Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TPP】驚愕の内容:20130515 首藤信彦 TPP米国視察報告動画より文字起こし(前)~(農業分野)聖域があるとか、守れるとか、そんなものはまったくない!

20130515 UPLAN 【抜粋】首藤信彦 TPP米国視察報告


(TPP交渉農業分野に関して)聖域があるとか、守れるとか、守れると言ったとか、そんなものはまったくない!茶番はやめて現実を見ろ!


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


20130515 UPLAN 【抜粋】首藤信彦 TPP米国視察報告(前)
*以下、文字起こし(YouTubeにアップされた映像から)

首藤信彦氏「ただいま、ご紹介頂きました前衆議院議員の首藤信彦です。このTPPの問題というのは、実に2年半に渡って取り組んでいます。日本で横浜で開かれましたサミットに、これが日本の成長戦略の目玉という形で取り上げられる。その段階から、これはもう、非常におかしいということで、その内容の把握、そしてまた、問題が分かってからは、それに対して反対する立場で、ずっと活動しているものでございます。

もう皆さんご存知の通り、その当時は民主党政権でございました。民主党政権の、民主党というのはいろいろ批判もあると思いますけれども、やはり福祉とか、あるいは医療とか、そうしたものに対しては非常にエネルギーを割いて、日本の社会を立て直そうとしたわけでございますけれども、致命的に弱いのが、成長戦略とか、あるいは経済の問題であると言われますけれども、それには、民主党のなかにおいては、なんとか成長戦略の目玉として、これを取り上げたいという意向があったことも、また事実でございます。

しかし、それを知れば知るほど、これは問題があるというところで、民主党のなかにおいても、このTPPに対して反対する勢力がどんどん大きくなりまして、この民主党は昨年の選挙で政権を失うわけですが、そのときのおそらく3分の2が民主党の中においても反対というような形になっていたと思っております。

それは、知れば知るほど、冗談じゃないと。こんな馬鹿な話をしていたのかという話しが次々と出てきて、最後のところはもうみなさんもご存知だと思いますが、例えば、自動車に関して言えば、輸入関税を下げるという問題なんかではなくて、アメリカの車が日本で売れないのは、要するに軽自動車という車格があるからだと。そういう資格があって、排気量の小さい車に対して、税制上の優遇措置、そういうものをやってるから、アメリカの車が売れないんだと。

ですから、日本で軽自動車という資格をなくせという圧力が、ものすごい圧力が加わっておりました。それから、医療保険にしても、それから様々なテーマに関して、公共調達に関してもそうですけれども、そういうもののアメリカの要求を見るにつけ、これはもう乗れないなということで、実際、棚上げに近い状況になりました。

しかしながら、その昨年の選挙の結果、安倍政権というのが誕生して、アベノミクスというところも目玉として、経済戦略の三本の矢のやじりみたいなもんですね。それに、TPPが急に押し上げられまして、その結果、TPP、TPP。TPPにすぐ入りますというふうになっていったわけでございます。

実は、TPPというのは昨年の段階で、瓦解寸前までいってました。TPPというのは、みなさん、できると当たり前だとお思いかもしれませんけども、そうではございません。もう、日本がTPPに入ることは当たり前。そして、TPPが成立するのが当たり前と考えておりますけれども、これから日本が本当にTPPに入れるかどうかは、現在の段階でも50%ですね。半々ですね。

そして、日本が入った後もTPPが当時予定されていた形で成立するかどうかも50%ぐらいですね。ですから、その意味では、日本が本当にTPPのなかで巻き込まれて行くというのは、まだ25%の確率にすぎないわけでございまして、これに関しては、きちっと私たちの未来を私達の手で守るチャンスがまだあると、私は考えています。

さて、日本がそのTPPに入るかどうかというのは、不思議なことにアメリカが決めることになっております。この点が、一番最初の段階では、この党内においても、また部会においても、激しい議論を呼んだところでございます。

なぜ日本が貿易交渉に入ることで、アメリカ政府の、アメリカ議会の承認を得なければいけないのか。これはもう、みなさん、今はなんかそんなの当たり前のようになって、アメリカ議会に日本の承認を求められて、それが90日経って、認められるという話が、ごく当たり前のような話になっております。

おかしいと思いませんか?国際交渉なのに、なぜ日本が国際交渉に参加することに、アメリカ議会の承認を必要とするのか。これはもう、実はこのTPP問題をやり始めて、私たちも最初に驚いたと。驚愕の情報でございます。最初の段階は、外務省をこれは認めませんでした。しかし、追及していく内に、そうじゃないかと言ったら、いや、実はそうです、ということを認めてきたんですが。

当時、民主党は政権与党でございましたけども、その与党の議員に対しても、そういうことを外務省は言わなかったんですね。それはもう、本当に最初からこの問題に関しては、日本は主権がないと。戦後、日本において、日本は主権がないんだということを改めて教えてくれたということがございます。

