Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


【陸山会裁判】26日の上告期限を待たずに、大室、村本、山本の3指定弁護士は上告を断念し、上訴権放棄する模様。

村本道夫(左) 大室俊三(中) 山本健一(右)
20121116204139.jpg20121116204211.jpg20121116204302.jpg
だいたいが控訴したこと自体がおかしい。小沢一郎氏を座敷牢に入れておく政治的目的があったと「推認」される。今後の徹底的な検証を、制度の問題とは別に、追及することが求められる。


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

小沢氏無罪、上告断念へ…指定弁護士19日にも
(2012年11月16日14時32分 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121116-OYT1T00754.htm
 資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われ、1、2審とも無罪となった小沢一郎・「国民の生活が第一」代表(70)について、検察官役の指定弁護士は上告を断念する方針を固めた。
 19日の協議で最終決定する。
 上告期限は26日だが、上告を断念した場合、指定弁護士は直ちに上訴権放棄を東京高裁に申し立てる方針で、代表の無罪が確定する。
 高裁判決は「代表には虚偽記入の認識がなかった可能性がある」として、石川知裕衆院議員(39)(1審有罪、控訴)ら元秘書との共謀を否定。東京地裁の無罪判決を支持し、指定弁護士の控訴を棄却した。
 指定弁護士3人は14日、上告するかどうかを協議。主任格の大室俊三弁護士によると、高裁判決に憲法違反や判例違反がなければ、上告を断念することを決めた。大室弁護士は16日午前、取材に対し、「明確な判例違反などを見いだすのは難しいだろう。高裁の認定には不服だが、事実誤認を上告理由とするのも適切ではない」と話した。

陸山会事件:小沢氏の無罪確定へ 指定弁護士が上告断念か
毎日新聞 2012年11月16日 15時00分 http://mainichi.jp/select/news/20121116k0000e040193000c.html
 資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記載)で強制起訴された「国民の生活が第一」代表、小沢一郎被告(70)を再び無罪とした12日の東京高裁(小川正持裁判長)の判決について、検察官役の指定弁護士3人は最高裁への上告を断念する方針を固めた模様だ。上訴権を放棄することも検討しており、放棄した場合は上告期限の26日を待たずに、小沢代表の無罪が確定することになる。19日に協議して最終決定する。

 指定弁護士の1人は「高裁判決の中に上告理由となる憲法違反や判例違反などを見つけることが難しい」と話している。総選挙を控えた小沢代表の政治的立場にも配慮が必要との声もあるとみられる。【鈴木一生】



クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
ツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
勝手にご紹介⇒登録サイト20111227123951.jpg
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1803-5e86a2e4
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費