Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シリア情勢】<後>シリア反政府勢力:化学兵器攻撃は自分たちが行ったと認める(ROCKWAY EXPRESS)~安倍政権の自主権なき奴隷外交

←どう考えても、この頭のなかはカラッぽだろう。

官僚のカンペ通りに、しどろもどろながら読みこなし、取り巻きの官邸官僚たちによいしょされ、良い気分になり、ちょっと居丈高に、中国や韓国を見下し、自らの侵略の歴史を省みることなく、他方で、アメリカにはひざまづき、靴を舐めまくる。

TPP、そして同時に日米並行協議で譲りに譲って、売国大セール中。御用学者が詭弁バラマキ。

原発事故に関しては、東電を維持存続させるだけのために、血税を次から次へとブッコミ、海外からの大批判も見ないふりして、国民には情報を伝えようとしない。

他方で、増税への足がかりを作るべく、意見聴取で既成事実化のための、消費増税へのガス抜き工作。

そして、マスコミどもと一緒に飯を食っては大本営発表、情報操作で世論誘導。

秋の国会で、秘密保全法で、情報統制。

集団的自衛権行使容認という裏口は麻生曰く、ヒトラー方式。

急速にこの日本が没落していく。ただ没落していくのではなく、格差拡大しながら、99%の生存権が脅かされながら、社会が疲弊していき、貧困層や若者たちが生活のためにやむなく国防軍?に入隊せざるをえなくなり、戦争に駆り出されていくアメリカのような堕ちた世界が現実にすぐ目の前に押し寄せている。


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ
←プーチン大統領:米国は安全保障理事会へシリア(政府の化学兵器使用)の証拠を提示しなければならない
どう考えても、論理的にアメリカ・オバマよりロシアのプーチンの言ってることは真っ当である。
毎日のこのタイトル↓

露大統領:ノーベル平和賞のオバマ氏、シリア攻撃やめて
【モスクワ田中洋之】ロシアのプーチン大統領は31日、シリア軍事介入を準備するオバマ米大統領に対し、ノーベル平和賞受賞者として攻撃を決定しないよう呼びかけた。訪問先の極東ウラジオストクで記者団に語った。プーチン大統領は、米国がこれまでイラクやアフガニスタンなど各地で軍事介入を主導したが、「平穏や民主主義は実現していない」と指摘。「シリア攻撃を決める前に、市民などに犠牲者が出ることを考える必要がある」と述べた。5、6日にロシア・サンクトペテルブルクで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議でオバマ大統領とシリア問題を話し合う意向があることも表明した。
 また、英下院がシリア攻撃案を否決したことについてプーチン大統領は「まったく予期していなかった。英国に健全な価値に従う人がいることを示している」と評価した。
 ロシア外務省は30日、米国が軍事介入の可能性を示したことについて「容認できない」と批判するルカシェビッチ報道官の声明を出した。
 声明では、国連安保理を経ない一方的な武力行使は「限定的(な攻撃)であっても明白な国際法違反だ」と指摘。米国がシリア軍事介入を強行すれは「政治・外交的な紛争解決の展望を害し、新たな対立と犠牲をもたらす」と警告した。
 また、アサド政権側が化学兵器を使用したという明らかな証拠はなく「米国の同盟国も(シリア攻撃に)“待った”を呼びかけている」と述べた。



アメリカ政府はシリアに関する4枚の報告書を出しましたよね。ロイター全文→http://www.reuters.com/

その中には、直接証拠はなく、アメリカはNSAなどを通じて、3日前からシリア政府の化学兵器に関する動きを把握していたとされており、つまり、事前に知っていたと自白しているわけで、それもおかしな話だが、他にもビデオの日付の問題とか、おかしなことだらけの疑問に対して、直接証拠をいっさい提示していない。

他方で、あっさり反政府軍側が化学兵器を製造する能力はないと断定している内容で、これは、カタールやサウジから持ち込んだという以前からの疑惑に答えたものではなく、証明するものは何一つ提示されていない、ただの紙っぺら4枚。

たった4ページほどのレポートで、今後、もし米仏が攻撃すれば、報復が囁かれているなかで、第三次世界大戦に発展するかもしれない軍事介入をアメリカは今やる気満々だということだ。日本は?

ロシアは逆に、反政府勢力が化学兵器で攻撃したという証拠を国連に提出したと報じられている。
さらに、国連の化学兵器調査団はスイスのメディアのインタビューに答え、反政府勢力によるものの可能性が高いと発言。
(前回の時も、反政府勢力の証拠しか見つからないと発言した歴がある)


  • あくまでこれは前回のときの話として。また真偽のほどはいかに→化学兵器を発射する自由シリア軍(反アサド外国人テロリスト)?2 #syria #chemical_weaponshttp://youtu.be/GfC3dEw2-nk @youtubeさんから
  • ②あくまでこれは前回(3月19日以降の映像とのこと)のときの話として。また真偽のほどはいかに→化学兵器を発射する自由シリア軍(反アサド外国人テロリスト)?1 #syria #chemical_weaponshttp://youtu.be/lq5PTD80DOA @youtubeさんから
  • 前回の映像。こっちは一発目が外れた?ことを報告する部下に、ボスが無線で「サリンを1つだけ持ってくるよ。サリンガスを」と話してる映像→自由シリア軍(反アサド外国人テロリスト)が化学兵器・サリンガスを使っている証拠#sarin_gas: http://youtu.be/Oz_MpgZhZLg
  • 国連シリア化学兵器調査団、「化学兵器による攻撃の責任はテロリスト」 イランラジオhttp://japanese.irib.ir/news/latest-nes/item/
  • 【必見です】2013/08/28 英米仏によるシリア軍事介入「合理性ない」 一般市民に多数の死者が出る可能性指摘 ~岩上安身による青山弘之氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archivs/98635…

