Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


【日米共同会見・日米安保第五条・意図的誤読問題の真相】(後)<TV局を包囲せよ>記者クラブメディアを生かしている以上、この国が良くなるはずはない。






    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ





ということで、後半は、日本の大手マスコミ&政府(官僚)が「中国の海洋進出に対してオバマ大統領は尖閣を日米安保の適用範囲だと言明し、中国をけん制した」という大デマについて。

二重三重に引っ掛けが存在する。まず、オバマが言及したとする「尖閣は日米安保の適用範囲だ」は、特段真新しくもなく、日米安保をこれまで以上に踏み込んだ、日米関係を強固にする発言でもなんでもないし、対等な同盟関係でももちろんない。

ただ、単純に過去における米国のスタンスを踏襲しただけである。そのことは、日米共同会見でオバマ自身がそう述べている。オバマが日米安保適用範囲を述べたことが重要だという誤導は、その裏にあるオバマ発言「レッドラインは引かれていない」つまり、日米安保適用範囲だからといって、そのまま自動的に米軍が出動するというわけではない、という部分を隠ぺいするためのものであることは明白である。

では、ホワイトハウスサイトよりその箇所、英文抜き出し。

At the same time, as I’ve said directly to the Prime Minister that it would be a profound mistake to continue to see escalation around this issue rather than dialogue and confidence-building measures between Japan and China. And we’re going to do everything we can to encourage that diplomatically.

もう一点、重要なのは、中国に対して牽制した、というデマ。

オバマは安倍首相に対して、エスカレーションさせ続けることは深刻な過ちであるということを直接言ったと発言している。

安倍首相に対して直接警告した形。

CNN記者の質問は、中国軍の尖閣諸島に対する侵略に対して、島を守るために米軍を使う判断をするという意味なのか?といったことに対する回答がそれである。

もう一度、その箇所、前後も含めて英文掲載。
(CNN記者の質問)
Q Thank you, Mr. President. Arigato, Mr. Prime Minister. Mr. President, in regards to the Senkaku Islands, I just want to make sure that this is absolutely clear. Are you saying that the U.S. would consider using military force were China to have some sort of military incursion in those islands to protect those islands? And how does that not draw another red line that you would have to enforce -- of putting U.S. credibility, your credibility on the line once again, as it was in the case with Syria and Russia? And on another key security issue, you mentioned North Korea in your meeting with the Prime Minister. Are you issuing a warning to North Korea that there should not be another nuclear test?

And to Prime Minister Abe, do you have confidence in President Obama’s assurances about your security when the U.S. and the West were unable to stop Russia’s advances in Ukraine? Thank you.

(オバマの回答)
PRESIDENT OBAMA: Well, Jim, let me unpack that question because there’s a whole bunch of assumptions in there, some of which I don’t agree with.

First of all, the treaty between the United States and Japan preceded my birth, so obviously, this isn’t a “red line” that I’m drawing; it is the standard interpretation over multiple administrations of the terms of the alliance, which is that territories under the administration of Japan are covered under the treaty. There’s no shift in position. There’s no “red line” that’s been drawn. We’re simply applying the treaty.

At the same time, as I’ve said directly to the Prime Minister that it would be a profound mistake to continue to see escalation around this issue rather than dialogue and confidence-building measures between Japan and China. And we’re going to do everything we can to encourage that diplomatically.

With respect to the other issues that you raise, our position, Jim, the United States’ position is that countries should abide by international law; that those laws, those rules, those norms are violated when you gas children, or when you invade the territory of another country. Now, the implication of the question I think is, is that each and every time a country violates one of those norms the United States should go to war, or stand prepared to engage militarily, and if it doesn’t then somehow we’re not serious about those norms. Well, that’s not the case.


中国を牽制したのではなく、安倍に警告したわけだ。さらには「a profound mistake」を「正しくない」などと意図的誤訳してマスコミは報道、それ以前に、官邸HPの同時通訳(おそらくは外務省職員)は「好ましくない」と【同時】通訳で意図的誤読している。

この何重ものトラップ。当方が気付いた時には、すでにIWJ佐々木記者が気が付き、ツイッターで当方にリプライがあった。現在、IWJサイトで無料記事を発行されているのでチェックされたし。

さらには、オリバー・ストーン監督やピーター・カズニック教授とも親交の深いピース・フィロソフィー・センターの乗松聡子さんも、この部分を問題視しており、ツイートされており、そちらでもブログ記事をアップされているのでチェックされたし。

さらには、琉球新報でも報道されている。








当然、訓練されたポチでしょう。




もちろん「偶然」ではなく意図して誤訳したもの。それはなにも今回が初めてのことではなく、過去にも前科があるということは逃れることのできない紛れもない事実である。

【IWJブログ】「尖閣問題がエスカレートするのは深刻な過ち」日本メディアに歪められたオバマ大統領発言





オバマにガン見されて、もうブルブルである(笑)

<会見内における(どのツラ下げて言うか?)安倍発言>
「政治家は常に歴史に対して謙虚でなければいけないということであります」
「日本は、70年前の先の大戦、終戦したとき、我々は多くの人々、特にアジアの人々に多大な損害と苦痛を与えた得たことを反省し、戦後の歩みを始めたわけであります。70年間ひたすら平和国家としての歩みを進んできたのが日本であり、日本人でもあります」
「(鎮霊社参拝に際し)二度と人々が戦禍で苦しむことのない世界を作っていくとの決意のもとに、不戦の誓いをしたところでございます。私の基本的な考え方」
「日本は戦後、自由で民主的な国を作るために努力をし汗を流した来たわけであります。人権を尊重し、そして法の支配を貴ぶ国を作ってきたわけでございました」
「平和で繁栄した世界を作っていくために貢献をしていくことによって多くの国々の人々の理解を得ていきたいと思っております」




<NHKは放送法違反の報道を再三の指摘にもかかわらずやめない>
放送法
http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

NHKふれあいセンター(ナビダイヤル)0570-066-066
上記ナビダイヤルをご利用になれない場合は050-3786-5000へおかけください
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)
FAX番号 03-5453-4000
メール→
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi
クリック頂けると大変うれしいです   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
&いつもありがとうございます
勝手にご紹介⇒岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/2028-620982d2
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費