Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【脱被曝・原発即時撤退・反TPP】20130724朝日新聞記者による山本太郎氏インタビュー全文起こし<後半>

↑今朝の初登院の様子ですね。マック赤坂氏が国会前に待ち受けていて、参議院議員のみなさんにエールを送ってました。それと、またしてもマスメディアの密着があったりで、タクシーの中の寒々しい下世話話に太郎氏が答えている様子も映ってます。

では、文字起こし<後半>を↓


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

20130724朝日新聞土佐茂生記者による山本太郎氏インタビュー全文起こし<後半>




<続き>

土佐茂生記者「その今、この、なんて言うんですかね。政治の世界に入るハードルが低くなるんじゃないかっていうようなことをおっしゃったと思いますけど、ちょっと話、ちょっとちっちゃい話になっちゃいますけど、供託金。これどう思いますか?」

山本太郎氏「最低ですよ。ありえないですよ。ごめんなさい。僕、どこの国がいくらだったかっていうのを一回覚えたんですけど、また出ていきました。まだ、もっと数万円ですよね。それでいいと思うんですよ。そうあるべきだなと。

あと議員の給料という部分に対して、もっと減らしていく。だから、議員の数が減っちゃったら、これはまた大政党が得意になっちゃう。独占できちゃう。だったら、もっと議員の数も増やしていいんじゃないかって。で、給料を減らしていけばいいんじゃないかって。

だから、もう完全に新規の参入障壁になっちゃってるから。だから、なんや、なんや新参もんっていう。俺たちのシマに入ってくんなってことですよね」

土佐「そうですよね」

山本太郎氏「だから、そういうのをどんどん」

土佐「被選挙権は、誰にでも与えられているわけではないっていう感じですか?」

山本太郎氏「そうですね。もっと若い人にも選挙権を与えていいんじゃないかなって。それが例えば、ハードルが高いのであれば、その普通の選挙をするときに、そのもとで、子供投票箱も作って、大人と子供の流れを見ればいいですよね。どういうことになってるのか。子どもたちの考えは違うかもしれない。

子供議会も作ればいいし。なんかもっとそういうところでみんな訓練していくっていうか、練習していくっていうか。キッザニアがあるんだったら、そんなもんあっていいだろうって」

土佐「そういうところで、投票したらしいですけどね」

山本太郎氏「ああ、そうですか。キッザニアで?へえ。自民党圧勝ですか?」

土佐「いや、ちょっと結果まで見てないですけど。それヨーロッパとかにはそういうヒントがあると思うんですよね。スクールエレクションというのをやっている制度があって、それは一週間前ぐらいに発表されるらしいんですよ。それが一番影響力を持っているっていう国もあるんですよね。やっぱりそれは、親はその子供が何を求めるのかというのを見て、それを見ての一票を投じるという」

山本太郎氏「なるほど。そういうのが必要だなって思いますよね。でもまず、この既存メディアだったりとか、政党に頼らずに一議席取れるんだぜってことは、アツイ思いを持った人たちが力を合わせたら、突破できるってことがはっきりした」

土佐「そこは何だったと思います。なぜ、言ってみれば干された男が、生き残ったわけですもんね」

山本太郎氏「いや、う~ん」

土佐「生き残ったっていう言い方も変ですけども、国会議員になった。それが何なのかっていうのはさておき」

<記者がコップを倒し、水がテーブルに溢れるアクシデント>

土佐「何が武器だったかっていうか、もちろん、知名度というのはありますよね」

山本太郎氏「知名度だけだったら、そこまでじゃないと思いますよ。たぶんね。だから、言ってることと本気度だと思うんですよね。だから、2年間、事故があってそれ以降っていう部分で腹決めてやってたよなって。それが良い悪いは別として。それが好き嫌いは別として。自分の主張とは違うけれども、まだ、なんか自分がこういうことを考えてるんだけど、こいつに言って、なんかおしり叩いたら、なんか届けてくれるんじゃないかなっていう部分もあったと思うんですよ。

