Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【晋三&正恩】「馬鹿が戦車でやってくる!」対決と、マンセーな人々のWGIP

BJPPqLKCUAAXjp9.jpg


*独りごち(つぶやきまとめ)
<どうも最近、たまに見かけるWGIPツイ。反中嫌韓ネトウヨかアベラーの連中が、WGIPは洗脳工作で日本に戦争責任を植え付けるための自虐史観だから、憲法改正して「国防軍」を持つのは当たり前だ安倍正日マンセーとか言ってるが、その自虐史観を植えつけたのはどうしてかに思い至らない幼稚さ。>
ja.wikipedia.org WGIPの目的の一つは「日本人の心に国家の罪とその淵源に関する自覚を植えつける」ともう一つ。

次が重要→「大都市の無差別爆撃も、広島・長崎への原爆投下も、「軍国主義者」が悪かったから起った災厄であって、実際に爆弾を落した米国人には少しも悪いところはない」という米国自身の戦争犯罪から逸らすため。それをねぐっておいて、米ネオコンのための軍国化の安倍マンセーとは矛盾も甚だしい。>

と、独りごちたところで、以下を再掲載。threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-1427.html


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

■戦後のGHQによる日本洗脳政策 

日本人が知らない恐るべき真実ブログ様より転載http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060316
1945年8月末、アメリカ軍を主体とする連合国軍の進駐が始まり、日本の占領が始まりました。ポツダム宣言は「日本軍」の無条件降伏を確保するため「日本政府」に降伏条件を提示した文書であり、日本政府の無条件降伏を意味するものではありませんでしたが、戦艦ミズーリ艦上で停戦協定にあたる降伏文書への調印がなされると、アメリカは態度を急変させます。
占領統治は、日本がアメリカの脅威とならないような無力な国にすることを目的とし、マッカーサー司令官率いる連合国軍総司令部(GHQ)の指令を日本政府が実行するという形で行われました。
GHQは1945年9月から占領終了までのおよそ7年間、言論の検閲を行いました。また、国民に検閲が行われていることを認識させないよう検閲制度への言及を厳禁しています。
プレス・コード
1945年9月21日、日本新聞遵則(日本出版法、プレス・コード)、日本放送遵則(ラジオ・コード)が報道関係者に公表されました。
〈日本出版法〉
第1条 報道は厳に真実に則するを旨とすべし。
第2条 直接又は間接に公安を害するが如きものは之を掲載すべからず。
第3条 聯合国に関し虚偽的又は破壊的批評を加ふべからず。
第4条 聯合国進駐軍に関し破壊的批評を為し又は軍に対し不信又は憤激を招来するが如き記事は一切之を掲載すべからず。
第5条 聯合国軍隊の動向に関し、公式に記事解禁とならざる限り之を掲載し又は論議すべからず。
第6条 報道記事は事実に則して之を掲載し、何等筆者の意見を加ふべからず。
第7条 報道記事は宣伝の目的を以て之に色彩を施すべからず。
第8条 宣伝を強化拡大せんが為に報道記事中の些末的事項を過当に強調すべからず。
第9条 報道記事は関係事項又は細目の省略に依つて之を歪曲すべからず。
第10条 新聞の編輯に当り、何等かの宣伝方針を確立し、若しくは発展せしめんが為の目的を以て記事を不当に顕著ならしむべからず。
1945年9月29日には、言論機関がいかなる政策ないしは意見を表明しようとも、新聞、その発行者、または新聞社員に対して、日本政府は決して懲罰的措置を講じてはならないとする「新聞と言論の自由に関する新措置」が指令されました。
遵則により連合国に不都合な記事はすべて封じ込められ、「新聞と言論の自由に関する新措置」によって国家に対する忠誠義務から解放された日本の言論機関には、連合国の「政策ないしは意見を表明する」機関とならざるをえなかったのかもしれません。
事前検閲