アメリカ国務省で、アメリカの詭弁を突くロイターの記者の質問に、注目が集まった。(逆に日本の記者がクソだということも明確に)

「米国が核兵器を使用し、広島、長崎で大量の市民を無差別に殺害したことは、あなたの言う同じ国際法への違反だったのか」産経

つまり、シリアの化学兵器で大量の市民が殺されていることが国際法違反だと言うなら、それと同じロジックで、広島、長崎に原子力爆弾2発を落としたアメリカは国際法に違反するということと同じと考えていいのか?ということで完全なブーメラン。


アメリカの情報源はイスラエルだと言われているが、
  • イスラエル軍の情報機関が米政府へシリア軍の通信を傍受した内容を知らせたとする情報が流れているが、そのイスラエルが偽旗作戦を展開している疑惑も指摘されている | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ http://p.tl/KT5W

世界中の市民、国民が黙っていなかった。

イギリスではデモが行われ、(前回の時も行われた)議会では軍事介入が否決された。それまでのキャメロンはもう証拠なくても、安保理決議なくても軍事介入できると、勝手な理屈で前のめりだったのを議会が止めた。それは、当然、イラク戦争の検証が行われ、その時の二の舞いを踏むべきではないということだからだ。
SnapCrab_NoName_2013-9-1_18-26-54_No-00.jpg

アメリカ・ニューヨークでもデモが行われているん伝えられる。



世論調査(日本の世論操作的なものかどうかは不明だが、日本ほど腐ってはないだろう)
奴隷ジャパンは?言うまでもなく
  • 政府は、米国がシリア軍事介入に踏み切った場合、米国への支持姿勢を表明する方向で調整に入った。 http://bit.ly/17n4iz

日本時間の昨日深夜。オバマが記者会見を開いて、9月9日に議会が再開されるので議会に証拠(証拠ではない)を提出して説得するということらしい。

イギリスは議会が否決、軍事介入に不参加。フランスオランドは、上記、世論調査で8割以上が反対しているにも関わらず、こちらもキャメロン同様、前のめりに軍事介入やる気マンマン。少なくとも平均しても6割7割がフランスでも反対してる。それだけでなくオランドを過半数以上の人が信頼していないと答え、3割以上が全面戦争を危惧していると伝えられている。フランス国内に報復で跳ね返ってくることも想定してか、限定的で地上軍は見送るという。トルコはアサド政権を倒せと言っている。

他方で、世界中の先進国のなかでも、軍事介入に反対、もしくは参加しないことを表明する国が続出しているのはなぜかを考えるべき。イラク戦争に突入していった検証を行い、あるいは、大量破壊兵器はなかった、フセインはアル・カイダと直接関係がなかった、などの前回の失敗を繰り返さない先進国としての当たり前の学習能力、平和に対する蓄積、近代民主主義国家の進化があるからだ。

サルでも失敗すれば学習するが、
では、奴隷ジャパンは?

歴史に学ばない、あるいは見ないふりして都合よく修正しようとする安倍政権は、サル以下である。もう間違いない。

最後にもう一度言うが、オバマ政権の出した4ページに渡る報告書が全くのデタラメの可能性が高い。

シリア反政府勢力:化学兵器攻撃は自分たちが行ったと認める

これを取材したガヴラク記者のソースの信頼性は、PBSやBBCなどで補強されている。

もうすでにノーベル平和ショーがジョークだということは世界共通の認識になったが。

それでもやるか? オバマ。


米国が化学兵器施設をピンポイントで50箇所?一気にミサイルで攻撃し制圧できたと仮にしよう。その化学兵器工場にあるサリンガスやその他の化学兵器から漏れ出た汚染が数日のうちにその地域一帯に拡散していく。そうすれば、アメリカやフランスやイギリスら自身が批判しているアサドによる化学兵器大量虐殺に対する制裁は、今度は、米仏らが自らのミサイル攻撃によって、アサド以上のシリア市民が虐殺されることになる。仮にアサドがやったとしても、だ。

そうなった場合、大量虐殺を行なったのは米仏である。

そこに加担するのは、安倍政権である。

当然、日本も報復の対象になる。

日本で一般市民を巻き込んだ重大テロ事件が起こった場合、

安倍政権ならびに各省庁の官僚ども、それらを支えた財界どもや御用学者どもはその責任を逃れることがあってはならない。

<追記20130902>
そしてアホ政権はオリバー・ストーン監督の言葉をよく噛み締めて聞くがいい。

『History is thread of Civilization』
歴史というのは、文明の糸のようなものだ。


歴史という一本一本の糸が織りなってこそ文明というものが成り立つのである。
歴史を学ばぬものは単なる野蛮人である。
そういう意味が込められているということだそうだ。

オリバー・ストーンやピーター・カズニックも米国内で批判を浴びながらも米国の誤った歴史認識を正そうと精力的に頑張っている。

振り返って、日本も同じように、日本の誤った歴史観を正すべく、オリバーやピーターに頼るのではなく、自らの手で正していかなければ、本当の意味での当たり前の自立した国になることはできない。




放送法http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

NHKふれあいセンター(ナビダイヤル)0570-066-066
上記ナビダイヤルをご利用になれない場合は050-3786-5000へおかけください
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)
FAX番号 03-5453-4000
メール→
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi

クリック頂けると大変うれしいです   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ &いつもありがとうございます
勝手にご紹介⇒岩上安身責任編集 ? IWJ Independent Web Journal
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/1996-a1343772
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。