でも、何よりも、みんなのなかにあった不安。なんか国おかしいよなって。なんかおかしくないか?っていう人もあったと思うんですよね。そういう部分なんじゃないかな。この閉塞感だったりとか、不信感というものがみんなの心のなかにあって、そんなん口に出して言っていいんだって。こいつ、マイクであんな大きい声で言ってるわ、みたいな。わからないですけど。

それまでやっぱりみんな思ってたんですよね。でも、これってしかたのない事なのかなと思って、もうその気持を忘れようとしてたり、現実を受け入れようとしていた人たちもいた。こんなものは受け入れられるかってことでずっと動いてた人もいた。その人たちが一緒になったということなんじゃないかなと思いますね。

なんか、よく言われるのが、ネット選挙でいちばん追い風を受けたのは僕だ、みたいな話なんだけど、そうではないと思うんですよ」

土佐「なるほど。なぜですか?」

山本太郎氏「というのは、このネットっていう、事故後、国の見解というか、国が出した報道。それを伝えるマスコミ。で、ここに不信感をずっと持っていた人たちというのは、ネットで繋がってるんですよね。ネットから出てくる情報で、違う方向からの情報を集めてたというか。

決して一方向からではないものを、いろんな方向から情報を集めるためにネットが活用されたという部分があったと思うんですよ。だから、今回、もちろんネットという部分も手助けされた部分もあると思うんですよ。情報の拡散だったり。出れるメディアが限られているという。ネットメディアか、草の根しかないから。そういう部分があったんで」

土佐「たしかに、草の根っていうことに対する親和性というのは、あったんですかね?ネットと草の根の活動という部分というのはマッチできた?」

山本太郎氏「この問題が起こったあとから、草の根とネットしか使えないというのは共通の認識なんですよ。みんなの。たまにやってくれるけど、それはなかなか厳しい部分があるよなってことはもう理解してる部分なんですよね。

だから、ネットというところで、もともとベースがあったってことですよね。今回、特別ネットがってことじゃなくて、ネットの中ではもうずっといろんな議論があって、色んな情報があったってことだと思うんですよね」

土佐「そのいろんな情報のなかが、すべてがすべて、それがプラスになるわけではなかったっていうわけですよね」

山本太郎氏「もちろんもちろん。でもまあ、一番大切なことは色んな情報があるってことだと思うんですよ。なんか、誘導される情報ではなく、自分でいろんなところに飛んでいって、どこで止まるかってこともあると思うんですけど、それ以上、深めていけることもあるだろうし、そこでやめとくこともできるだろうし、それはどの立場の人においても言えることだと思うんですよね」

土佐「なるほど。やっぱりその、いろんな情報があって、いろんな。それはつまり、選択肢、確かにあると思うんですけども、どうしても政権を決める選挙で、衆議院選挙なわけですよね。そこの選挙制度。まあ比例制もありますけども、基本的には小選挙区があって、それはどうしてもやっぱりそれは二大政党というものを作って、政権交代が出来る仕組みなわけです。まあ、簡単に言っちゃえば、2つのあれになってくださいっていう仕組みになってるんですよね。これはどう思われますか?ダイナミズムが起きるはずだっていうのが」

山本太郎氏「どうやろな。でも、投票率80%ぐらいいかなきゃ無効って話ですよね。はっきり言っちゃうと。結局、組織でしょって。組織でしかないじゃないかって。どれぐらいの組織票を固めるってことが、あと、メディアを使いながらの誘導、投票への誘導。そのための予兆があったりだとかいうのもあるんですよね。

その予兆というものを載せること自体がどうなのかなと思うし。で、普通に考えれば、この3.11後の、というか、事故後の対応が最悪だったのが民主党ですよね。その土台をずっと作り続けてたのは自民党だったじゃないかって。だから、選択肢として、どっちも普通は、危機感を持ってる人たちは、どっちもないなって思っちゃうんですよね」

