Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


【反TPP】TPP交渉「貧乏人は死ね!」ブルネイラウンド、日本からTPP反対議員ら有志6人がステークホルダー会議に出席。NHKは彼らの存在無視。

SnapCrab_NoName_2013-8-28_8-57-39_No-00.png←TPP交渉ブルネイラウンドのステークホルダー会議等に出席された「TPP反対」の現職国会議員、元国会議員の有志の方々。
左から、山本太郎参議院議員、首藤信彦氏、山田正彦氏、徳永エリ議員、篠原孝議員、山崎摩耶氏。

「頑張れ、日本国交渉団」の横断幕。この「頑張れ」にはちゃんと意味があって「頑張って引き伸ばせ」という意味だ。間違っても「早く決めてしまえ」という意味ではない。

ブルネイ現地での様子は、山本太郎氏を選挙中からずっと可視化中継を行なってきた山根さんという方がわざわざ現地に飛んで下さり、現地よりツイキャス中継が行われた。首藤氏だけ独自に情報収集されてるようで、別行動の様子。

ぜひともチェックしていただきたい。渡航費用などは、カンパを募っているそうなので、下段にリンクし微力ながら拡散協力したいと思います。

当方は、IWJを個人的に支援するとともに、この太郎氏ツイキャスも応援したいと思います。その一番の理由は、双方とも「情報の可視化」です。


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ
さて、ブルネイラウンドでの一幕、大手マスメディアも前回ほどではなかった様子ですが、ごっそり来てました。
https://www.youtube.com/watch?v=twKsnvfetys
ただ、TPPブルネイラウンドに関してどのように報じたか、問題ないか?ということは愚問でしょう。問題あるに決まってる。民放系はスポンサーの奴隷。だとするなら、公共放送として我々から料金を徴収しているNHKが我々国民のために正確に公正に公平に不偏不党の放送法4条に則って報道してくれているか?といえば、NHKこそ違法な、ろくでもない大本営発表報道しかしないことは、以前よりこのブログで批判してきたところ。

SnapCrab_NoName_2013-8-28_14-59-11_No-00.png

↓勝手な印象ですが、右側女性を見ると、顔をしかめ、敵意むき出しの表情。
SnapCrab_NoName_2013-8-28_14-59-57_No-00.png

なぜそう思うのかに関しては、それは選挙最後の渋谷で行われた選挙フェス直後のぶら下がりの時の様子と、それから元大手新聞社記者だという女性とツイッターでのやりとりしたなかでの推察です。

ますます右翼化する産経が報じたニュースのなかに、山本太郎氏の発言が【一部】報じられていた。

TPP交渉会合 業界関係者に対する会合 山本太郎参院議員の姿も
www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00252633.html
ブルネイで行われているTPP(環太平洋経済連携協定)の交渉会合では、業界関係者に対する会合が開かれている。
TPPの影響を受ける業界関係者にとって、各国との意見交換の場に参加するのは初めてとなる。
また、国会議員の姿も見られた。
TPPに反対する山本太郎参議院議員は「ますます、今絞まっているみんなの首が、どんどん絞まっていくっていうのは、TPPだと思っています」と述べた。
業界関係者の会合には、日本から、農業団体やNPO(特定非営利団体)法人など、23の団体が参加している。
また、TPPの参加に反対する山本太郎参院議員や、山田正彦元農水相も会場に入った。
午前中は、日本の5団体などが各国の交渉官らを前に、意見を述べることになっている。
午後からは、首席交渉官と業界関係者との意見交換が行われるなど、日本の国益を守るため、業界関係者は、まさに重大な局面を迎えている。



↑このアナ、太郎氏が初登院のときに、敵意むき出しの質問を浴びせた「島田」?アナ。

←田中龍作氏の記事『山本太郎氏と渡辺美樹氏 好対照な2議員の国会初登院』を受けて、太郎氏密着ツイキャスをたどれば、ワタミにヨイショで太郎氏に厳しい当たりをした「民放テレビの女性キャスター」



いつもの手口、発言一部分だけ切り取り、というのはあっても、なぜここの部分だったのかは不明。ただの陰謀論者に仕立てあげたいのか?