TPPということで、アメリカがどれほど力を持っているかということは、要するに、いま私たちが生きている国際社会というのは、実は戦後システムなんですね。みなさん、御存知の通り、プレトンウッズシステムと言いますけれども、これは1944年、ニューハンプシャーのプレトンウッズで作った、その枠組。そこでIMF、そして世界銀行、そして当時は、ITO、いまで言うWTOみたいなのがあったんです。その枠組なんですね。

TPPというのはそれを超えて、新しい国際秩序を目指そうというアメリカの凄まじい野心的な取り組みであり、そこにいま日本が巻き込まれつつあるということでございます。ですから、このTPPに関しては、さきほど内田さんの話にございましたけれども、単に貿易協定とか自由貿易の問題、舶来の問題、国内が影響を受ける問題ではなくて、我が国は、ちょうどかつてソ連邦、あるいは社会主義圏が1989年から90年に向けて、において直面したような、抜本的な体制の変換の時期に、実は私たちの日本もいま直面しているということを、ぜひ基本認識としていただきたいと思っております。

さて、その日本が入れるかどうかということで、今回、アメリカに調査に行きます。調査に行ったというと、聞こえはいいわけですが、調査と同時に、それは日本がTPPに参加しないように、その活動も同時に行なってきたわけでございます。

私としては、後者、日本が参加できないようにアメリカの議会にロビー活動をしていくというのが私の目的でしたんですが、その前に、調査というものも大変な意味がございます。それはなぜかというと、いくら日本でそのUSTRのホームページを穴の開くほど見ていても、また色んなNGOや、色んな会議の経過を見ていても、やはり現場の知識というのは、現場の情報というのは、凄まじいものがございまして、ああ、実際はこうだったのかというふうに、本当に驚愕したシーンがいくつもあったということでございます。

そうしたことを私の作りましたレジュメに従って、みなさんにご提示して説明したいんですね。今回、行ったのはTPPを考える国民会議というものでございましたけども、これは英語では、これはConsidering TPPでは意味が分からないというところから、英語ではOpposing TPPと。要するに、TPPに反対する国民会議という英文の名刺を作りまして、そこでアメリカ議会の関係者に会って参りました。

ほぼ上院下院のこのTPP問題、貿易問題の主要な事務所を回って、そして、その中心的な政策スタッフと意見交換をすることが出来たわけでございます。ここに書いてある名前はもう、皆さんよくご存知のとおりですね。ボーカスとか、ハチス、キャンプとか、レビンとか、まさにTPPに直接関係している、あとで触れますが、インナーサークルと言いますかね。要するにTPPに関するアメリカ議会のなかでも、ほんの一握りの情報を熟知してきた人の事務所ということでございます。

また、この時は非常にタイミングが良かったわけでございまして、TPPに関する公聴会が開かれまして、それに参加することも出来ました。それから、AFL-CIOや全米自動車協議会、それからアメリカの、日本で言う全中にあたりますけども、American Farm Bureau Federationなどとも意見交換をしておりました。

まず真っ先に驚いたのは、日本のTPP、日本がTPPに参加するということの日米間の認識のギャップです。日本は、まだこの農業において聖域を認めるとか、関税撤廃は、それはダメなんだと。特に農業5品目。コメや小麦や、そういう畜産、こういったものは、これは除外するんだと。聖域があって、これからTPPに参加して、そこから議論をするんだと。こういうことがまことしやかに言われているわけでございますが、TPPと日本との関係で言えば、もはや農業問題が語られることはございません。

アメリカにおいては、農業問題は、もう過去の話題で、日本はすべてを飲んだというふうに解釈されております。ですから、新聞などに書いてありますけれども、このアメリカの農業関係者の団体と、食物メジャーのカーギルと会議を開いて、そこでニュースを聞いて、もうほんとうに腰が抜けるほど驚き、喜んだというような新聞記事で言われておりますけれども、アメリカでは、農業は日本は全部飲んだというふうに理解され、もはやこの農業問題に関しては、TPPのなかでの議論から外れております。

ですから、このなかにも農業関係者の方がおられると思いますけども、もうこの日本の社会で、もう茶番はやめたほうがいいと。聖域があるとか、聖域が守れるとか、聖域を守ると言ったと。そんなものはまったくないわけでございまして、そういう茶番で、頑張ればいいんだ、みたいな、頑張ればなんとか得られるんだみたいなことをやることは、もうやめてほしいと。

やっぱり現実を直視して、私たちの本当の意味での国益を守って行かなければいけないと思っております。

<続く>


クリック頂けると大変うれしいですブログランキング・にほんブログ村へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
勝手にご紹介⇒岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1946-832ae619
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。