民間検閲支隊内に新聞映画放送部(PPB)が新設され、要員事情が許す限り主要新聞は事前検閲、それ以外の新聞はすべて事後検閲の対象となりました。また、あらゆる形態の印刷物、通信社、ラジオ放送、映画、宣伝媒体に属する他の娯楽も検閲を受けることになります。
1945年10月8日より、同盟通信社に対して実施されていた事前検閲は、朝日、毎日、読売報知、日本産業経済、東京新聞の5紙に拡張されました。
検閲により削除が命じられた箇所は、墨で塗りつぶす、余白として残す、○○等によって埋めるなどの方法を取ってはならないとされました。検閲の秘匿を徹底させるためです。
検閲指針
「削除または掲載発行禁止の対象となるもの」として30項目からなる検閲指針がまとめられ、連合国批判、東京裁判批判につながる一切の言論が封じ込められました。
1.SCAP-連合国最高司令官(司令部)に対する批判
2.極東軍事裁判批判
3.SCAPが憲法を起草したことに対する批判
4.検閲制度への言及
5.合衆国に対する批判
6.ロシアに対する批判
7.英国に対する批判
8.朝鮮人に対する批判
9.中国に対する批判
10.他の連合国に対する批判
11.連合国一般に対する批判
12.満州における日本人取り扱いについての批判
13.連合国の戦前の政策に対する批判
14.第三次世界大戦への言及
15.ソ連対西側諸国の「冷戦」に関する言及
16.戦争擁護の宣伝
17.神国日本の宣伝
18.軍国主義の宣伝
19.ナショナリズムの宣伝
20.大東亜共栄圏の宣伝
21.その他の宣伝
22.戦争犯罪人の正当化および擁護
23.占領軍兵士と日本女性との交渉
24.闇市の状況
25.占領軍軍隊に対する批判
26.飢餓の誇張
27.暴力と不穏の行動の扇動
28.虚偽の報道
29.SCAPまたは地方軍政部に対する不適切な言及
30.解禁されていない報道の公表
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムとは、民間情報教育局(CI&E)によって展開された、日本人に戦争の罪悪感を植えつけ、民族の誇りと自尊心を奪い、再びアメリカおよび連合国の脅威とならないよう、無力化、弱体化させることを目的とした計画です。
民間検閲支隊による検閲と民間情報教育局による宣伝が相乗効果を発揮し、戦前の日本人の歴史観、道徳観は変えられていきました。
太平洋戦争史
1945年12月8日、新聞各紙で「太平洋戦争史」の掲載が始まりました。連合軍司令部が提供するその記事は「今や日本国民が今次戦争の完全なる歴史を知ることは絶対に必要である」とし、日本軍がいかに残虐であったか、日本の軍国主義者がいかに非道であったかを強調する内容でした。
「太平洋戦争史」掲載開始から1週間後の12月15日、いわゆる「神道指令」により「大東亜戦争」という呼称は禁止となりました。日本人の立場による「大東亜戦争」史観を封印し、連合国の立場による「太平洋戦争」史観を植え付けることが目的のようです。
江藤淳氏は著書『閉された言語空間』の中で「歴史記述をよそおってはいるが、これは宣伝文書以外のなにものでもない」とし、次のような指摘をしています。
そこにはまず、「日本の軍国主義者」と「国民」とを対立させようという意図が潜められ、この対立を仮構することによって、実際には日本と連合国、特に日本と米国とのあいだの戦いであった大戦を、現実には存在しなかった「軍国主義者」と「国民」とのあいだの戦いにすり替えようとする底意が秘められている。
これは、いうまでもなく、戦争の内在化、あるいは革命にほかならない。「軍国主義者」と「国民」の対立という架空の図式を導入することによって、「国民」に対する「罪」を犯したのも、「現在および将来の日本の苦難と窮乏」も、すべて「軍国主義者」の責任であって、米国には何らの責任もないという論理が成立可能になる。大都市の無差別爆撃も、広島・長崎への原爆投下も、「軍国主義者」が悪かったから起った災厄であって、実際に爆弾を落した米国人には少しも悪いところはない、ということになるのである。
