリアへ潜入」「アメリカ、イギリス、フランス、ヨルダン、トルコの特殊部隊が入っているという推測」「電子的な情報活動はドイツとイギリス」http://t.co/QQ3hSbCs posted at 22:26:07

►昨年の春からシリアの体制を転覆させるため、事実上の軍事介入をしているトルコがシリアを砲撃する口実にしているシリアからの砲撃はFSAが実行したという報道http://t.co/3oEKL4Ia 「トルコ領内を砲撃、住民5名を死亡させたのはFSA(反シリア政府軍)だとドイツZDF」 posted at 22:28:00

►「トルコは昨年春からシリアに軍事介入している。トルコ領内にある米空軍インシルリク基地でアメリカの情報機関員や特殊部隊員、あるいはイギリスとフランスの特殊部隊員がFSA(シリア自由軍)を訓練、トルコ政府はシリアを攻撃する拠点も提供」http://t.co/3oEKL4Ia posted at 22:29:14




クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
2011.12.20よりツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
大変そうなので勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1756-b3cbe156
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。