Sekilala&Zowie

No one is free, even the birds are chained to the sky.


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【togetter】資源エネルギー庁が、「平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業」として、ツイッター、ブログなどにおける原子力などに関する不正確・不適切な情報のモニタリングを事業予算化、入札公告を出したことに関する反響。

:入札公告 http://j.mp/o0gPI2 

:仕様書 PDF http://j.mp/qaF5L4
「事業目的: ツイッター、ブログなどインターネット上に掲載される原子力等に関する不正確な情報又は不適切な情報を常時モニタリングし、それに対して速やかに正確な情報を提供し、又は正確な情報へ導くことで、原子力発電所の事故等に対する風評被害を防止する」




エネ庁に抗議の電話をしたという、とある人のツイによると
 【「風評被害を防ぐために監視している」「監視してるんですね?」と問うと、「モニタリング」といいかえ、最後は「モニタリングして何が悪いんですか!?」と開き直る。】

岩上さんに言わせれば
 【放射能のモニタリングも不十分なのに、何を言うか、エネ庁。】

お忙しい岩上さん
 【不適切なツィートを監視するという話 、経産省にも、エネルギー庁にも、厳しく問いただしたい。明日は以前から入っていた中継市民講座の予定があるため、福島に行かなければならず、記者会見には出られないが、来週には直に説いただしたい。こんな暴挙を看過していたら、どんな恐ろしい社会になるか。 】

そして岩上さん、じゃあこれはどうなんだ?と
 【すでにしていた監視。犯罪的暴挙。原発ファッショの中で「原発の段階的廃止」 に言及した菅総理発言は、「不適切」なのか? 】

別の人は
 【 国が言論封殺を明記した歴史的書類。絶対に許してはいけない“】

と言えば、岩上さん
 【おっしゃる通り。犯罪的な文書。】





という事でキャプチャ。
抗議先→【エネ庁】
 電話は℡03-3501-2830

 メールはenechohp@meti.go.jp (@を小文字に替えて)

クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題


    


ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ
■エネ庁公告20110715111730.jpg■仕様書img027.jpg

☆孫崎氏ツイ
 【原発:原発監視態勢:弁護士の方等教えて。経産省のツイッター、ブログなどインターネット上掲載不正確情報又は不適切情報を常時モニタリング等開始は憲法の「言論、出版その他一切の表現の自由はこれを保障。検閲してはならない。通信の秘密は侵してならない。」に何ら問題ないのでしょうか】

☆郷原氏ツイ(法的に問題ないのか?の質問に)
 【法的に問題があるないというレベルではないと思います。仮にやるとしても、フツーはこっそり自分でやる程度でしょう。国の予算を使って堂々とやるという神経が私には理解不能です】



孫崎さんの仰る「日本国憲法」違反では?の条文(wikipediaでは解説が付いているが、これに関しては予断なく条文だけを法務省ページより掲載)

http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM


第3章国民の権利及び義務(第10条~第40条)

第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。





*追記
とある人のツイ
 【【拡散願い】平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業→http://bit.ly/qut0ti の件、まさか官製談合じゃないだろうな。これしきの事業で、入札説明会を、なぜわざわざするのか?業者同士が事前に顔合わせできてしまう。】

岩上さん
 【不審点だらけ。】

更に連続ツイ
 【知人からのDM紹介続き。/平成22年度以前も同様の事業をしていたようです。→http://bit.ly/o6pKq7 財団に落札させているということは、多分出来レースで談合の可能性が高いと言っていいと思います。財団はさらに民間に丸投げするのが、よくあるパターンです。(続く)】

 【知人からのDM紹介の続き。/昨年度以前に遡って落札者が誰か、だけでなく、入札メンバーの公表も要求してよいと思います。それが分かれば、大体雰囲気が分かります。】

 【知人からのDM紹介の続き。/補足です。エネ庁に対して「こんな簡単な事業で、わざわざ入札説明会をやる理由は?入札のメンバーがお互いに顔合わせができるので談合がやりやすくなりますよ。官製談合じゃないでしょうね!?」と聞いて下さい。入札が延期、中止になった事例があります。(続き)】

 【知人からのDM紹介の続き。/今回は入札が終了していますが、まだ札を開けていませんので、開札中止、再入札になる可能性ももしかしたらあるかもしれません。】

中沢真二さんというメディアプロデューサーのツイ
 【仕様書があいまいだったり期間がないものは、応札できるところが限られたり提案内容で決まるので、全部官製談合 】

 【提案型入札は、金額に関係なく、発注元の意向にあったものが落札されます。結局発注者側の思いのまま。しかも、発注者側の意向は付き合いの長いところにダダ漏れです。提案内容をオープンに審査する仕組みがないと、官製談合はいつまでも続きます。】

 【官製談合: 市町村レベルでいうと、仕様書にその会社にしかない機材の性能を入れておくと、そこしか落札できない。万が一ほかが落札しても、その会社に機材の発注が行く。役人レベルでは、機材の性能など不勉強でわからないから、仕様書を出入りの会社に作らせることはよくある。】

クリック頂けると大変うれしいですにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へTwitterボタン&いつもありがとうございますにほんブログ村 政治・社会問題
関連記事

ブログランキング参加中⇒にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 政治ブログへ


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://threechords.blog134.fc2.com/tb.php/925-4b0619a4
該当の記事は見つかりませんでした。
光熱費
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。