そして、もしこの架空の対立の図式を、現実と錯覚し、あるいは何らかの理由で錯覚したふりをする日本人が出現すれば、CI&Eの「ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム」は、一応所期の目的を達成したといってよい。つまり、そのとき、日本における伝統的秩序破壊のための、永久革命の図式が成立する。以後日本人が大戦のために傾注した夥しいエネルギーは、二度と米国に向けられることなく、もっぱら「軍国主義者」と旧秩序の破壊に向けられるにちがいないから。
1945年12月31日、民間情報教育局は、修身、国史、地理の授業を即時中止するよう指令し、翌年4月、文部省は新聞連載終了後に単行本として刊行された『太平洋戦争史』を国史等授業停止中の教材として使用するよう通達しました。こうして『太平洋戦争史』は教育現場に浸透し、戦後の日本に重大な影響力を及ぼすことになります。
真相はかうだ
1945年12月9日、民間情報教育局は「太平洋戦争史」をもとに、ラジオ番組「真相はかうだ」の放送を開始させます。
番組は日曜日の午後8時からNHKで放送され、全10回、1946年2月まで続きました。その後「真相箱」「質問箱」と名称を変えながら1948年1月まで続けられることになります。
櫻井よしこ著『「真相箱」の呪縛を解く』によれば、番組は反軍国主義思想の文筆家が太郎という少年に話を聞かせるという構成で、戦争を連想させる音響効果を大袈裟に使いながら状況を盛り上げていくドキュメンタリー形式であったといいます。
しかし、番組の放送が開始されると、それまで日本人を支えてきた価値観が全面的に否定され、日本が断罪される内容に、国民は強い拒否反応を示し、NHKには批判や反発の手紙が殺到しました。
日本人の世論を激昂させ、一致団結させることにもなりかねないと感じた民間情報教育局は、「真相箱」では断定的な口調を止め、聴取者からの質問に答えるという形式に変えました。
しかし、櫻井よしこ氏は、「真相箱」の設問が極めて意図的であり、設問の裏に隠された意図は容易に見えてくるとし、この宣伝は次のような理由から効果を発揮したのではないかと分析しています。
なぜなら彼らが使っている手法は、真実のなかに、一部の虚偽を織り交ぜるそれであるからだ。
聴取者はそこにちりばめられている真実のために、巧みに交ぜられている虚偽も含めて真実に違いないと思いこみがちだ。
虚偽が混ざっていても、正確に分析するのは難しい。どこまでが真実で、どこまでが虚偽かを見分けるのは語られている戦争を実際に体験した人や専門家でなければ難しいことだろう。だが敗戦のショックから、日本の戦争体験者は多くを語らなかった。GHQ主導の社会が彼らが語るような環境をつくらせなかったといってよい。また、専門家もGHQの意向に逆らう言論は口にしかねた。こうして、一般の人々は、おかしいと直感的に思いながらも、一体どこがどのようにおかしいのか、明確にできないまま、それを受け入れ、あるいは聞き流すしかなかったのではないか。虚偽の情報が積み重なっていけば、長い時間の中でそれらは「真実」に変身していく。
これらの番組は東京裁判と同じ時期に放送されていました。日本側の戦時指導者が逮捕され、日本が犯罪国家として裁かれることが倫理的に正当であると日本国民に納得させようとする巧妙な心理操作だったようです。
修身教育
1945年12月31日、民間情報教育局は、修身、国史、地理の授業を即時中止するよう指令を発し、これらの教科書の回収が命じられました。
「修身」とは、古今東西の偉人らの逸話を通じて、努力、忍耐、責任、公益、勤勉などの徳目を子供たちに学ばせ、人格を陶冶する教科でした。
『精撰「尋常小學修身書」』の監修者、八木秀次氏は、「修身を学んだ世代は具体的な人物像を通じて血の通った形で道徳を学んでいた」と指摘し、「共通の人物像を結ぶことで、親と子が、兄弟が、夫婦が、職場の同僚が、共通の了解を行ない、それが人々の間に価値観の共有とコミュニケーションを生んでいる。ここには『世代の断絶』も『価値観の相違』ということもない」と述べています。
戦後の日本では、修身教育は軍国主義の象徴と見なされ、その文脈で道徳教育までもが忌避されてきました。その結果が現在の日本の世相に見事に現れているのではないでしょうか?
【参考】
http://blogs.yahoo.co.jp/teikokubungaku/5092413.html?p=1&pm=c