↓テレ朝

山本太郎氏ら"TPP参加反対議員"もブルネイへ(13/08/26)
news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000011255.html
 TPP=環太平洋経済連携協定に反対する山本太郎参議院議員や民主党の議員らも関係者らと会談などを行うため、ブルネイに向けて出発しました。

 山本太郎参院議員:「TPPというもの自体が、僕たちの生活を根底から覆すものだ。TPPの危険性というものを自ら乗り込んでいって、たくさんの人たちに注目してもらいたいという意味合いもある」
 山本氏や山田元農水大臣、民主党の篠原孝元農水副大臣らはブルネイで情報収集をするほか、JA関係者らと会談をする予定です。また、日本以外の国の交渉担当者とも面会し、日本国内にTPP反対の声があることを直接伝える考えです。




TPP意見交換会に日本初参加 元農水相ら反対訴え(08/27 16:46)
news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000011334.html
各国から関係者が集まるTPP=環太平洋経済連携協定の意見交換会に日本が初参加しました。

 山田正彦元農林水産大臣:「カナダは日本の市場をこじ開けたい、TPPを進めたいという気持ちはよく分かった」
 日本養豚協会・稲吉弘之代表副会長:「交渉官、与党の先生たちに一つ約束は守ってくださいよと。それなりのプレッシャー、激励は伝わった」
 ブルネイで開かれたTPPの利害関係者が意見を述べ合う会合には、日本から農業関係者ら40人以上が参加しました。日本の関係者にとっては初めての参加機会で、山田元大臣や野党議員もTPPへの参加反対を訴えました。






では、一連のぶら下がりで太郎氏がどのような趣旨の発言をしていたのかというと、

「TPPは農業だけじゃなく21分野に渡り、国民のすべてのことに関わってくるのに、国民の代表である国会議員が知れないなんていうのはおかしい。誰のための条約なんだってこと」

「国と国との取り決めなはずが、大企業、多国籍企業vs国の条約というのがTPPの実態。マスコミのみなさんだって知れるのは4年後。秘密交渉ってのがそもそもありえない」


↑このような内容だったはず。

それでも触れたのはいい。NHKなどはまったくスルーして、政府の動きだけを報じた。反対議員たちが現地に行って、ステークホルダ^会議に出席したことすら触れられなかった。(当方が知る限りにおいて)

そういう意味においては、産経よりもっと悪辣で、腐った根性のエリート集団と言える。NHKに関しては太郎氏はIWJ岩上さんのインタビューで、ハニトラのような可愛いタイプの女性をよこしてきたと語っている。
2013/08/19 次の選挙を見据えて、無所属の勢力結集へ ~岩上安身による参議院議員 山本太郎氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archivs/96945…

NHKに関しては、9.11以降のNHK職員の不審死の件をネット上で言われていることを裏付けるような証言を山崎淑子さんが、以前に岩上さんのインタビューで話されていることからも、完全に米国の奴隷洗脳プロパガンダ機関に成り下がったことは明らかだろう。今の惨状からしてみても。

太郎氏ツイキャス情報によれば、ステークホルダー会議にて、TPP首席交渉官である鶴岡氏に10分程度、質問できたそうだが、山田正彦氏を先頭に太郎氏も質問をした様子。

その内容の中心は、やはりISD。直近の情報で、日本からISDを取り入れろと要求したということに関して、それはなぜか?ということだったらしい。

鶴岡氏のその答えがまたため息しか出ないような陳腐なものだった。

過去のISDの事例(先進国対発展途上国の間のもの)を引っ張りだし、先進国に有利だから「日本はISDで負けない。勝てる」んだそうだ。どこまでバカなのか。奴隷なのか。

それを聞いて思い出すのが、第二次世界大戦時の日本軍大本営とメディア。

この表現もあながち比喩ではなくなってきていて、現実に「戦争ができる国造り」が差し迫っていて、そのための整備のためのあらゆる政治的動きが急速に高まっている故に、そのリアリティたるや尋常じゃない危機感を覚える。

このように、どんどんと既成事実だけが積み重なり、TPPの方向性が米国フロマンの強引なまでの年内妥結に向けて、参加したばかりの日本政府が自国の利益を守るために、つまり自国の主張のために長引かせる戦略をとるのかとおもいきや、日米で早期妥結を目指すという方向。

山本太郎氏「要するに、TPPをひとことで言うと『貧乏人は死ね!』ってことですよ」

どこまで行ってもアメリカのケツを舐める真似を続ける安倍政権。

それを確認したかのように、小泉元首相が「脱原発」宣言したそうだ。これにネット上で、またしても賛否分かれた。このような話は、安倍昭恵氏が選挙前に、少しでも自民票を獲得するための工作の一種と見るべきではないかと思うが、現時点での小泉脱原発発言の目的が不明なため、そして「脱原発」の主張で信頼性の高い山田孝男氏の記事だけに、みんな翻弄されているようだ。

安倍昭恵戦略でないとしても、このタイミングが何を意味するのかを考える必須要件は、もちろんここへ来てのTPPの動きである。日本はもうこれでTPPから抜けられないと判断した場合、「脱原発」を標榜しても、それこそ【ISD】によって不能になるのだから、そこまで想定すれば、「原発ゼロ」を叫んでも、結果としてそうならない現実になるわけだ。

じゃあ、小泉「原発ゼロ」発言をいま支持している人たちは、この流れで小泉に賛同し、自民党の支持率が少しでもあがれば、9月以降の安倍政権がやろうと目論んでいる国民への切り捨て政策の緩衝材になることは間違いないと見るべきじゃないのか?

