Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011年4月21日 元GE技術者 菊池洋一氏インタビュー by IWJ 岩上安身氏】冒頭文字起こし

【2011年4月21日 元GE技術者 菊池洋一氏インタビュー by IWJ 岩上安身氏】

*冒頭の自己紹介の部分のみ、軽く起こしたので一応、掲載。

岩上安身氏 「元々、建設関係でお仕事をされていて、最初から原子力に関心があったわけではなく、色々な御縁で携わり始めたように伺ったのですが、初めのほうはそれほど危険性を感じていなかったという事のようですが、1つはオイルショックがきっかけだという事のようで、その辺のお話から」

菊池洋一氏 「ひとつは僕が尊敬していた人、僕に仕事を叩き込んでくれた人が広島出身だという事。その人が原子力の平和利用は男冥利に尽きるという事で熱心に口説かれて、原子力の世界に飛び込んだ。
その後、原子力のほうでキャリアを積み、ゼネラル・アトミック(GA)という核融合なんかで有名な会社に。高温ガス炉を作っていたりしていた。GAは日本では有名ではないが、アメリカの2大メジャーのシェルとガルフが共同出資をして作っている会社なので相当強力なバックで、そこが核融合や高温ガス炉をやっていた。
そこにGEから人がスカウトされ、ゼネラルマネージャーをしていた人の関係で入社した」

岩上 「GEと言っても最初にお仕事されていたところはGETSCO(ジェスコ)と」

菊池 「ゼネラル・エレクトリック・テクニカル・サービス・カンパニー。これは原子力以外のもの、軍需産業や一般的な家電や色んな部品も手掛けていて、GEそのものは巨大な企業で、そこは全部ジェスコに入る。
そのジェスコの原子力事業部の極東支部(ファーイースト)の東京ブランチ(東京支社)のプランディングスペシャリスト(企画行程スペシャリスト)という所で仕事をし始めた」

岩上 「73年から80年まで7年6カ月。ちょうどオイルショックの時代。これも非常にきっかけになったと?」

菊池 「散々、日本の石油は湾岸諸国に牛耳られたので」

岩上 「石油がない。エネルギーを自前で確保できないというあの時の悲哀、或いは不安というのが?」

菊池 「それははありましたね」

岩上 「日本はある意味、パニックで右往左往した。そういう時に原子力があれば、と思われた?」


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

菊池 「そう・・・ですね。そうだ、そうだと説得されてそうなんだろうなとかそんな軽い感じだった。ただ、入ってすぐに技術的に駄目だという事に気付いた。辞めようかと思ったがアメリカの方から指示が来ていたようでなかなか会社が辞めさせてくれなかった。それで東海と福島をやった」

岩上「入ってすぐに技術的に駄目だと気付いたという話、それはどういう意味でそう思われたのか?GEが素晴らしいと言われているけれども大したことないという意味か?GEという会社の商品が駄目なのではなくて原子力・原発という技術自体が根本的に非常に制御する事が難しいという意味なのか?」

菊池 「たぶんGEが駄目だという事でしょう」

岩上 「GEの技術が大したことない?なるほど。色々欠陥が見えていたという事?」

菊池 「うん、目一杯。最初、50ヶ所ぐらい直さなければいかんとか提言したんだけども、将来のプラントはこうするんだという完成図が上がってきて、それを見たら僕が指摘したところの大半が直っていたから、それは考えてくれたんだなと思ったけれども」

岩上 「非常に技術的に未熟なところがあると。でもその未熟な段階のものを日本は受け入れようとしていた。日本は技術的に優れているとよく言われるが、考えてみると原子力を使っている先進国の国々の中で自前でこうした技術を立ち上げた事のない国は日本だけなんですよね。
推進派の人たちが何か日本の技術はすごいとか、スリーマイルをバカにしたような事を散々言っていた。ずっと日本のほうがオペレーションが上手だとかチェルノブイリと型が違うとか、日本の技術者の方がもっと優秀だとか言っていたが、日本の技術がそれに比しても、それは借り物なのでどうかと思うが、その辺は?」

・・・続く
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/681-c835bd37
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。