Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4,28は屈辱の日】2013.4.25 モーニングバードそもそも総研たまペディア「4.28主権回復の日って何?」~沖縄が主権を剥奪された日

2013年4月25日放送 モーニングバードそもそも総研たまペディア「4.28主権回復の日って何?」


赤江「政府が今週日曜日に開催する主権回復の日の式典についてですね。玉川さん」

玉川徹氏「主権回復の日、政府が主催で式典をするんですけども、なぜ今。これ、なぜ今かというと、この4.28というのは1952年のサンフランシスコ平和条約の発効の日なんですね。61年経って、なぜ今なのかというふうなところを見ていくと、色々な疑問が出てくるというようなことでお伝えしたいと思います」


    


ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ
2013.4.25モーニングバードそもそも総研たまペディア 主権回復の日って何?

玉川「そもそも、今度の日曜日は“主権回復の日”知ってました?」

羽鳥「最近の報道で」

玉川「知らない人も多いと思うんですよ。“主権回復の日”なんなんだろう?というふうなことが今日のテーマですね。先月12日に閣議決定されました。何かというと、今度の日曜日、主権回復・国際社会復帰を記念する式典を政府が主催して開催するということなんですが、そもそも4月28日ってどんな日なんだろうということで、ちょっとこちらを見ていただきたいんですが、実は1952年、今から61年前の4月28日に、サンフランシスコ平和条約。これが日本が連合国と戦争してました。日本は負けましたね。日本が連合国に対して戦争はこれで終わりにしますよと。もうこれで戦争終結ですというのが平和条約なんですけども、占領から独立した日ということになってます。

はい、出してください。
Image 1 

これ、一方でなんですけども、実はこの日、同じ4月28日に、沖縄・奄美・小笠原は、日本から切り離されて、アメリカの施政権下に移りました。若い人だとご存じないと思いますけど、この1952年以降、このあと沖縄に行くにはずっとパスポートが必要だったんです。日本は」

羽鳥「そうですね」

玉川「日本じゃなかったんですね。切り離された。じゃあ、いつ日本へ戻ってきたんだ。はい、出してください。奄美・小笠原と続いて沖縄が帰ってきたのは、20年後なんですね。
Image 3 

20年間、沖縄はアメリカの施政権下に置かれたということで、この間に基地の集中とか、そういうこともあり、沖縄の人たちは大変苦しんだんだという。佐藤栄作総理の時に日本に帰ってきたということなんですけど。

これ、考えてみると、色々問題があって、沖縄の人たちにとっては主権回復に日じゃなくて、屈辱の日だという話になってるんですね。
Image 4 

そもそもなぜ61年経って、今までやってなかったんです。なぜ急に始めてやることになったんだろうと。実は選挙公約なんですよ。自民党の。はい、これを見てください。
Image 5 

先の選挙の選挙公約なんですが、4月28日を主権回復の日として『祝う』式典だと。お祝いしますよということが選挙公約で、これで、この公約を守るということで式典が行われるということなんですが、これいったいどうなんだろうということで、私、自民党の国場議員にお話を伺いました。

国場議員は実は沖縄選出なんですね。自民党の議員に対して、政府、それから自民党の人たちは、どういう説明を受けてるんだろうということで伺ってます。VTR」

<VTR開始>

玉川「なぜ今年になって、主権回復の日をすることになったんだと。なぜこれを今年やるんだということなんですが、これはどういう説明になってるんでしょうか?」

国場議員「自由民主党の全議員会議というものが党本部で開催されまして、そのなかで、野田毅先生が今年というわけではなくて、かねてから、この日こそ日本が主権を回復して独立国として、西側陣営の一員として歩んできた日なんだと。ところが、その日というのが多くの国民から忘れ去られてきていると、危機感をいだいていたわけですね。
Image 6 

ですから、今に続く様々な戦後の矛盾や問題点や、そして可能性というものも、この日を景気として始まっている点が多々あるということで、この日を忘れてはいけないという自由民主党としての長年の取り組みが会ったと説明がありました」

<ナレーション:しかし、沖縄、奄美、小笠原にとって4月28日は日本から切り離され、アメリカの施政権下に置かれた日でもある。この日をなぜ主権回復の日とするのか?安倍総理は>

安倍「沖縄そして奄美、小笠原については、これは残念ながら、一緒に施政権を回復することは出来なかったのでありますが、しかしそれは、占領下がそれを認めなければ、その後もずっと占領下がまるごと続いていくということになるわけであります。まずはなんとか我々は占領下から主権を回復をして、その後、この沖縄についても小笠原についても奄美についても、なんとか日本に返ってこれるように、交渉力を持って米国と交渉するということでありました。この4月28日は、そうした意味において、沖縄返還あるいは奄美、小笠原に向けての、まずは第一歩を記したということではないかと。このように思うわけであります」