土佐「なるほど」

山本太郎氏「しかも、事故後、自民党が考えを改めたかっていうわけじゃなく、余計もっと行こうぜっていう。だとしたら、ありえない選択なんですよね。他にやってることも、例えば、衆議院の時に205人の議員たちがTPPに反対だって言って受かったくせに、その後、内閣一任だって。完全な裏切りですよね。その審判が下されるべきがこの参議院だったわけですけど、けれども、やっぱりもうないよなって。何が選挙だよって。

もういいよって。勝手にやってろ、おまえらっていうふうにされてるってことなんです。だから、投票率が低い。だったら、組織が強いよねって。もちろん、いろんなふうに誘導されてきた人たちが、なんとなくノリで乗っかる部分もあるでしょうし、だから、完全に誘導に乗ってるわけですよね。もう、民主党にノー!って。なんだそれって。あなたたち、言えませんよ、そんなことって。

だから、こういう二大政党がどうしたこうしたって戦いにしたほうが、誘導しやすいですもんね。色んな意味で。で、結局、第三極のフリを続けている自民の補完勢力もいるわけだし。自民党の。選挙の時だけ、こう、自民党にどうのこうのということにしておいて、第三極っていうフリを続けてるけど、あなたたちお仲間じゃないですかって。方向性、一緒ですよね」

土佐「それは維新もそう見える?」

山本太郎氏「補完勢力ですよね。完全な。みんな(の党)も。見える、ではなくて補完勢力だと思うんですよ。もう明らかですよね。TPPもOKしてるし。脱原発って言いながら、TPPオーケーって言ってるみんなはもうすでに矛盾してるわけだし。結局、自民党の補完勢力っていうよりも、この新自由主義っていうものを加速させようとしている勢力ですよね。なになに党がどうだって話ではなく。そことの戦いなんですよね。たぶんね。どうするんだって。

もう、経済優先というのをより加速していくのかって。経済優先をより加速させていくっていうその先には、価格競争があるだろうって。そこから搾取されるのは労動者だよなって。長時間労働低賃金っていうのがよりひどくなっていくよなって。

TPPによって非関税障壁ってされるものがどんどん、非関税障壁がもう全部撤廃される。だとしたら、どうなんだと?海外からもよけい安い労働力が入ってくるよなって。そしたら、この長時間労働低賃金をもっと加速させるの?って。ただでさえ、価格競争っていうのの行き着く先には労動者の搾取があるのに、それがもっともっと加速するよねって。

でも、この国はずっと前から人々を切り捨ててきた歴史があるよねって。過労死、放置してきたよねって。今もその過労死だったり、過労死までいかなくても、要は若者たちがうつ病になったりまでとかって、使い潰して社会復帰できないというような企業が見逃されているのは、税金というお金。納めてくれれば優良企業としてるって。

逆にいうと、そういうブラックとされるような企業の代表が選挙にも出たよねって。受かったよねって。これはもう、メッセージなんだよって。はっきりとメッセージを示してくれてますからっていうことなんですよね。

だから、何に反対だっていうか、なにが嫌なのかってことですよね。切り捨てるのをやめろよって。だから、原発だとか、色んな問題があるんですけど、一番シンプルなメッセージとしては自分自身が切り捨てられたことによって、この国には切り捨てってものが存在したんだことに気づいた。で、原発の問題、被曝の問題を見てたら、あ、どんどん切り捨てていくんだなって。数値を上げたぞって。

子どもたちにそんな数値を与えるなんて完全に。なるほどと。よく分かりましたと。じゃあ、やりますって。声を上げる1人になりますって。積極的にやります、その1人になりますってことを決意した。

で、原発の問題から入っていったけれども、結局、労働という問題でも切り捨てが続いていた。今もか。すげえなって。じゃあ、ちょっと待ってって。じゃあ、その使い潰された若者たちはどうなっていくんですか?って。

もう社会復帰できませんよねって。だとしたら、医療費の問題だったりとか、生活保護っていうところだったり。誰が面倒見ますかって?僕たちの税金です。この先、どうなっていきますか?って。

