Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


【アベノNHKが報じないこと】東京新聞こちら特報部~【平和な日本好きだった】 「(新聞各紙)ほとんどが社会面下段のベタ記事」「CNNやAFP通信、ロイターなど海外メディアはこぞって大々的に報道」



    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

<金口木舌>まず、総理から前線へ
琉球新報 2014年5月9日

 こんなポスターがある。両端に武装した2人の自衛隊員。少し腰を曲げ、出迎えのホテルマンのように手を広げ、真ん中へ導く。「まず、総理から前線へ。」の文字
▼最近のきな臭い空気を映したものかと思っていたら、1982年にコピーライター糸井重里さんらが作ったという
▼同じ思いを持つ人は100年前にもいた。大正期の評論家・長谷川如是閑(にょぜかん)によると、デンマークの陸軍大将が「戦争絶滅受合(うけあい)法案」を発案した。内容はこうだ。開戦後10時間以内に、砲火飛ぶ最前線に次の順で一兵卒として送り込む。(1)国家元首(2)その親族(3)総理、国務大臣、次官(4)国会議員(戦争反対者を除く)(5)戦争に反対しなかった宗教指導者。さらにその女性親族は最前線の野戦病院で看護に当たる
▼戦場を見た軍人だけあって、戦争の本質を鋭く突いている。戦争をやりたがる権力者は安全な地で声高に危機感をあおるだけ。犠牲になるのは庶民という構図は歴史の常だ
▼時の政権が「戦争ができる国」へと前のめりになっている。「人のけんかを買って出る権利」(思想家の内田樹氏)である集団的自衛権の行使容認に向け憲法までも誤読を企てる。戦場に送り出される心配のない特権階級の人たちが、机上で描く悪魔の青写真だ
▼安全圏にいる安倍さん、絶滅法案こそ正しい意味の「積極的平和主義」だと思いますが、どうですか。



その軍産複合体の思う壺が↓






不正選挙が明らかになりましたね。国民市民の投票行為は、議会制民主主義の根幹中の根幹ですが、マスコミは一地方で起きたことのように、その重大性をまるでスルーしていますが、逆に言えば、ここをおおごとに騒がないように矮小化あるいはスピンするということは、こここそが彼ら権力側の最大の肝だということも言えそうです。

あのクリミアですら、選挙監視団を海外から呼んで監視させたわけですから、日本も国際機関を招致し、選挙を監視する必要があります。詳細は、孫崎先生のブログ記事を読んでください。アメリカの不正選挙などについて書かれています。当ブログでは、<【大統領選挙】アメリカ大統領選挙システムに仕掛けられた極めて黒に近いグレーの疑惑>で、ジャーナリスト・長田美穂さんの記事を転載したものがありますので一読を。
ついでに、懲りないヤラセ。




「受信料 払うものか NHK」by橋本勝<NHKは放送法違反の報道を再三の指摘にもかかわらずやめない>
放送法
http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

NHKふれあいセンター(ナビダイヤル)0570-066-066
上記ナビダイヤルをご利用になれない場合は050-3786-5000へおかけください
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)
FAX番号 03-5453-4000
メール→
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi
クリック頂けると大変うれしいです   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
&いつもありがとうございます
勝手にご紹介⇒岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/2037-8489ac1e
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費