Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【時の政府を守るのが仕事という勘違いで事実上の犯罪を擁護する内閣府竹内重貴】2017.11.22 自由党 政策審議会 ヒアリング 文字起こし・後

untitled.jpg







【時の政府を守るという勘違いで事実上の犯罪を擁護する内閣府竹内重貴】2017.11.22 自由党 政策審議会 ヒアリング 文字起こし・後



0:31:48.9~

「関連して、内閣府にもう一回質問しますけどね。これは、京都産業大学のヒアリングの時には、具体的に国家戦略特区の委員が、京都産業大学に関しては、具体的に聞いてるわけですね。P3という言葉でね。

P3の施設が必要だと思うんですけど、それについてはどうですか?という質問があり、それに対して、京都産業大学が、ご存知だと思いますが、それは議事要旨に載って、もう発表されてますけれども。

ご存知のように、鳥インフルセンター、既に稼働してますから、これは農水省からも認可が降りていて、きちんとバイオセーフティレベル3の施設として地域住民の理解も得て、既に稼働している施設を持っているということをセールスポイントにきちんと京都産業大学はしていたと思うんですね。

で、国家戦略特区の委員のほうも、その施設の重要性にかんがみて、具体的にそういう質問を、京都産業大学に対してはやったわけですよね。去年の10月16日。

でも、私が発表された議事要旨、あるいは、改ざんされてたけど、発表し直したというか、議事録等を見ても、今治イコール加計学園ですけども、に対しては、そのような具体的な質問はなかったんですよ。

なぜ、京都産業大学に対してはそういう質問があったにも関わらず、今治に対しては、そういう質問で確認しなかったんでしょうかね?」

内閣府・竹内重貴「すいません、まず、いわゆる4項目の適合性の確認につきましては、え~、特にそのBSLがいくつなのかという点、これは、え~既存の大学学部では、その困難かどうかという項目についての適合性のお話の中で、よく話題になってることかと、え~承知しております。

で、既存の大学学部では、困難かどうかということについての判断というのは、え~これはこれまでも、国会でご答弁申し上げておる通りでございますけども、え~BSLいくつだということで、ですね。その、困難性などの、あるいはその研究のレベルといったものをBSLいくつで、というのを元に判断するものでもありませんし、できるものでもございません。

で、すいません、話戻りますが、既存の大学では困難だというふうに判断してる根拠といいますのは、え~特に水際対策ですとか、ライフサイエンス研究に特化した人材を育成するための、その大胆なカリキュラムが含まれている。そして、それを実現するためには、既存の大学の場合ですと、まあ、その、今あるカリキュラム、大幅な改変あるいは、その、え~先生方の大幅な入れ替えなどが必要で、現実には困難である、ということを、から、既存の大学では困難ということを判断したものでございます。こちらは、え~国家でも、繰り返し、御答弁申し上げておるところでございます」


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


「何を説明してるか、分かってる?驚いたわね。世界に冠たるライフサイエンスの研究、教育拠点。これは、加戸さんがプレゼンしたあのわずか、正味1ページだね、あれね。2ページのプレゼンペーパーに書いてある言葉を私が繰り返し引用してるんですよ。

冗談言ってもらっちゃ困るんだよね!バイオセーフティレベル3の研究室は要らないっていうことですか?必要ないってことですか?それらがなくても、世界に冠たるライフサイエンスの研究、教育拠点ができるって、いまさらそういうこと言うわけ?内閣府は。

ちょっとおかしな話はもうやめてもらえませんか!そんなはずないでしょ!そういう研究室がなくて、実験室がなくて、どうやって世界に冠たるライフサイエンス人獣共通感染症などを研究する、そういう研究、教育拠点ができるっていうんですか!