一方、みんなの党もごたごたがあった。先日、たまたまラジオで渡辺喜美代表が大竹まことのゴールデンラジオに出演されたのを聞いたが、これがちょっと面白かった。

冒頭、調子よく、公務員改革の必要性を饒舌に語っていた。いつものように「小さな政府」を主張し、その裏にある新自由主義、多国籍資本による収奪というキモを隠しつつ、正論偽装して弁を振るった。

しかし、大竹氏が、普天間のことや日中、米中などに関連して、日米関係について質問した途端に、しどろもどろとなり、いきなり、核を持った中国、北朝鮮の脅威があるから、日米同盟はとても大事です、と語り出した。その論理たるや稚拙で、大竹氏も返す言葉もない雰囲気がラジオから漂った。

結局、あれだけ威勢のいい発言をしていた喜美氏が、急に言葉を濁し、「え~っと」「ああ~」「それはですね・・・」などを繰り返し、やっと見つけた言葉がそれで、日本はアメリカの属国であることを証明する以外何もなかった。

自民党の消費税増税には反対だという点、1000兆円を超える借金があると言いながら、600兆以上の資産があることや、そのうち金融資産が430兆あるんだみたいな主張(高橋洋一氏などの影響?)は、冴えていたが、「アメリカ」を出されたあとはもうグダグダの尻すぼみ。

太郎氏が選挙前に、反TPP統一戦線を模索したことは正しいことが証明された。
その太郎氏、ブルネイ初日夜のツイキャスがYoutubeにアップされていた。



やまちゃん「書き込みで、小泉元首相が反原発を宣言したっていう、ご存知でした?」

太郎氏「知らんわ。どうでもええわ。日本を壊した人の一人やのに。日本を売った一人やのに」

最後に、冒頭紹介したツイキャスを担当された「やまちゃん」の渡航費カンパの話。

こちらにその事情説明とカンパ先などの記載がありますので、ぜひ、リンク先に飛んで、読んでいただき、ぜひ拡散していただきたいと思います。

聞いた話によると、35万から50万ぐらいかかる(3Gの通信費がかかっているそうです)かもしれないとのことで、現在15万ぐらいしか集まってないそうです。

あと、太郎氏が9月頃から街宣全国行脚を始めたいとのことで、そのためのキャンピングカーをどうするかということで、リースでは一日3万もかかるそうで、苦慮されているようです。個人的な意見としては、おそらく中古で購入されることがのぞましいでしょうが、ここでも費用の問題がありそうです。どなたか、情報提供あればいいですね。

AntaMedia http://antamedianews.blogspot.com/2013/08/antameia.html?spref=tw…
今回、ブルネイで行われるTPP交渉を山本太郎が非公式に取材する傍らに、日々の可視化を行ってる山根君を是非行かせたい、と言う声がネット上で上がり、彼の渡航費、取材費をAntaMediaでカンパを集金して、彼の活動費に充て、その素材の製作を僕らがお願いする形をとる事になりました。・・・


山本太郎氏のサイト「今はひとり」→imahahitori.com/
フェイスブック→
www.facebook.com/imahahitori YouTube→www.youtube.com/channel/UCNAHgqpOLF1hBJaDFwVGggg
ツイッター→
twitter.com/taro_koho
ブログ→
ameblo.jp/yamamototaro1124/
密着ツイキャス→http://twitcasting.tv/yamamototaro0

【会員数1万人への道】2013年8月27日現在・全有効会員数4,708名!(内サポート会員938名、一般会員3770名。)本日は新規登録1名!再開7名!継続的な定額会員としてご支援お願いします!ご登録→ http://iwj.co.jp/join/ @iwakamiyasumi





放送法http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

NHKふれあいセンター(ナビダイヤル)0570-066-066
上記ナビダイヤルをご利用になれない場合は050-3786-5000へおかけください
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)
FAX番号 03-5453-4000
メール→
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi

クリック頂けると大変うれしいです   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ &いつもありがとうございます
勝手にご紹介⇒岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal

関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1994-0e690b4b
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費