本当は希望を持って楽しく働いて行けるって環境があれば、その若者たちが財政だったり、未来というものを支えていく礎になっていくはずなのに、この切り捨てを認めているってことは、ああ、目の前のお金を回収するって感覚でしか、運営されてないな、この国はって。

全部つながってくる話なんですよね。だとしたら。はあ、これは、なるほど。じゃあ、この国には、電力が足りようが足ろまいが、原発はあるし、100万年のゴミの問題があろうがあろまいが関係なく、1日で普通の原発の一年分の毒を出すような再処理工場も動かそうとしているわけだし、エネルギーが足りてる時点で、原発を続けていく理由なんてなくて。

燃料調達が高いだろって。総括原価方式だろって。お金を使えば使うほど3%上乗せする。お金を大胆に使えば使うほど、自分たちの利益が大きくなるって話だよねって。そこから改めないとって。だって天然ガスの値段、下がってるんだもんって。

いやいや、火力の燃料費が大変で、石油も含めてって。でも、石油って1割だけですよね。いろんな形でいろんな嘘というか、嘘と本当が混ざりながら、僕たちに刷り込もうとされているような部分があって、すんごい手強いし、これをひっくり返すのってすごい大変だなって。それはみんな、もう選挙なんていいよって話になるわって。

でも、やっぱり原発が爆発したっていうときに、すぐ避難できた人もいた。そのなかで生活保護を受けながら、この危険な情報は入ったけれども、ちょっと交通費もしんどいよなって。西日本まで行く交通費もしんどいよなって人たちの話も聞いたことあった。

どうしてあの時、動かなかったんですか?って。大丈夫やなと自分で判断したんですか?って話をしたときに、いや、まずいなとは思ったけども、交通費さえもしんどいっていう人たちの存在もあったってなったときに、ひどいなって。普通に。それを自分がどうできるわけでもないけど。すんごい残念な状況にあるよなって。なんとか、自分一人で変えられるなんて思わないし、自分が何かのそんな力を持ってるとは思わないっていう。

でも、その先頭に立って、みんなの力を借りれば、一言で言うと、諦めが悪いっていう部分になるのかもしれないけど、そういう人の声を聞いたり、10代の学生が、山本さんの話は分かったけど、僕たち、どうなるんですか?これからって聞いた時に、返してあげれる言葉が見つからなかった。

でも、今だったら返してあげられる言葉がある。その時に返してあげられる言葉は、海外に出るって選択肢も考えたほうがいいってことしか言えなかったけど」

土佐「今は?」

山本太郎氏「今なら、もちろん海外に出るって選択肢。自分のいろんなものの見方だったり、海外から日本を見たらどんな感じなのかってことを勉強する必要もあるけど、もしも自分自身のなかに、そういう計画が考えられないんだったら、力を貸してって言えるじゃないですか。

もっと声を広げたいから。学生をもっと集めてきてよって。話しさせてくれへん?ってことも言えるわけだし。若い人に残ってもらわないといけないですよね。逆にいうと。若い人に怒ってもらったら困るっていう意識が国の側にあるのかなって。権力側にはあるのかなって感じます。

国立の大学に話をしに行くと、国立の大学の中でも、こういう原発をやめたいっていうような学生が集まって話をするってところには、弾圧があると聞いてて、僕も実際に行ったけど、学校の職員がガーッと出てきて、もうこれ以上、入らないでくれって言われたりしたこともあった。

逆に若い命を守るっていうか、若い人たちが自発的にそういうことを考えて、運動に繋がっていくってことが一番恐れてるんですよね。国立にありますね。そういうところが。で、学校の中で電話されて、過激派と繋がってます、だったりとか、あいつは過激だっていう噂を学校のなかに流されたりとかしながら、弾圧を受けているっていう学生の話。福島大学だったり、富山大学だったりってところで、その学生に話を聞いたりってことがありましたね。

