Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【参議院選挙2013】脱被曝・原発即時撤退・反TPP~2013・07・20 渋谷選挙フェス終了後 山本太郎氏 ぶら下がり・文字起こし~TBS朝ズバ「耳障りのいいことを言っているように聞こえたが?」



2013-07-21 08 59 15←「TBS朝ズバですけれども」で始まるこの女性記者のぶら下がり。質問は、予めいくつかのポイントテーマが決まって、その枠に当て込んで聞いていることが見えてきます。それは、1つは「ネット選挙」のこと。これは、当然でしょう。そして「もし当選したら?」から「実際に何ができるのか?」、そして「ひとりで何ができるのか?」(出来ないことを言っているのではないか?)というメタファーを含み、そして最後に「耳障りのいいことを言っているように聞こえた」と言い、相手を怒らせ、その不満気な表情の絵を撮り、そこだけ切り取り、その素材を使って繰り返し報道し印象操作するといった既得権による伝統的な追い落としの手口です。どこかで見た覚え、聞いた覚えはないですか?

以下、文字起こし↓


    


ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ
山本太郎氏へのTBS朝ズバぶら下がり・文字起こし

(急ぎの書き起こしなので、不明瞭な部分は*と表示してあります。あしからず)

2013-07-21 08 49 04
TBS「日に日に、それこそ時間を追うごとに、盛り上がってくるというムーブメントという感じがしませんでしたか?すごい最後盛り上がりでしたけども」

太郎氏「いやいや、最初から盛り上がってたんですよ。ただ、メディアは取材に来なかったというだけのことです」

TBS「もともと盛り上がっていたと?」

太郎「ええ。最初から盛り上がってましたよ」

TBS「最後だけじゃない?」

太郎「もちろんです。だから、前半戦からかなり盛り上がってたけども、やっぱりメディアとしては、その情報。予兆が各社いろいろ出てきて、それで当選圏内に入るか入らないかというところになってきてから、やっとメディアが来たっていう感じですね」

TBS「この盛り上がりの理由はなんだと思われますか?」

太郎「ひとことで言ったらこの国への不信があるんでしょうね。やっぱりやられている政治が誰のためのものなのかとか。この声が聞こえないんだったら、政治なんて辞めてしまえっていう話だと思うんです。

要は、ほんとうにこの国に住む人々に目が向いているのか。でも、そうじゃない。向いている場所は、その先は、やっぱり企業であったりとか、よその国であったり、そういう方向性だと思うんです。

だから、それを今、取り戻すのか。それとも売り飛ばすのかという二項対立というのはずっと続いてきたことだと思うんです。やっぱりそれを自由に表現していいんだということを、音楽とスピーチというところが混ざった部分で、アンテナがみんな伸びた状況で、それを自分のなかで勇気を出しながら、人に伝えていけるというのを三宅洋平くんとかと一緒にやれたということじゃないですか」

TBS「どこでも***人たちに駆使されてたようなんですけれども、ツイッターやフェイスブック」

太郎「どこかいらしたんですか?」

TBS「はい。昨日も***し、***一緒に回らさせて頂いてるんですけども」

太郎「ありがとうございます」

TBS「どこも若者たち、若い人たちが***駆使されていたようなんですが、やっぱりツイッタ-、フェイスブックの影響というのは大きいんでしょうか?」

TBS「ツイッター、フェイスブックの影響というよりも、やはりいま、この国が進んでいる方向性を見れば、未来は閉ざされているということは感じ取れるということです。それに対する若者たちの不安であったりとか、子供を育てるお母さんの不安というものが大きく前に出てきたということです。

もちろん、それを拡散するというか、その情報の共有というものを手伝ったのは、やはりネットだったのかなと思っています」

TBS「前回の衆院選の戦い方との違いというのはありましたか?」

太郎「あまりにもエリアが違いすぎるので、それは比べられるかどうかという部分はあると思うんです。でも、前は、衆院のときは小選挙区制で座布団一枚だったので、東京最強に挑んだという部分で、ちょっと無謀だった部分もあったんですけども、今回はもうちょっと座布団の数が増えた。5議席ということで、その一枚を取りにいける可能性があるという部分で」

TBS「当選したら、何をしようと思っていらっしゃいますか?」

太郎「まずは、避難の権利です。事故前の基準、それが最も正しい基準だと思います。この事故があって、経済的なこととかいろんなことを含めた上でのその安全基準というものの変化というのは、ただのお金のためでしかないんですよね。