<ナレーション:4月28日は、返還への第一歩にもなったと述べた安倍総理。しかし、沖縄選出の国場議員は、全議員に配られた式典の案内状を見て、困惑していると言う。
Image 7 

国場「案内状には、『我が国の完全な主権回復及び国際社会への復帰』というふうな表現があるんですが、そうであれば、すべての日本国民が喜んでもらえる日を心の主権回復の日とすべきだと思っているんですね」

玉川「だとすれば、沖縄が復帰した日ではないんですか?」

国場「おっしゃるとおりです。私は、本当におっしゃるとおりで、1972年の5月15日、この日こそ、本来の日本の真の主権回復の日であるべきだと私は考えております。ですから、この案内状ひとつとってみても、沖縄に対する配慮とか、奄美とか小笠原は、あくまでもサンフランシスコ講和が発効された日であるとか、そういう歴史の節目であれば、かまわないと思うんですけども、いかにも国民全体がお祝いであるようなニュアンスの表現を使うというのは、適切ではないと考えております」

<VTR終了>

玉川「ということで、第一歩を記したというのは、そのとおりだと思いますけど、じゃあ完全な主権回復かと言われるとというところなんですよね。あわせて聞きました。国場議員に。式典に出席するんですか?と。VTR」
Image 8 

<VTR開始>

玉川「国場さんは、この式典には出席されるんですか?」

国場「はい。あの・・・正直言って、まだ悩んでおります」

玉川「本来、締め切りなんて過ぎてるんじゃないですか?式典に出席するかどうかの」

国場「締め切りは過ぎてますけどね」

玉川「でもまだ悩んでると?」

国場「まだ悩んでます。事務居菊に問い合わせましたら、私は、早い段階で、これはお祝いじゃないんですよね?と。ところが、当初は祝辞という言葉が使われていたんですね。それが挨拶に途中で切り替わったんですけども、あとは万歳三唱はしませんよねとか、これしないんですけれどもね。しかし、残念ながら、このような『完全なる』という表現を使われてますので、どうしたらいいのかなということが、今も悩んでますね」

<VTR終了>

玉川「昨日の時点でも、まだ悩んでいらっしゃるということなんですね」

羽鳥「やっぱり配慮ですよね」

玉川「配慮というか、国場議員は沖縄で生まれ育ってますから、感情としてよく分かってるというか。沖縄の人なんですよ。国場議員は。だから、完全な主権回復と言われると、お祝いと言われるとというところなんですが。

なぜ沖縄は怒っているのかというのを前泊さん。沖縄国際大学の前泊教授にも伺ってます。VTR」

<VTR開始>

玉川「沖縄の人たちは、なぜこの主権回復の日式典をやるということに対して怒ってるんですか?」

前泊氏「つまり、これは4.28ですから、沖縄が切り離されて、ある意味切り捨てられた日。沖縄が主権を剥奪された日です。
Image 9 

その日に主権回復というのは、どういうことか。つまり小笠原や沖縄を切り離した上で成り立ったその講和条約。発効の日が主権回復というのであれば、沖縄と小笠原は日本ではないということを宣言されることになるんです。

これは沖縄にとっては非常に複雑ですね。これは、沖縄は独立しろと言ってるのかと。あるいは、日本ではないということを明確に日本側が主張するということになるのか。今の政権がですよ。これは大変なことになる。

この先、もし主権回復の日と指定されて、式典が行われるということは、国際社会に対してもそのことが主張されますから、沖縄と小笠原は日本ではないということを国際社会に打ち出すことになるのではないか。そういう議論すら、沖縄のなかでは起こってますね。

『日本人ではないです』と言われて、『日本ではないです』といわれる側は、どんな思いをしますか?こういうことに対して思いを馳せていない。そういう政治家が増えてしまったということですね」

<VTR終了>

玉川「これはまさに、思いを馳せてないというところをおっしゃって頂いたんですが、じゃあ、過去はどうだったんだろうと。自民党の有力政治家といわれる人たちは。これVTRにしてますので、VTR」

<VTR開始>

前泊「沖縄に非常にかかわりの深い人たち、佐藤さんもそうですし、沖縄の返還なくして日本の戦後は終わらないという発言があります」
Image 10 

Image 11 

前泊「講和条約で切り捨てられたその沖縄が主権を持っている日本に戻ってくること。そうでなければ戦後は終わりませんよと。本来の講和は、そこから初めて始まるんじゃないかというようなことを佐藤総理が提起してるわけですね」