だから、相当、若者たちが立つってことを恐れているんだなって。それはそうですよね。しがらみがないっていう。社会人に比べて時間はある。正義感は強い。本当のことを知ってしまった時に、自分たちの未来なのに、何やってくれてんだって話になる。

この2年間のあいだに、いろんなところの選挙の応援に行ったりとかしたんですけど、あるところで、ミュージシャンが応援に来るって話だったんですけど、その会見をやるってことになったんですけど、どこかの地方紙の記者さんから教えてもらったのは、電力会社から広告代理店に圧力じゃないけどかかって、取材に行かすなってことになって、結局、有名なミュージシャンが来たのに、その取材に来たのはネットメディアだけだったって。

若い人と音楽が繋がられるってことが一番怖い。若い人たちの。要は、ただの演説だったら、うわあ、なんか面倒くさそうやな。なんか、おっさんテンパッてるなみたいな感じで、僕、指差されそうな感じだと思うんですよ。ビール箱の上に乗ってるあの人、なんかテンパってない?必死やな、おっちゃんって、最初は斜めに見るところがあるかもしれないけども、音楽が流れて、心がちょっと開いて、触覚というか、感受性の触覚みたいなものが伸びたときに、こう、言葉がそこでつながれば、これが大きく開いて行くんですよね」

土佐「それはまさに今回の選挙戦でも」

山本太郎氏「実証されたと思うんですよね。僕の選挙区でもあったり、あと三宅洋平の得票数だったりってことが。それは衆議院の時から、その試みってことは行われていたんですよね。だから、今回、それで一議席、実を結んだ。それをたぶん色んなところでやっていくってことで、変えていけるようにならないかなって。

何も無茶なこと言うてないですよ。商売やってくださいよって話なんですよ。商売やっていただいて結構だって。お金儲け、いいじゃないですかって。潤ってくださいって。富の分配がされればって。けど、この持続可能なことをしてほしいんですよ。

その先の世代の未来が閉ざされるような、一か八かやってったろうぜって。行けるとこまで行こうぜっていうスタンスではやらないでいただきたいっていうことを訴えたいんです。切り捨てないでって。今やってることは、今あなたのポジションだったり、あなたのこの任期っていうもの何年間ってものは守られるかもしれないけど、先々のあなたの社員だったり、今まで商品を売ってきた消費者っていうところの命は守れれないでしょ?

だからもっと持続可能な商売をやってください。持続可能なことにつなげて行きませんか?ってことを、なんか本当はもっと政治家っぽく賢い言葉で言わなきゃいけないんですけど、僕はこんな言葉しかしゃべられないから、その思いを伝えていけたらなって。なんか、すごくド素人なんですけど。でも、変になんかそういう言葉を身につけて、なれない言葉を吐くよりも、もう本当に、子供が大人に訴えてるっていう感覚でもういいと思うんですよね。すいません。ちょっと分かっていただきたいんですよって」

土佐「今回、だからいろんな既成政党だったり、社民党だったり、生活の党だったり、また緑の党というのもありましたけども、そういうのから、まあ声がかかったと思うんですよ。だけど、それはやっぱり断られた。それはそういう思いがあったからですか?」

山本太郎氏「そうですね。一番最初にやろうとしたことは、本当の第三極。僕の中で言う、抵抗勢力。原発には反対だよ。で、TPPなんて反対だ。憲法改悪反対だみたいな。反貧困だよっていう感覚を持ってる人たち。そのなかの全部じゃなくても、2つ3つ共有できるところがあるならば、その抵抗勢力がひとつになったらいいのになって。

そしたらはっきりするじゃないですか。なんか、そのなかでも脱原発、脱被曝とか、憲法改悪とかいろいろあったんですけど、主張はあるんですけど、そこはTPPで本当は持っていきたかった。

反TPP統一戦線でいきたかった。要は、メディアからのTPPの流れてくる内容というのは十分ではなかった。やっぱりこれが一番すべての人々に関して、すべての人に共通する問題。そのなかには、TPPに入ることによって難しくなるという部分がある。