これ、象徴的な問題なんですよ!話をすり替えないでください!だからこそ、京都産業大学には聞いたわけでしょ!それは議事録に載ってますよ!竹内さんの立場は分かるけれども、そこまで誤魔化しちゃ駄目ですよ!要らないわけ?じゃあ!なくてもできるってことですね?そういう研究はね」

竹内「え~なければ、できるかできないかという、仮定のお話について、え~私がいまコメント申し上げられる立場にはございません。え~」

「自分で言ったんじゃない!」

山本「自分で言ったじゃないですか!」

竹内「私が申し上げたのは、え~研究のレベルとバイオセーフティレベルというのは必ずしも関係するものではないというふうに」

「ええ~!どうして?」

竹内「それは、バイオセーフティレベルというのは、研究のレベルを示す指標ではない、からであります」

「おっと~!すごいな!」

山本「ちょっと一瞬いいですか?あ、じゃあ、分かりました。だから、BSLという施設は別にイコールじゃないってことですよね?世界に冠たるっていう部分だったりとか、既存の大学で対応できないとか、新たな分野のニーズがどうのこうのっていう部分は、別にBSL施設とか、その研究っていうのはあまり、関係がないんだったら、じゃあ、ソースを具体的に教えていただきたいんですけど。

既存の大学で対応ができなくて、新たな分野のニーズがあることで、やっぱり加計学園だねってなったのは、何の話なんですか?っていうことなんですよ。じゃあ。

具体的に言えますよね?それ、関係ないんだったら。加計学園のこれが、たった1校っていう部分になったっていう、それは何なんですか?じゃあ。

いや、ぼんやりしてたとこでずーっと来てるんですよ?今まで。既存の大学じゃ対応できないんですよ。で、新しい分野なんですよって、ぼや~っと来てて、ほら、バイオセーフティレベル3の施設もありますし、とか、そういうことでぼや~っとずーっと来てたのに、今、どんどん自分で、こう限定していこうとしてるんですよ。最後としては。

じゃあ、限定してくださいよ、そろそろって話なんです。加計学園にしかできない、たったオンリーワンのものって、じゃあなんですか?って一言でお答えくださいよ。どちらでもいいですよ。こっち(文科省)のほうが分かりやすいですか?こっち(内閣府)ですか?じゃあ、竹内さんお答えいただいてから、内閣府のほうから、その後、文科省ってことでお願いします」

「いやあ、びっくりした」

竹内「適切なプロセスを踏んで選定された事業者であります」

「あははw」

山本「え?今の、聞き取りづらかった。もう一回、今の」

竹内「適切なプロセスを踏んで選定された事業者でございます」

文科省役人B「あの~、加計学園、まあ、岡山理科大学獣医学部の特徴としては、あの、獣医学部というのは、6年制ですけども、1年から4年ぐらいまでのところでモデル校カリキュラム、これはもう、共通のものとして、全ての獣医学部がやっておるものですけども、その上の5年6年のところで、アドバンスド科目というのがありまして、そこで、独自のものをやっていくという構造になっておりますが、この岡山理科大学の獣医学部については、え~、これは特区のプロセスの中でも確認をされてきたことですけども、ライフサイエンスの分野と、え~国際獣医師の分野と、え~臨床獣医の分野、この3分野にそのアドバンスド科目というのを、その、特化して置くと。で、それぞれの分野の、え~、に秀でたと言いますか、学んだ学生さんを排出していく。そういう獣医師さんを排出していくというのが、この~、今回の、え~、獣医学部の特徴、でありまして、で、既存の、というところにつきましては、先ほど内閣府さんからもありましたように、そのための~、科目の配置、まあカリキュラムの選定になりますとか、教員の配置をするには、既存の大学、もう既に出来上がったところで、それをやるように組み替えるということは、大幅な変更が伴うので、新設のところが望ましいという判断がなされたということで、私は、え~、そういうふうに理解をしております」

以上。




<日本国憲法前文>
ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである
<日本国憲法第15条>
すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない
<日本国憲法第99条>
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ

<刑事訴訟法第239条第2項>
官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない   

関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。