http://blogs.yahoo.co.jp/teikokubungaku/5137558.html?p=1&pm=c

http://blogs.yahoo.co.jp/teikokubungaku/5419410.html?p=1&pm=c

http://blogs.yahoo.co.jp/teikokubungaku/5650384.html?p=1&pm=c

http://blogs.yahoo.co.jp/teikokubungaku/6219833.html?p=1&pm=c


Image 28【参考までに】
Wikipediaより「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(“War Guilt Information Program”、略称“WGIP”、ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム[1]又はウォー・ギルト・プログラム或はウォー・ギルト・インフォメーション、戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)後に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領管理政策として行われたという政治宣伝。
1948年(昭和23年)2月6日付、「ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム」との表題の文書がCI&E(民間情報教育局)からG-2(CIS・参謀第2部民間諜報局)宛てに発せられた。冒頭に「CIS局長と、CI&E局長、およびその代理者間の最近の会談にもとづき、民間情報教育局は、ここに同局が、日本人の心に国家の罪とその淵源に関する自覚を植えつける目的で、開始しかつこれまでに影響を及ぼして来た民間情報活動の概要を提出するものである。」とある。
Wikipediaより「眞相はかうだ
大東亜戦争(太平洋戦争)敗戦後の被占領期、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の占領政策の一環として、昭和20年(1945年)12月9日より10回に亘(わた)りNHKラジオ第1放送及び第2放送で同時放送された宣伝番組。
毎週日曜夜8時からの30分番組で、その前後に当時人気の番組が配置、編成されていた。再放送を含めほぼ毎日のように放送された。
登場人物は軍人とその親友である民主主義者の文筆家が主であった。
脚本はその中心をアメリカ人が占めたGHQの民間情報教育局(CIE)ラジオ課が担当し、満州事変から終戦に至るまで軍国主義者の犯罪や国民を裏切った人々を白日の下に、偽りない事実を、などという論評で、叙情的な音楽や音響効果音を駆使しながら、ドキュメンタリー形式を装ったドラマ仕立てにされた番組であったという[2]。
「眞相はかうだ」の元となったのは「Now It can be told(今だから話せる)」と題した第二次世界大戦中のイギリスの番組をGHQ上層部が民間情報教育局へ企画として持ち込み日本の変革をするためとされる[3] [4][5]。
番組の内容を巡って、これらはGHQ作成であることが隠されたためにNHKへ手紙、電話などが殺到した[2]。しかし、それらが抗議や非難などの批判的な内容ばかりであることを知ったGHQは、その成果を取り入れてより巧妙にそれに続く番組を作成[2]、昭和21年(1946年)2月以降「眞相箱」、「質問箱」などへ形を変えながら昭和23年(1948年)1月まで放送された。「眞相箱」は、疑問に答えるという形式を取り、また、日本の良い面も随所に挿入されるなど国民への聴き心地の良さも取り入れられた[2]。真実の中に巧妙に織り交ぜられた虚偽等々の手法が用いられたこれらの番組の思想は、プレスコードやラジオコードなどのGHQの指令により言論統制されていた事もあり、次第に国民の間に押し広められていった[2]。これを批評した雑誌の対談記事は、民間検閲支隊(CCD)による検閲により「占領政策全般に対する破壊的批判である」という理由で全文削除に処されている[6]。