脱原発という考え方が、もうすでに非関税障壁という可能性が高い。それだけじゃなくて、TPPのキモであるISD条項ということによって、脱原発することによって、損害賠償請求っていうものが行われる可能性が高い。

だから脱原発という部分では、そのTPPももちろんイコール。例外がひとつもない。24分野に渡るという部分で、要は何のためにTPPに入るんだということになると、それはもうTPPの内容を知ると、これはもう国と国の取り決めじゃないよねって。

要は大企業、多国籍企業のために、いかに最大限に商売できるのかっていう。合法的に経済によって植民地化していくよね。奴隷化されていくことだよね。それを加速させていくものだよねってことが理解できると思うんですよ。だけど、例えばその抵抗勢力が反TPP統一戦線というものを組んだとしたら、このTPPに触れないわけにはいかないですよね。メディアも。

例えば、一緒に党首討論とか、わからないですけど、そういうものがあったとしたときに、必ずTPPのことを漏れずに伝えなきゃいけない。だとしたら、もっとTPPの危険性という部分に関して、たくさんの人たちが気づける可能性がある。

そこでひとつになりたかったんですよ。そこで、枠が大きければ大きいほど。出来れば、共産党さんにも入っていただきたいんですけども、という感覚で。いや、でも共産党がっていう人もいるわけですよね。イメージというか、そういう刷り込みがあったのかどうか分からないけど。

でも、そこの人にもみんなに入ってもらったら一番最高だなと。枠組みとしては歴史的だなって。どうして手を組むんだよって。それはTPPが大変なことだから。すべてのことが含まれたことだからという部分になりますけど。だけど、難しかった。それは、やっぱり、もう時間がないよと。

それを皆さんに知ってもらうまでに時間がかかるという部分もあったけども、まあ、でもそこは関係ないなと思ったんですよ」

土佐「自分が利用されないかって思いはなかったですか?」

山本太郎氏「いや、利用してくれればいいなと思ったんです。捨石になりますって。だから、本当は比例で自分は出たほうが得票数は取れるかもしれないじゃないですか。他の議員さんよりも一応全国ニュースされてたって時期もあったわけだから。知ってる人知らない人はいるでしょうけど。

でも、そうなることによって、名簿方式じゃないから。名簿だったら、もう自分は下位のほうでいいなと思ったんですよ。そしたら、どんどんすぐ、即戦力として戦える人たちがたくさんいるわけだから、その人たちに上がってもらったほうがいいなと思った。だけど、、名簿方式じゃないわけだから、あいつが比例で出たら、上がれないかもしれないという不安を取り除くために、じゃあいいですよっって。選挙区で出ますからって。一番効果的な、だったら東京選挙区だろうなってことになるわけじゃないですか。という形だったんですね。

じゃあ、わかったと。その調整で難しいのであれば、結局、その統一名簿という形を作ったときに、統一名簿方式にした場合に、うちにはうまみが無いんだという人もいるかもしれない。政党によっては。それをやっちゃうと、うちの党は地味だから、うまみが無いんだよという党があるかもしれない。もし、本当にひとつになってくれるんだったら、じゃあ自分はその党から選挙区で出るという形もアリにしますっていうフルオープンな形でいったんですけど、だけど難しかった。それぞれ、悔いのないように戦いたい。

結局、大きくまとまってダメだったら、誰も納得いかない。あれをやるんじゃなかったってことになる。だけど、それぞれの党で今までどおりのやり方で戦ったとしたら、それはしょうがなかったよね、全力を尽くしたよねってことで諦めがつくということになっちゃったなんですよね」

土佐「ああ、そういうのがあるんですよね」

山本太郎氏「ああ、ダメやったなって。今回も、もしも一つになれてたら、離れた人もいたのかもしれないけれども、有権者は。あと何議席かは増やせましたよね。まあ、終わった話なんですけど。結果論なんですけど。あと、可能性もあったよなって。もっと注目される。