<ナレーション:前泊氏によれば、その後も歴代自民党の政治家たちは、沖縄への配慮をにじませる発言をしてきたという。彼らはいったい何を語っていたのか?>

前泊「橋本龍太郎さん、梶山静六さん、それから小渕さん、それから野中広務さん。こういった沖縄とかかわってきた政治家たち。彼らは口を揃えて言ってるのは、『沖縄問題をしっかり解決しないと日本の戦後は終わらない』ということを言っていますね。

Image 12 

Image 13 

Image 14 

Image 15 

前泊「1952年の4月28日というのは、主権回復の日ではなくて、まだ一部の主権は回復するけれども、完全な状態ではないということになりますね。そういうことが保守政権のなかで強く認識されてきた。それから自民党のなかでも強く認識をされていたので、4.28については、ことさらにむしろ取り上げることがなかったと思います」

<VTR終了>

玉川「ということなんです。ところが、さっき国会議員に対する招待状に『完全な主権回復』と」

羽鳥「完全な、はやはりちょっと問題ですよね」

玉川「それは招待状だけなのかと思ったら、そうじゃなくて、これ閣議決定の中身なんですけど。この閣議決定の中身にも、『日本国との平和条約の発効による我が国の「完全な主権回復」及び国際社会復帰60年の節目』と。閣議決定でも『完全な主権回復』って書いてあるんですよ。
Image 16 

赤江「沖縄が怒るのは当然なんですけども。なぜ今ここまでして沖縄の怒りをこんなに買ってまで」

玉川「そう思うでしょ。そこを分析して頂きました。まずは前泊さんです。VTR」

<VTR開始>

玉川「なぜ今4.28を国として式典をやるということになったんでしょうね?」

前泊「つまり歴史をおそらく自分たちの都合のいい歴史に塗り替えたいと思ったのではないかと思うんですね。対米従属だというふうによく批判をされます。
Image 17 

自民党のなかで実際には地位協定を改定しようということも出来ない。
Image 18 

安保条約についても対米追従のままと。
Image 19 

であれば、どうするかというと、それはもう、とりあえずフタをして、とにかく主権を回復したいんだというふうに口先だけで、変えてしまうということをチョイスしたんじゃないかと。そんな感じがしますね。現実としてはそうじゃないけれども、そうだというふうな、いわゆるイメージ戦略を始めようとしたのかなという感じがしますね」

<VTR終了>

玉川「まあ、イメージ戦略じゃないかということなんですけど、私もうひとり、ちょっとお話を伺ってみたいという人がいらっしゃったんです。やはり、主権といえば、主権ということに一番敏感なのは、やっぱりこの方たちじゃないかなということで、新右翼団体一水会の鈴木邦男最高顧問にもお話を伺ってます」

<VTR開始>

玉川「4月の28日に政府は主権回復の日と、式典をやるということなんですが、なぜ今になってこの式典をやることになったのかと。どういう意図なんだろうというところ」

鈴木氏「僕らもちょっとわからないですね。突然、誰が考えたのか。それで、なんかもう、憲法改正すると。それからまた、国民栄誉賞だとか、いろんな流れのなかで、どんどんもう自分たちの勢いのいいことをやっていこうと。そういう感じはしますよね。

だから、結構、頭の良い人が考えてるんでしょう。この主権回復の日でも、なんか俺たちのお陰でお前たちは独立できたんじゃないかみたいな、なんかそんな押し付けがましさがあって、それで今、沖縄の人たちが反対してますけども、『あ、しまった!』と考えた人は思ったんじゃないですか。沖縄があったと。それだけたぶんズサンなんですよ」

玉川「忘れてたって感じですかね?」

鈴木「忘れてたと思いますよ、僕は」

玉川「沖縄を?」

鈴木「で『あ、そうか、沖縄を切り捨てた日なんだ』と思って、忘れていて、それでそういう反発があって、『あ、しまった』と思ったけれども、『きまったんだ。もうやるしかない』みたいなところがあるんじゃないですかね」

<ナレーション:さらに、鈴木氏は、たんに沖縄の怒りの問題だけではないという>

鈴木「ある意味じゃ、まだ主権回復してませんからね。沖縄だって米軍基地があるんだし
Image 20 

それに対して日本はきちんとものが言えないし、TPPだってアメリカの言いなりになってるし
Image 21 

これから主権回復なんじゃないのか?という気さえしますからね。それなのに、主権を回復した日だなんて、おかしいんじゃないかなと」

<VTR終了>

玉川「鈴木さんは、まだちゃんと主権が回復できているとは思えないよと。それなのに、主権回復の日、沖縄も忘れて、という主張をされたんですね」

羽鳥「松尾さん、いかがですか」

松尾貴史氏「鈴木さんが仰るのはもっともな感想じゃないかなという気がしますね。また、ここに式典に両陛下もお出ましになるというようなお話も出てますよね。その時に、みんながそうやって祝うという気持ちじゃないところにおいでいただくということが、またすごく申し訳ないという気もありますね」