*独りごち(つぶやきまとめ)の続き。
戦後直後の米軍駐留経費が日本の予算の3割も占めていた(戦後史の正体)ことは、日本人の当時の貧しさの一因でもあったことが指摘されている。そしてこれ→戦後の『アメリカ小麦戦略』:日本の「食」もアメリカに支配されている http://www.rui.jp/ruinet.html?i=00&c=400&m=12464… 戦後占領期の米国の対日戦略が基礎になって、TPPへ誘導するやり方がそれと酷似しているものを感じる。
朝鮮戦争が決定づけたサンフランシスコ体制。日本の支配層の【自由意志による従属】は米国の意図とも一致。2013/04/23『自由意志による従属』としての日米関係 ~中部大学・三浦陽一教授インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archivs/75646…
次なる選挙には、ベネズエラのように、世界各国から選挙監視団を招待しなければ、ダメだろう。視聴率1%が100万人といわれるテレビ支配構造におけるアメリカ対日工作が常態化した非民主主義日本では、個人レベルのリテラシーだけではとても間に合わない気がする。
WGIPの流れで、何が言いたいかって言うと、WGIPの目的には、日本側に「自由意志による従属」があったということまず認めるべきと三浦陽一教授が岩上さんとの対談でおっしゃった指摘を裏付けるような、戦後日本の支配層と米国支配層との一致があったというもう一つの側面。その状態が未だ続いている。
日本が独自で戦後賠償や謝罪をきちんと行なうことを米国も望まなかったという。それを曖昧にすることで米国自身の戦争犯罪も免れると読み、日本が米国を通してしか外交安全保障や経済活動を維持できないとなれば、ますます従属してくれるという思惑があったからだという。
それをネトウヨらがますます従属の深化を推し進めるアベシを祭り上げる矛盾と、連中の排外的な主張とアベシ推進のTPPによる労働自由化によって想定される外国人労働者の移民大量流入。という自己矛盾はスルーもしくは無知。当然大手マスコミも無視。それを指摘するメディアはIWJしかない。
従属したままで「独立自存」とか「軍」とか「先制攻撃」とかフジ産経はトチ狂ってるな。起草委員の連中は→「「国民の憲法」要綱を発表 「独立自存の道義国家」」:イザ! http://www.iza.ne.jp/news/newsartice/politics/dompolicy/649526/…

「CSISは中国封じ込めを狙ったオバマの“アジア重視”と密接に関わっている」 アメリカ・シンクタンク報告書、核戦争の“恐ろしい未来”を品定め http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/pst-2b3d.html…
このCSISコーズマンという戦略家を「現実的」と皮肉る。日韓にミサイルや核を持たせようという。その目的は、対中国で、行き着くところ核戦争。撃ち合いをしても米国には影響がないんだそうだ。それを筆者は「現実的」と皮肉っている。
どこかの国のアホな二人が「ありがとうございます」とお礼を述べたり「水道をぜんぶ民営化します」などと生贄を差し出す宣言の挙句が「戦争へGO!」と自らはセーフティゾーンで米帝様のお達しで号令をかけるバカエリート連中のせいで苦しむのは一般国民。あらたなる戦前とはまさしく。
アミ命令書(第三次アーミテージ報告書)通りにこなす安倍正日政権とマンセーマスメディア。唯一改憲には待ったをかけるも、それはオバマサイドも同じ。つまり米国が許した範囲で報道している証拠。随分前の岩上さん×孫崎さん対談で指摘されていた核のローカライゼーションが思い出され、まさに現実化しようとしている。
既存マスメディアや検察や裁判官や政治屋のゴミ連中のことを思えば小沢氏が復活するのは当然だし、復活が待ち望まれるが、仮に小沢氏一人が復権しても国民の後押しがなければ容易にTPPに立ち向かえるものではないし「小沢が総理になればTPPに参加してもいい」等というアホが居る限り先が危うい。

それから最後に、もう一人戦車に乗って浮かれている方がいらっしゃいます↓

日本の自称総理大臣が戦車に乗って遊んでたと同じ日。
宗主国の大統領様はこんなふうなおふざけを…↓





クリック頂けると大変うれしいですブログランキング・にほんブログ村へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
勝手にご紹介⇒岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1942-635216cc
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。