Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【哀悼・菅原文太氏】野田、安倍と続く暴政とメディアに対し苦言~“巧言令色、鮮なし仁” “くだらぬ番組の時はTV消すこと” “SP傍にいて戦争行かない安倍や石原が憲法改正や自衛隊を軍隊にする”



    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


各党の立候補者数を見れば、何が第一の目的かということは一目瞭然。大手記者クラブメディアの報道ですら野党のなかにアノ党はカウントされていない。(参照http://t.co/kXONlq23to)今となっては、あとは選挙民の賢明な判断しかない。#とりあえず自民以外で。その前に、政治に無関心でいてほしい既得権維持存続派のヤツラがあの手この手と打ってきている。

軽減税率を餌に釣られた記者クラブメディアの洗脳装置に騙されてはいけない。情弱日本人を騙せても世界は騙せない。ムーディーズが日本の国債を格下げにした。これがアベノミクスの正体。アベノミクス解散と銘打った安倍晋三、墓穴を掘る。

“時の政府にとって、市民が政治に無関心でいてくれたら、こんなありがたいことはない。好き勝手できるからね。でまた、植え付けられた人たちは無意識のままだから、植え付けられていると意識してないからこの呪縛は強固だ。無意識ほど怖いものはない” http://goo.gl/VcH3I3


それにしても、ユニークな抵抗とでも言うのだろうか、意図的なのかどうか、今年の流行語大賞は【ダメよ~ダメダメ】と【集団的自衛権】となった。これに対し「一部のメディアや政治家が、意図を持ってそのふたつの言葉を並べたり、くっ付けた見出しを使うと思われ、特に選挙戦での利用の可能性も否定できない。その場合、エレキテル連合が「政治利用」されて気の毒だ」とヒゲ隊長が悲鳴をあげている。黙っておればいいものを、利用してほしくないと言ったに等しい。では、利用してあげましょう。
さんざん、自民党以下ネトウヨらは、有りもしないことを事実のようにでっち上げ、「政治利用」してきたことを、自分たちが逆手にとられると、それは如何なものかとは笑止千万。

本題ですが、
高倉健氏に続き、菅原文太氏も亡くなられた。哀悼の意を表し、以下、日刊ゲンダイの記事を転載する。その下段に、昨年に行われた戦争させない集会でのスピーチの文字起こしをしたので、ぜひ。

菅原文太が語った小沢一郎支持の理由「好かれてばかりの男は…」
日刊ゲンダイ2010年9月12日

 人々が困難な状況に陥った時こそ、リーダーの力量が問われる。チリの鉱山で33人もの作業員が地下に閉じ込められただろ。あの事故だって、現場監督が優れた統制能力を発揮したから、皆、整然として救出を待っていられる。あの暗闇のパニック状態だ。舵を取るべきリーダーが誤った判断をすれば、全員が生きていたかどうかは分からないよな。

 今の日本の状況は地下に閉じ込められたチリの作業員と同じさ。先行きの見えない暗闇で国民は皆さまよっている。日本人にもチリの作業員と同じように、しっかりと舵を取れるリーダーが必要な時だと思うね。

 オレが小沢さんを支持しようと思ったのはね、沖縄の問題だよ。先月半ばに辺野古の美しい海を訪れて、こんなところに滑走路を造るべきじゃないと改めて思った。

 沖縄問題は戦後日本の米国一辺倒が招いた、あらゆる問題の縮図だとオレは考えている。復帰前から現地の人に触れて感じることだけど、彼らは助けを待っているよ。なのに、救い出す立場の本土の政治家が一致して沖縄に視線を向けることはない。遠い、よその国のようにしか見ていない。チリの作業員は4カ月後に脱出できるそうだが、沖縄県民は戦後65年間も“地下”に閉じ込められている。そう言っても過言ではないんじゃないかな。

 菅さんは総理になって沖縄の「お」の字も言わなくなり、前例踏襲で辺野古に基地を造ろうとしている。代表選ではしきりに市民活動家としてのルーツを縷々(るる)述べているけど、市民運動に関わったアナタにとって沖縄は大事じゃないのか。そんなに米国が怖いのか。ぜひ聞いてみたいね。

 政治家も官僚もメディアも自民党時代から変わらぬ米国追従一辺倒の中、小沢さんは「日米中の関係は対等な正三角形であるべきだ」と主張している。出馬会見でも「沖縄も米政府も納得できる解決策が知恵を出せば必ずできる」と力強く語っていた。彼の思想と姿勢があれば、米国相手にも粘り強く交渉してくれると希望を託したい。

■初対面でハラの据わった人物と感じたね

 真の変革は辺境から訪れるもの。明治維新の中心となった薩長とも江戸や京都から見れば辺境さ。21世紀はさらに遠い沖縄から変革を起こしてくれと、小沢さんにはエールを送りたいな。