であれば、元の基準。事故前の基準。年間1ミリシーベルトという部分で、ものごとを判断しなきゃいけない。その年間1ミリシーベルトを超える場所にいる人たちに関しては、避難の権利をこの国が与える。これ、当然だと思うんです。いまはそれが与えられていない」

TBS「いろんなことを訴えていらっしゃいましたけども、具体的に、有権者****いくと思うんですが、具体的に何か国民に対して***ために何ができるかということを、***について」

太郎「具体的に何ができるのか?それは、やっぱり投じた人が投じたまんまでいないということです。自分がこれを叶えたい。これを形にしたいということを候補者に、例えば自分が応援した国会議員に対して、それをずっと6年間続けるということが大事だと思います。

僕一人で何かができるかと。もちろん国政調査権とかを使ってやれる事はあるだろうけれども、やはりそれは、最後まで一票を投じた人が6年間、その人に対して援護射撃を続けるということが大切だと思います。

そのためには、まず原発を止めるためには、だって、この原発を止めるためにも、日米原子力協定の問題だったりとかいうことをクリアしていかなきゃいけないわけでしょ。でも、テレビからそんなことは伝わらないし、新聞も伝えない。

だから、ベースの運動として『原発を止めろ』だけでは無理だと思うんです。だから、そういうことを全国的に繋いでていける、そういうポジションに立てるのかなとは思います」
2013-07-21 09 00 03
TBS「耳障りのいいことをたくさんおっしゃっていたようにも聞こえたんですけども、やはりそこのところ、実際に何ができるのかというと、みなさんあると思うんですよ。そこの問題も」

太郎「耳障りのいいことっていうか、事実しか言ってないですよね。テレビが伝えない事実しか。耳障りのいいことだけ言うんだったら、美しい国って言っときますよ。日本を取り戻すって言っときますよ。アベノミクスって言っときますよ。

それで結果、どうなってるのかっってことです。

結局、事故は忘れられて、原発は争点にならないし、被曝なんてもう蚊帳の外。

TPPのことは?テレビでTPPのマイナス部分を流さないのは、自分たちの広告収入を減らしたくないからだろと。そういうことを理解しての質問ですか?ってことです。

揚げ足を取るような質問であるならば、それがいったい何に結びつくのか。

あなたが質問したことによって、3秒のコメントを、その3秒の取れたコメントによって、ひとりでも多くの人が気づいて、この世の中がいい方向に向かうということを聞けないのであれば、あなたも権力側の人間と同じだということですよ」
2013-07-21 08 58 41
別の女性記者「ずばりそれ、政策をおっしゃられてますけども、それをやり抜けるという自信は?」

太郎「というか、じゃなかったら、立たないでしょ。先頭に立ってやるつもりがある。それぐらい厳しい質問を、ぜひ、いま仕事をしてない国会議員に、その方々にもぜひぶつけていただきたい。その勇気があれば」


2013-07-21 09 01 43




*ちなみに、太郎氏は、後で「上から指示されてんのやろな」と。そして、言われたことをそのまま返してしまった、と。大人げなかったと、まだまだ勉強が足りないと反省しきりでした。

*IWJでは、投票時間繰り上げ問題について、詳細に取材をしています。必読です!

【IWJブログ:参院選で全国48,777カ所の投票所のうち、過去最高の16,958カ所で終了時刻が繰り上げ 〜各自治体の選管にIWJが電話取材 繰り上げ理由に不可解な点も】

これももちろん大問題で、違憲の可能性すらあります。
違憲についての指摘はこちらのブログで→【絶対に許されない】参院選投票日繰り上げ、11都道県81投票所で 投票時間繰り上げは全国の4分の一の投票所で(2013年7月11日 読売新聞) http://p.tl/1UQV
今日一日、「投票に行こう」と呼びかけることは違法ではありませんので、投票率アップに繋げるような呼びかけ周知徹底が最後まで諦めずにすることが必要になってきます。
【投票に行こう】平成25年7月21日執行参議院(東京都選出)議員選挙選挙公報PDF→http://p.tl/A0Xg 

投票時間の繰り上げなどの詳細は各自治体広報を要チェック。


放送法http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

NHKふれあいセンター(ナビダイヤル)0570-066-066
上記ナビダイヤルをご利用になれない場合は050-3786-5000へおかけください
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)
FAX番号 03-5453-4000
メール→
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi

クリック頂けると大変うれしいです   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ &いつもありがとうございます
勝手にご紹介⇒岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal
関連記事

ブログランキング参加中⇒ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1984-bbab826b
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。