で、ひとつそれがダメになったから、じゃあ次はどうしたらいいんだと思ったときに、じゃあわかったと。なんか注目される新しい枠組みを作る。好き勝手にやるんですねって。だとしたら、じゃあ好き勝手にやる方法を、じゃあ自分、取ろうかなと。選挙区でひとりで出るという前に、1つ枠組みを作ろうとしていたんですよ。比例の。それもやっぱりちょっとむずかしかったですね」

土佐「それはTPPだったんですね。脱原発じゃなくてね。全部を包含するという」

山本太郎氏「そうです。だから、例えば、それが脱原発、なんとかかんとか、なんとかかんとかっていうものになってしまうと、それぞれ分裂させられるというか、要は、尺が15分あったとして全てをしゃべろうとしたら、要は、相手側もあることだから、話す内容が3-秒ずつのコメントになっちゃうとか、1分ずつとかって分かれちゃうから、その危険性っていうのは、そこまで深くは話せない。

ワンテーマ、ワンテーマ、全てを網羅しなきゃいけないから。でももうその15分をTPPっていうものの内容に使えたとしたら、それは、ああ、なるほどと。この対立軸。TPPに賛成する人たちと反対する人たちっていうのは、はっきり言って、この国に住む人々の生活を守る人たちと、多国籍企業に売り飛ばす人たちという、明らかな二項対立ができるんですよね。

そこに持っていきたかった。分かりやすい。いろんなことがあると、あれについてはこうだけど、これについてはこうだけどってことができるけど、本当に売るのか守るのか、どっちなんだってなった場合に、入れるほうも、参加しやすい。

それ以上に分かる人たちは、もっと細かいとこを見ていけばいいわけで、入り口としてどこに入れようかなという人たちに対して示しやすいというのを作るのが大事だなと思ったんですよ。

それに一番適してるのがTPPだと。でもそれが難しかった。新しい枠組みも難しかった。だとしたら、じゃあ分かりました。無所属10人衆みたいな感じで出たかったんですよ」

土佐「おお。10人で変えられますか?」

山本太郎氏「この10人というのは、たぶん全員通るっていうわけではないと思う。だけど、そのなかで、スピーカーとして、例えば福島の方。例えば、10人いたうちの5人だったり。もうその顔ぶれを見れば、権力側がうわあって。めんどくさいこと知らしたなってことがわかるってことですよね。その5人にはもちろん得票、通るんだったら通ってもらうって可能性があるんですけど、じゃなくて、スピーカーとして出てもらうって可能性はあったよなって。

そしたら、政見放送だったりとかっていう。メッセージとして。あとは街頭に立った時、街宣したときに、生の声を聞いてくださいと。要は切り捨てられた、とんでもない、なにも終わってない。そのなかには収束作業員の人がいるかもしれないし、子供を守るために避難したお母さんもいたかもしれないし、という10人のうち5人はそういう本当のスピーカー。

で、あと5人。全国的に票を取れるような、比例で立てて、だとしたら1か2はいけたんじゃないかなと思うんですよね。それによって、わからないけど、政党助成金、交付金?みたいなもので、準備に入れたりとか、そういうことですよね。という可能性も狙ったんですけど、難しかった。じゃあ分かったと」

土佐「供託金を変えたほうがいいと思います」

山本太郎氏「絶対に変えないといけないと思います。もうそこですね。キーは。本当。新規参入をどんどんしていくっていう」

土佐「そうですね。ある一定程度の得票率を取ったらこれは民主主義で多様な意見を、要するに民主主義に貢献したからっていう、多少選挙資金が返ってくる。逆に」

山本太郎氏「いいですね。出した供託金よりも高い**が返ってきたりとか」

土佐「だから、そうやって選挙活動費の一部がこう」

山本太郎氏「ああ、いいですね。そうあるべきですね」

土佐「これが、国会の中だと一番難しいですね」

山本太郎氏「国会の中ででか。まず、仲間が見つかるかってことですよね。見つかると思うんですよ。昨日、ちらっと見たら、無所属の方がいらっしゃいますよね。だとしたら、どこまで覚悟を決めていらっしゃるか。