 先日、週刊誌の対談企画で小沢さんに初めて話を聞く機会があった。数々の修羅場をくぐってきているから、ハラが据わっていたね。今の政治家は大衆におもねり過ぎて総じて軽い。嫌われたっていいじゃないか! 男は外に出れば7人の敵ありさ。好かれてばかりの男は面白くない。オレなんかも映画界ではエライ嫌われていたからな。敵が揚げ足を取ろうが、放っておけばいい。三船敏郎さんのように「男は黙って」じゃないと。

 今回の代表選が小沢さんの「最後の大勝負」と言う向きもあるけど、これで終わりだなんて思っちゃダメだ。男はいったん立ち上がったなら、命ある限り戦い続けないと。負けても、また挑戦すればいい。

 小沢さんはオレより9歳も若い。まだまだ、これからさ。

 聖書には「新しい革袋には新しい酒を」という言葉がある。せっかく政権交代で「新しい革袋」を作ったのに、中身は官僚主導で「古い酒」のままだ。小沢さんには新しい酒を入れ直して欲しいな。古い酒がおいしいのは泡盛だけ。特にウマイんだよ、沖縄の古酒は(笑い)。

▽本名同じ。1933年、宮城県栗原市出身。早大中退後、新東宝にスカウトされ、58年に本格デビュー。73年、「仁義なき戦い」でキネマ旬報主演男優賞、75年、「トラック野郎・御意見無用」などでブルーリボン主演男優賞を受賞。現在、飛騨・清見で夫人とともに田舎暮らし。山梨の休耕田を借り、農業支援にも取り組んでいる。



2014.6.12<6.12 戦争をさせない全国署名提出集会>
【菅原文太氏 スピーチ文字起こし】

「こんばんわ。こういう所で、しゃべる柄じゃないけど、頼まれたんで、戦争反対に反対する謂われはないので、出てきました。一週間、雨続きで、10人ぐらいしか集まらないんじゃないかと思って来たんだけど、この会が始まったら、急に青空になってね。気持ちが良いですね。こんな青空を見ていると、この先に、本当に戦争なんてあるんだろうかと、さっきからそう思っていたんですけど、あるかもしれない。

あの戦争というのはね、まあ色々、政治家含めて、言っているけど、言ってみれば暴力です。

暴力映画をしきりに撮ってきた私が言うのもなんだけど、あれは架空の話で、皆さんに楽しんでもらう以外の意図はなんにもありませんでした。

ここへ来て急に戦争の声が、なんか色々飛び交うようになって、ついこの間まで、割りと皆さん、普通に暮らしてたのが、皆さんはいま、どんなふうにそのことを思われているんでしょうかね。

私も、戦争とか、それから、これも急にそういう声が出始めてきた反原発。そういうなかで、私のような柄の者が難しいことを話をする場に種はないんですけど、あの戦争中の身近な話をして終わろうと思ってます。

私、昭和8年生まれですから、戦争が始まったのが小学校の2年生のとき。そして、始まった次の年に、親父が四十過ぎで、戦争に持って行かれました。帰ってきたのは6年後の、戦後、戦争が終わった23年だったか。寄宿舎に突然訪ねてきて、私も親父もなにもしゃべらないで、親父は『それじゃあなあ』って言って帰って行った。

うちの親父が5人兄弟で、男が。長男、親父の兄貴ですね、長男もそのちょっと前に持って行かれた。続いて親父。そして、次の叔父は、肺病だったんで、戦争には行かずに済んだけれども、割りと早くに亡くなってしまった。

三男、あ、ちょっと間違えたな。親父の次の三男が、やっぱり、赤紙で戦地に向かって、それきり帰ってきません。フィリピンから一通の手紙が届いたっきり、その後、どこに転じて行ったのか、どこで死んだのか、餓死だったのか、弾に当たって死んだのか、それも不明です。まったく未だに、髪の毛一本戻ってこない。

長男は帰ってきたけど、生涯マラリアに苦しめられて死にました。うちの親父も帰ってきて、まあ、その後の暮らしは、言ってみれば、生涯、棒に振ったというようなことで終わってます。

戦争は良くないですね。戦争は絶対にやめなきゃダメです。もし、もし始まったら、みなさん、命を懸けましょう!私はもう80だから、惜しくない。と言って、命を懸けましょうったって、一人で走って行って、ぶつかったってあんまり意味が無い。

そんなことより、みなさん、一緒に戦争反対の気持ちを今日、そして明日、明後日で終わらずに、これから皆さん、子供も孫もおられるでしょう。皆さん、一緒に戦い続けましょう!

おしまいにします」
-----------------------------------------------------------------------
■名護市長選のとき↓
■都知事選のとき↓

■福島県知事選のとき↓
■沖縄知事選のとき↓





「受信料 払うものか NHK」by橋本勝

<NHKは再三の指摘にもかかわらず放送法違反の報道をやめない>

放送法http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

NHKふれあいセンター(ナビダイヤル)0570-066-066
上記ナビダイヤルをご利用になれない場合は050-3786-5000へおかけください
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)
FAX番号 03-5453-4000 メール→https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi
   にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
勝手にご紹介⇒岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/2060-6b97a216
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。