玉川「ああ、そうですね」

羽鳥「高木さんはいかがですか?」

高木美保氏「確かに、鈴木さんのおっしゃっていた『忘れちゃったんじゃないかな』という言葉をお借りするならば、今まで、先ほど歴代の総理、自民党系の総理が、政治家の方たちが沖縄について語っていらっしゃるところがありましたけど、でも、本当に、これ失敗しちゃいましたけど、基地を県外に出すって言い張ったのは、民主党の鳩山さんだけだったような気がするんですよね」

玉川「そうなんです。ところが、もう愚か者扱いになってて。それもどうなのかなって気も私は若干するんですけどね」

高木「自民党は、沖縄沖縄って言ってるんだけども、どこかでいつも、実は忘れがちで来ていたんじゃないのかなっていうことを、今ふと思いましたね」

玉川「なんか私、今日の結びですけども、こういうふうにしてみました。式典をするなら、沖縄が復帰した5月15日にすべきじゃないんですかと」
Image 22 

羽鳥「完全主権回復は、5月15日でしょうね。やっぱり」

玉川「ということだと思います。それでもまだ完全じゃないんじゃないかという人もいるぐらいなんですけどね」

羽鳥「あ、たしかにそうですね」

玉川「でも、もし祝うのであれば、ということなんですけどね」

羽鳥「でもまあ、やることは決まってるわけですよね」

玉川「決まってます」

羽鳥「そうすると、まあ言葉の表現なのかもしれないですけど、もうちょっと配慮があっても、これはしかるべきなんじゃないかなという感じはしますけど、ど、ど、どうなんでしょうね」

松尾「本当に、鈴木邦男さんが言ったような感じで、『あ、しまった』って思ってる人がいるとすると、まあちょっと本当に、勢いで進んじゃったのかなって気がしますね」

玉川「まあ、公約を守らなかったということで、例えば民主党がダメになったということであれば、公約として掲げたものはみんなちゃんとやるんだよという意図がもしかしたら、あるのかもしれないですけれども、やっぱり沖縄の人たちからすれば、小笠原の方もそうですし、奄美の方もそうですけども、ちょっとやっぱりどうなんだろうっていうふうに思う気持ちは、私はよくわかるという」

羽鳥「それは、そう思うでしょうね。思うほうが当然ですよね」

玉川「と思います。という、そもそも総研でした」
*恒例の羽鳥フェイスですが、「配慮が足りない」という言葉には、実は別に沖縄のことを本当に考えているということではないことがすでにバレているマイナスの言葉として認識すべきなのですが、羽鳥氏はそれこそ『権力側』に「配慮」して沖縄に「配慮」すべきじゃないかと、腰を引きながらジャブを放ったつもりなんでしょうが、Image 23 全くその言葉の本質的な意味を理解してないのか。自分が玉川さんより小心者だというのがバレたくないのか、「完全じゃない」が、主権回復と政府が言ってるんだから、配慮すればやってもいいかもな、的なニュアンスで、ふらふらとふらついた鳥の羽のような。。。

←「いやあ、木曜の玉川さんのコーナー、毎回きびしっすね」と言わんばかりにこんな顔に



沖縄のことを忘れがちなのではなくて、ダレスのいう「望むだけの軍隊を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる」目的の日米安保の肝である行政協定、日米地位協定がセットだということ。沖縄と本土を切り離すことのアメリカ側の狙い、いつでも本土にいけるような軍事占領体制としてのアメリカ側の沖縄に対する位置づけなどにより、CIAの資金で出来た自民党政権は、時に「忘れ」時に「配慮」してきたのではないかと。日本は、米軍基地の占領下によって、主権はない代わりに、平和と経済で発展してきたという考えもあるが、実際には、米国の胸三寸でどうとでもなってきた。日本の経済発展は、当時の米国の思惑でもあったことは、「戦後史の正体」などで学習したはず。そして、肥えた日本を食べる時が今来ている、それがTPPである。これによって「脱原発」も果たせない。そのことを知ってか知らぬか、「脱原発」だけに人の関心を向けようとする不思議な動きも見受けられる。この意味をちゃんと理解したほうがいい。本当のタブーは「TPP」であるということを。


放送法http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
NHKふれあいセンター(ナビダイヤル)0570-066-066
上記ナビダイヤルをご利用になれない場合は050-3786-5000へおかけください
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)
FAX番号 03-5453-4000
メール→https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi


クリック頂けると大変うれしいですブログランキング・にほんブログ村へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
ツイッターまとめ部分は別のブログに移行しましたsekilalazowie twitter
勝手にご紹介岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal
関連記事

ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1940-9d6b8aa9
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。