何を専門にされているのかという部分で、どこまで覚悟を決めていらっしゃるのかっていうのは、たぶん僕がこういうことを求めてるってことなんですけども、そこは一旦置いといて、どういうことを挙げていらっしゃる方々なのかってことを調べなきゃいけないと思うんですよ。

で、あ、この部分、ちょっと自分も興味あるなと思ったら、勉強させてくださいっていうか、一緒にこのことについてコミットしていっていいですか?って。広げたいですっていうことを。だから、いろんな分野にそういう人たちがいると思うんですよ。自民党のなかにもいらっしゃると思うんですよ。

例えば、民主党だったら、長妻さんって方は年金と生活保護という部分にコミットされていて、結構、その世界ではすごくやっぱりリスペクトすべき人だと思うし、そういう人にコミットしていって、勉強させてくださいっていうふうにやっていけばいいと思うんですよね。

そしたら、問題は被曝。一番大事なのは、僕はいかにリスクを減らすかっていう部分で、被曝という問題をどうやれば表現していけるのか、減らしていけるのかということを一番に守らなきゃいけないチオ思うんですよ。

それ以外にもいろんな問題で力を借りて行くというのは、本当にそういうことをしていかなきゃいけないかなと思います。どこの党とやっていくのかっていうことじゃなくて、個人だと思うんですよね。

もちろん、そこの党の力を借りるってこともあるのかもしれないけど、その活動されている個人。それぞれの人たちの本気度っていう部分。その分野の本気度は、僕のこの被曝の本気度とたぶん同じというか」

土佐「その分野で?」

山本太郎氏「エネルギー量としては。熱量としては同じ。もちろん、その深さというのはぜんぜん、やられている方々のほうが深いんですけど。という部分で、コミットしていって、勉強させてもらいながらって考えたら、時間がかかるんですよね。やっぱりね」

土佐「まあ、でも6年あります」

山本太郎氏「そうなんです。任期は6年あるんですけど、そこを勢いをつけていくには、どんどん外に出て、国会内の仲間も、国会外の仲間もどんどん。

だから、頑張ってください、じゃなくて、頑張って行きましょうって言葉がほんとうに多かった。頑張ってくださいってよく言われるけども、それ言われると、頑張ってくださいってあなたの問題なんですよ、っていう思いだったんですけど、一緒にやりましょうとか、一緒に日本を変えていきましょうっていう言葉を街頭でたくさんいただいた。

だから、そういう言葉をたくさんの人たちから、日本全国の人たちから、いろんな人たちが挨拶するときは、頑張っていきましょうってことになるぐらい、当たり前になるぐらいにしていけるんじゃないかなと思うんですよ」

土佐「わかりました」

山本太郎氏「すいません、なんかほんとうに。ダラダラ僕がしゃべっちゃって」

土佐「ありがとうございます。僕ももうぜんぜん十分です。ちょうど1時間半ですね」

山本太郎氏「思いばっかりですいません。これを形にできたら最高ですね。どうしたら形にできるのかってことをちょっと考えていきます」


<終>

山本太郎氏のサイト「今はひとり」→imahahitori.com/
フェイスブック→
www.facebook.com/imahahitori YouTube→www.youtube.com/channel/UCNAHgqpOLF1hBJaDFwVGggg
ツイッター→
twitter.com/taro_koho
ブログ→
ameblo.jp/yamamototaro1124/
密着ツイキャス→http://twitcasting.tv/yamamototaro0


放送法http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

NHKふれあいセンター(ナビダイヤル)0570-066-066
上記ナビダイヤルをご利用になれない場合は050-3786-5000へおかけください
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)
FAX番号 03-5453-4000
メール→
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi




クリック頂けると大変うれしいです   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ &いつもありがとうございます
勝手にご紹介⇒岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1991-6c4498c6
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。